ロングパットの経験値不足していませんか?

90、100を切りたいと思いつつなかなか切れない人は、ロングパットの距離感に問題を抱えている人が多いように思います。

 

90、100を切りたいと思うくらいの人はショートゲームの重要性を理解しているころではないかと思います。

 

なので、ドライビングレンジではアプローチの球数を増やしたり、家ではパターマットでショートパットの練習をしたりと努力をしている方も多いでしょう。

 

ただ、ロングパットの練習となると、環境的になかなか良い練習ができないという方が多いでしょう。

 

ロングパットを練習も含めて打った回数がどのくらいか?を思い浮かべてみて下さい。

 

かなり、経験値として不足しているという方がほとんどなのではないでしょうか?

 

そんな方、コースに行ったときに意識的に練習グリーンにいる時間を増やして、ロングパットを出来るだけ数多く打つようにしてみて下さい。

 

https://lesson.golfdigest.co.jp

 

ロングパットは寄せるものとして、ロングパットを打つ際の頭の中はアドレスでフェースの向きを合わせたら、100%距離を合わせることだけに集中しましょう。

 

そのためには、ロングパット時に距離を合わせることができる必要があります。

 

そのためのステップとして、パッティンググリーンに行ったら、まず1球、出来るだけ長い距離を転がしてみましょう。

 

次の1球を用意したら、セットアップをして最初に打った球に目の焦点を合わせて数秒キープしてください。

 

その際に、芝生の状態、傾斜も含めて見るつもりで目標をよく見ましょう

 

目を足元のボールに戻したら、1球目と同じ強さで打ちます。

 

方向は一切無視してかまわないので、1球目のボールに距離が合うまで繰り返してください。

 

焦点を合わせることで、目標までの奥行きを感じることができ、そこでボールが止められるように繰り返すことで、最終的には焦点を合わせた所にボールが止められるようになります。

 

もしここまで出来れば、ボールを止めたいところを見るだけで、そのあたりにボールを運ぶことができるようになるわけです。

 

打ったボールを見る際は、ボールが転がる時間とスピードを感じて下さい。

 

目標に焦点を合わせた後、ボールの打出し方向とスピードが想像できるようになれば距離感の完成です。

 

ゴルフに行ったときだけで構いません。

 

特にラウンド後なら練習している人も少ないのでよりおススメです。

 

目標に焦点を合わせてそこに止める。

 

ただこれだけを繰り返すだけで、パット数を減らすことができるでしょう。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします