テンプラとティアップの高さ

テンプラはヘッド軌道がアウトサイドインの人に多いミスだというお話は以前にしました。この対処法ですが、ティアップの高さでいうと、低くしておいたほうがテンプラを防ぐことが出来ます。

 

そして、その逆療法として、練習時には逆に高くティアップしたボールをインサイドアウトの軌道で打つ練習が効果的です。

 

インサイドアウトの軌道はヘッドの最下点がボールの右になりますので、ヘッドの上がり際で打つことになります。この時にティアップが低いと、手前をダフったりトップ気味の当たりになります。

 

ティアップを高くすると、インサイドアウトに振ったほうが打ちやすくなるわけです。逆にアウトサイドインの軌道では打ちにくくなるために自分に対しての戒めにもなります。

 

アウトサイドインの軌道をストレート気味の軌道に直す一つの方法として取り入れてみてはいかがでしょうか? 逆にインサイドアウトの軌道の人は低いティアップや練習マットの上に直接置いたボールをアウトサイドインの軌道で打つと同じ効果が得られます。

 

お試しあれ。 ((((((( ‥)ノ |EXIT|