初心者に多い勘違い

初心者に限ったことではありませんが、ゴルフの学習の仕方の1つとして一緒にラウンドする上手な人のプレーを見て勉強するということがあると思います。

その上で上手な人は高い球を打っていると見える人が多いと思います。一口に打球の高さといっても打球の打ち出し角度と最高到達点の高さの2つの要素が含まれますが、打球を見た印象として高いと理解します。

ここで、勘違いが発生します。手で持った球を高く投げ上げるような動作をして高くボールを打ち上げようとしてしまいます。ドライバーのように高くティアップして打つ場合はいいのですが、地面の上のボールをクラブヘッドを下から上に動かして当てることはなかなかできません。インパクトの前にヘッドが上昇してヘッドの刃の部分(リーディングエッジ)に当たってトップしてしまい低い打球になってしまいます。アッパー軌道(ヘッドが上昇中にインパクトをすること)でボールを打とうとしてしまうわけです。

上手な人はフェースの芯に当ててそのヘッドスピードを速くする技術もあり勢いよく芯で打った結果打球は長く上昇を続けることで最高到達点が高くなり高い球に見えるのです。

そして、打ち出しの角度は意外に高くはありません。ということはインパクトではフェースは立ち気味に当たり、そのためにヘッドよりもグリップが先行したハンドファーストのインパクトになっており、その結果レベル(ヘッドが水平移動中にインパクトをすること)~ダウンブロー(ヘッドが下降中にインパクトすること)のインパクトになります。そしてそれはインパクト前に地面が邪魔にならないのでとてもボールに当たりやすくなります。

初心者ゴルファーの多くはグリーン周りのアプローチショットのヘッド軌道がアッパーブローになっているかソールが地面に当たらない振り方になっていて、その理由はボールを高く上げたいという気持ちからそうなって入ると思います。

ということで、初心者の方はヘッドが芝をできるだけ長い距離を触れるような振り方をまず覚えてください。そして触った芝生の真ん中かそれより左にボールの位置を設定するとレベルからアッパーブローの当たり方になるのでボールをフェースに当てることが簡単になり、その結果打球が高く上がってくれるようになります。

なので、すくい上げるような打ち方でなく下に打ち込むような打ち方になると初心者卒業が見えてくると思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。