グリーン上のスパイクマークについてのルール

自分のパッティングライン上にあるボールマークは無罰で修復することが出来ます。

 

一方ライン上にあるスパイクマークは修復すると2罰打となってしまいます。

 

ただし同伴競技者につけられたスパイクマークは無罰で修復することが出来ます。

 

これは公正の理念としてグリーン上に上がった時の状態でプレーすることが認められるべきだという考え方なのだと思います。

 

もちろん他のプレーヤーのパッティングラインやその周辺は踏まないような配慮は必要ですが、万が一他のプレーヤーのライン上にスパイクマークをつけてしまった時は速やかに修復しましょう。

 

ちなみに、この場合のスパイクマークは誰が直しても問題ありません。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら