飛ばし屋松山英樹

 
松山英樹は今週、過去2連覇をしたウェイスト・マネジメント・フェニックスオープンに臨んでいて、3日目を終えてトップと13打差の26Tとなっています。

 

同選手はドライバーとパッティングに課題を抱えているのは有名です。

2連覇したということは、この試合のグリーンとの相性、コースのレイアウトとの相性がいいのでしょう。

 

今週のスタッツを見てみると、課題のパッティングのストロークゲインドのランキングが102位と残念な経過ですが、平均飛距離が330ヤードで4位、ロンゲストドライブは392ヤードと、参加選手の全ドライバーショットの中で1番飛ばしています。

 
相性のいいコースなので、思い切りドライバーが振り切れるというのもあるでしょうが、異常な飛距離アップを示しています。
 
今週の使用ドライバーは何なのか気になったので、検索してみると、キャロウェイの2019年モデルのエピックフラッシュ・サブゼロでのフィニッシュの画像がありましたので、どうやらそれを使っているようです。

 

epic

https://news.golfdigest.co.jp

 

今週の飛距離アップは、エピックフラッシュのおかげかもしれません。
 
同ドライバーは2/1発売です。気になる方は是非お試しください。
Callawayオフィシャルサイトは