ヘッドスピードが遅くても元調子のシャフトが合う人は多い

 

 

ゴルフのスイングは、ダウンスイングでタメて、ヘッドを走らせる運動ということができます。

 

タメとは、ダウンスイングでグリップが先行してヘッドが遅れてついてくること、というのが一般的なタメの定義だと思います。

 

ヘッドを走らせるとは、タメて遅れてきたヘッドを戻してグリップに追いつかせることです。

この、どこまでタメて、どこから走らせたら良いかは個人差があるところで、インパクトの近くまでタメてダウンスイングするほど先調子、タメる距離が短いほど元調子のシャフトが適正といえます。

 

現状、軽くて軟らかいシャフトほど元調子のモデルは無くなっていきます。

 

ヘッドスピードが遅くても元調子のシャフトに適性がある人は多いはずなのですが、適正なシャフトがないために損している人がいます。

 

全体が軟らかい先調子(全体調子)のシャフトがありますが、シャフトのタイミング的には元調子のタイミングと同じなので、そういったシャフトもありですかね。

 

PING、YAMAHA、PRGRは時々軽量の軟らかい元調子シャフトの用意がありますので、調べて、試しに試打をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。