初心者もターフをとるべき?

現代のアイアン、特に初心者が楽に使えるヘッドが大きいサイズのアイアンはとても低重心のクラブになっています。フェースの下の方に芯があると思ってください。こうしたクラブはボールを横から払うように使うべきです。欧米の試合では芝生が葉が軟らかくしっとりとしたものが多く使われているのでそのボールをアイアンで打つと、よくターフ(切り取られた芝生)が飛んでいきます。

日本の芝生は葉が固く葉の上にボールがふわっと浮いたようになりやすいので葉先と一緒にボールを打つのが正解で、土にヘッドが潜るほどの当たり方になるとそれはダフリもしくはフェースの上の方に当たり弱弱しい弾道になるミスショットになります。

葉先をシャッとかする音とボールの音が聞こえるような当て方がナイスショットになります。

アイアンはダウンブローに打ってターフを飛ばすというのが正解だった時代もありました。それは背景に重心が高いアイアン(芯がフェースの上にある)でフェースの下の刃に当たる部分(リーディングエッジ)が尖った形状をしていたので芯に当てようとするとターフが飛んでいくように打たないといけない事情があったのです。このときの名残がベテランゴルファーの中に残っているので、アドバイスを受けるときはご注意ください。

現代の大きなサイズのアイアンは芝の葉先がシャッと音がするような当て方の中で緩やかなダウンブローで打つのが正解です。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。