上級者と初級者にはどのような差が?

上級者と初級者の差と言えば一言で表せるものではありませんが、大きな差の1つとして、ショットを調節する能力があります。

 

例えば、練習場に行ってみたら、打球がゴロになってしまう。

 

上級者なら1発そのミスが出ると、リーディングエッジがボールに当たってゴロになってしまったので、ヘッドをあと少し低い所を通るように振ろう。

 

すると、もう同じミスは出なくなります。

 

初級者の場合は、最悪のパターンは、あれ、またトップの位置がずれてるかな?とか、ボールを見なかったからかな?など、解決に結びつかないポイントを意識したり、もっとおかしくなってしまう直し方をしてしまう場合です。

 

また、原因は判っていても、修正できなかったり、手段を持っていなかったりする事もあるでしょう。

 

ということで、上級者の場合、的確に原因を分析出来て、なおかつその修正をする方法を持っているので、コースでも練習場でもいつまでも同じミスが出続けることはほとんどありませんので、コースでもミスは1ショット、もしくは数ホール以内には解決が出来ます。

 

技術的に上手でもコースでミスショットが連発してしまうと大叩きにつながって行ってしまいます。

 

こうならないためには、原因はインパクトの時にヘッドがどのように当たったのか?そうなったのは何故か?という思考パターンを作っておきましょう。

 

これに、対応策を見つけて実践する事を繰り返して行けば、早い上達も望めますし、スランプにもなりにくくなる上に大叩きも最小限で収められるようになれると思います。