途中経過

パターのアンカリングが禁止になって4か月なろうとしています。

 

アメリカツアーではA・スコットやK・ブラッドリーが長尺パターでアンカリングをしていた代表格でした。

 

彼らのここまでの平均パット数は・・・・・・

 

A・スコット    2015  1.806(170位)  2016  1.713(12位)

K・ブラッドリー  2015  1.819(208位)  2016  1.781(124位)

 

両者共に成績は上がっていて特にスコットは大幅に良い結果が出ています。結果的には両者共に重い短尺パターを使用していますので、アンカリングや長尺パターというよりも重いパターを使う事が成績につながっているのかもしれません。

 

ちなみにオーソドックススタイルの松山英樹選手は・・・・

 

松山英樹  2015  1.740(21位)     2016  1.713(12位)

 

マスターズでは彼らのパッティングは如何に?