手首が原因のスライス

アドレスの体勢でクラブシャフトをシャフト軸を中心に時計回りに回すと左手首は甲側に折れてフェースは右を向きます。反時計回りに回すと左手首は掌側に折れてフェースは左を向きます。手首の動きはフェースの向きに大きく関与しているのです。

 

ということは、スイング中でも左手首が甲側に折れるとフェースは開いて、軌道に対して右を向きます。このことが原因でスライスになってしまうこともありま す。まっすぐ飛ぶときには球は高くなります。これを利用して高い球を打つ技術として区別して身につけるのも有効です。転んでもタダで起きる手はありませ ん。

 

手首の関節はアドレス時に固めておいてスイング中もその力をキープしましょう。

 

手首の管理をする練習としてはスイング中の自分のグリップが視界の範囲内になる大きさのスイングで手元を見ながら手首がアドレス時の形をキープしているかどうか確認しながらクラブを振ります。

 

そうすることによってどのようにクラブが動いて手首がどのような範囲を動くかなどの学習ができると思います。