バンカーではソールを砂から十分に距離をとって構えましょう

ハザード内でアドレス時にソールをしたり、テークバックでヘッドが地面に触れると2打罰になります。

 

下の画像は今年の全米女子オープンのプレーオフでの出来事で、たまたまカメラマンがアップで撮影したために発覚しました。

 

テークバックでソールが砂に触れてしまったのですが、アップでなければ、本人も同伴者、ギャラリー、視聴者、誰も気づかずに過ぎていたでしょう。

 

このケースは本当に砂に触るか触らないかすれすれに構えてしまうと、こういう事態が起きやすいですから絶対に触らないように余裕を持ったセットアップから打つ習慣をつけましょう。

 

https://youtu.be/V9sVbYbV7ME

you tubeより転載

 

中継ホールではこのようなことが起きますので選手は一層気を遣う必要がありますね。