タイムトラベル

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ ニョキ♪

 

昔からタイムトラベルものの映画、小説、漫画などが数多く創られてきました。個人的には「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が印象に残ってます。古い?

 

ヒトは現在にしかいられないのですが、もしあの時こうしていたら、未来がこうなったらいいななどと空想をめぐらせて来ました。

 

ゴルフではこのようなタイムトラベルを上手に出来るとコース攻略に役立ちます。

 

例えば80センチのわずかにフックするショートパットで

 

「よし、このパットをいれればパーだ。そんでもって鉄だけど1ポイントゲッツ。」 アドレスに入り、ふと前のホールで同じようなパットを外したことを思い出しながらもストロークを開始してインパクトの直前に思わず力が入ってしまいわずかにひっかけて左へ1メートルオーバー、気落ちしたまま適当に打った返しのパットもカップをなめてダブルボギー。

 

これに似たような経験をみなさんもしたことがあるのではないでしょうか?

 

分析してみると「よし、このパットを入れればパーだ。」の時点では思いが過去に飛んでいます。そしてこのパットを決めたあとにあとに付いてくる未来のポイントにも飛んで行きまさに、心ここにあらずの状態で打ったために起きたミスです。

 

成功例を挙げてみます。

 

「さっきのホールではフェースの向いた方向があっていないまま打って外してしまった。今度はキチンとフェースの向きを合わせてから打とう。それで入れば鉄ゲットだから絶対に入れてやる。そのためにはカップのセンターより少し右にフェースを合わせて強さはこのくらい。」

 

まず、過去に犯したミスを振り返り、今自分がすべきことを浮き彫りにしました。そして未来の、もし入ったら鉄のポイントがもらえることが気持ちのバネになるような確認をしました。最後に今現在に戻り、何よりも、今やるべきことに集中して打ったことが成功の要因です。

 

どなたでも聞いてみれば当たり前と思うでしょうが、一打一打を現在に立ち戻り今やるべきことのみに集中することが以外に難しいと思います。注意すれば誰でも出来ることですのでルーティンワークを工夫するなどして余分なミスをしないで済むように工夫してみてはいかがでしょうか?

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|