サブグリーンに乗った時の処置が統一されました

プロのトーナメントや公式戦ではサブグリーンにボールが乗ってもあるがままに打つことが基本でした。

 

これが、必ず救済を受けなければならないことが公式のルールとして決まったそうです。

 

2グリーンのコースで開催されていたトーナメントでは、サブグリーンの芝を少し伸ばして、サブグリーンに乗った選手はそのままショットを打っていたのですが、試合によっては救済を受けなければならないとローカルルールを定めたり、サブグリーンを修理地扱いにしたりと様々で選手が勘違いして処置を間違えペナルティを受けてしまうケースがあったのを、ルールを解りやすく統一して防ごうという狙いと、サブグリーンを痛めて欲しくないという開催コースの要望などから今回のルール改定に至ったようです。

 

救済を受けるかどうかは、ボールがサブグリーン上にあるかないかで、カラーにボールがあったりスタンスがかかる場合は救済の対象にはならないのだそうです。

 

コースによってはカラーに乗ったボールやスタンスがかかる場合も救済を受けなければならないというローカルルールのところが多いのですが、サブグリーンを保護する目的のルール改正ならここまで救済の範囲を拡げてもよかったのではないかと思います。

 

という事で、今年のトーナメントではサブグリーンに乗ったボールを選手が救済を受けるシーンを目にすることがありそうです。