軸ブレ

ゴルファーの永遠のテーマである、より遠くに、より正確にボールを飛ばす為に、重要な要素は何だろう?と考えた時に、スイング軸の安定は欠かせません。。

 

これは俗にいう、1軸や2軸、左軸や右軸などのどちらが良いか?というものではありません。

 

人には、それぞれ利き腕や利き足があります。足で考えてみても、片足でジャンプしたりすればわかると思いますが、左右の足の力の差などは、同じ位の方もいれば、大きく違う方もいると思います。

 

上記の現象を理解の上で、練習されている方は良いのですが、自分の体に関して無関心な人は、レッスン書に書いてある事をやったら、飛ばなくなってしまった、当たらなくなってしまった、なんて事になりかねません。このケースの場合は、自分の不得意な動きを行なってしまったという事も考えられますので、ご注意下さい。

 

感覚の鋭い上級者などは、違和感を感じたら、その方法を捨て去る事が出来る人が多いのですが、初心者や中級者は、ゴルフの上手な人やプロに教わった事を忠実に守ろうとする傾向があります。

 

これは非常に問題です。ゴルフのレベルに関係なく、違和感が強すぎる、または気持ちが悪すぎると感じられる方法は、捨てる勇気を持った方が良いのではないかと思います。

 

という事で、今日は軸ブレをなくし、安定したスイング軸で振れるようになる方法をお伝えします。

 

私がかつて、研修生をしていた時代に、師匠であるプロに教わった方法なのですが、今でもスイングの調子が悪くなると、試している方法です。

 

以前の私は、練習場では、ある程度いい球が打てるようになっていたのですが、コースでは、ひどいミスショットが度々出ました。そんな状況を見て、プロに「お前のスイングは、練習場シングルのスイングだ」と言われました。そしてもっとスイングの軸を安定して振れるようにと、課題を出されました。

 

その方法は、いたって簡単ですので皆さんもすぐに試せます。両足を揃えて、フルショットを行うだけです。そんなの簡単だと思われるかもしれませんが、足幅が極端に狭いと、バランスを保つのが難しく、フルスピードでクラブを振る事は容易な事ではありません。

 

そして、この両足を揃えて、フルスイングで球を打つ事を、我慢強く繰り返しました。

 

私の場合は、7番アイアンや9番アイアンで練習しましたが、クラブは何番で行なっても、構わないと思います。

 

この練習をメニューに取り入れて、3週間位経過した頃から、変化が起こり始めました。当初は、足幅を広く取って打った場合と、くっつけた状態では、ヘッドスピードに2~3メートルの違いがあったのですが、慣れてきて、フルスイングが可能になってからは、同じ位のヘッドスピードが出せるようになりました。

 

コースに出た時も、以前はちょっとした傾斜地からでも、ヘッドスピードが落ちてしまったのですが、少し位の傾斜であれば、ヘッドスピードは落ちなくなりました。

 

練習場だと上手いのに・・・

 

心当たりのある方は、ご参考にして頂ければと思います。