所変われば道具も変わる

 

日米のプロツアーで使用されるパターのロフト角についてです。

 

日本の男子選手は比較的ロフトの少ない(3度以下)のパターを使用している人が多いのに対して、USPGAツアーの選手はロフトの多い(3度以上)のパターを使用している人が多数います。

 

日本の男子ツアー会場はベントグリーンでよく整備されたコースが多いのに対し、USPGAツアーはベントやバミューダ、ポアナなど様々な種類でしかも決していい状態でないグリーンで使用するケースがあるためではないかと考えられます。

 

普段高速グリーンでゴルフをすることもないし、逆に遅いグリーンや高麗芝のグリーン、荒れてぼこぼこのグリーンも多いという方は、ロフトの多いクラブを使用されるのも良いと思います。