クラブの使用制限を行う

初心者はよく、「ドライバーはまだ打てないから、7番アイアン一本でコースを回れと」上級者からアドバイスをされるケースがあります。

 

しかしこのクラブ1本で回る(パターは除くので2本)という事は、実は中級者~シングル(ハンデ6~9)位の方にこそ、是非お薦めしたい方法です。

 

クラブ1本でラウンドを行うと、より注意深くコースの攻め方を考えると思います。7番アイアンのみのケースで考えてみます。

 

①ガードバンカーは避ける。(入ってしまった場合、アゴの低い方向に脱出させる。もしくはフェースを開いて、ピンに向かって打つ)

 

②ランニングアプローチが打てる状況や、バンカー超えのアプローチが残る場所を、事前に調べる。(グリーン周りにきてから、状況を初めて知るようでは事前の観察不足)

 

③ホールの全長や自分の距離を考えて、グリーン迄のルートを決める

 

④距離の増減(風に乗せる、風に逆らう、風の影響を最小限にする)を考える

 

⑤ライの影響(傾斜や芝の長さ、地面の固さやボールの沈み具合)などによる、距離の増減や打ち方を考える

 

この他にも考えられる事は、色々とあると思いますが、7番アイアン1本しかなければ、考えなければ、大叩きを食らってしまう状況が溢れている事は想像出来ると思います。

 

気の合う仲間がいたら、クラブ一本とまではいかなくても、ハーフセット、アイアンのみ、ウェッジ禁止などのクラブ使用制限を設けてラウンドを行えば、皆でコースマネジメントの勉強会が出来ると思います。