バンカーの中に使わないクラブを置いてもいい?

バンカーはルール上ハザードという扱いになります。

 

ハザードとはいわゆる障害物なので、クラブをボールの後ろに置いてボールの手前の砂を凹ませて打ちやすくしたりすることや、地面の固さをラベル行為をルールで禁止しています。

 

一方、プレーの進行をよくする行為は許されます。

 

打つ前にボールの近くにバンカーレーキや使わないクラブを置くことはプレーの進行上好ましいことなので許されています。

 

このルールを悪用してレーキや使わないクラブを置くときに地面の固さを調べたりすることは許されません。

 

ということで、バンカーからボールを打つ時は・・・・

・ボールに近いアゴが低い所からバンカーに入る

・レーキをボールの近くまで持って行き置いておく

・ボールを打ったら入って来た時の足跡をたどって砂の面を綺麗にならしながらバンカーから出る

・レーキが一か所に集まらないようにレーキを置く

 

といった手順で速やかにプレーを進めていきましょう。

 

マナーを守って楽しくゴルフをプレーして下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら