ゴルフ初心者はプレースタイルに慣れることも必要です

日本のゴルフ場独特の文化があります。それは昼休憩があるということです。
海外のゴルフ場では1番ホールをスタートしたら18番ホールまで一気にラウンドするスループレーといわれるラウンドの仕方になります。これは、昼休憩を必ず取るというシステムにするとレストランの売り上げが上がるというビジネス上のアイデアで、これを初めにやったゴルフ場の売り上げが上がったことからこれを参考にするゴルフ場が増えいつしか9ホール回ったら昼休憩をしてから残りの9ホールをプレーするというスタイルが常識化しました。

ゴルフのプレーだけを考えれば、プレー中にがっつり食事をとることで内臓が活発に働いている状態で集中力も散漫になりやすく食事をしてからすぐプレー再開することで準備不足の状態でのプレーになるなどのデメリットがあります。その上で慣れたこのプレースタイルでゆったりと食事をしてプレー後には豪華で大きな風呂にゆっくり浸かって帰るのが好きな人も多くいますし年配の方には休憩できる方がありがたいかもしれません。風呂に入って帰りの運転があるときは運転中に眠くなりやすいのでご注意ください。

また、北海道のゴルフ場ではスループレーが基本となっています。北海道までは浸透しなかったのでしょうか?

コロナ禍でスループレーを採用して密集予防としているゴルフ場も多くなってきました。キャディ付き、セルフプレー、昼休憩あり、スループレーなどのプレースタイルがあります。初心者の方はそれぞれに慣れることも必要です。自分が好きなプレースタイルが決まったらそういうラウンドができるゴルフ場を選んでプレーするのもいいと思います。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。