身体の起き上がりとシャンク♪

アイアンでネックに当たってしまう原因の一つとして、ダウンスイング中にアドレス時の骨盤の全傾角度が後傾気味になることでインパクト時のヘッドの位置が上に上がりながら靴から離れることになり、ネックに当たりシャンクになってしまうということです。

nbsp;

これを防止するためには、アドレス時に股関節から骨盤を前傾させる力を強く入れておくことで予防できます。具体的には直立して膝を前に上げる力と同じで腸腰筋(大腰筋、腸骨筋の総称)に力を入れ、インパクトまで力が入り続けていれば骨盤の後傾方向への起き上がりを予防出来るのです。

nbsp;

アドレス時に腸腰筋に力を入れると無意識にバランスを取ろうとして背中の筋肉にも力が入り背筋が伸びた良い姿勢にもなりやすく、その結果背骨と肋骨が安定し肩甲骨も動き易くなるのでシャンクが出てしまう方に限らず試していただけると様々な効果が出るはずですので試してみてください。
div class=”entry-content”
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
/div