パットが調子悪い時に考えること

 
パッティングでボールをカップインさせるためには
傾斜を見極めてカップに入るボールの軌跡とスピードを打つ前にイメージする!

ライン読みボールの打出し方向と速度をコントロールできる必要があります。

 
パッティングが悪い状態は、ボールの打ち出しのどちらか、もしくは両方が狂っているということになります。

そんな時はカップに対して距離を合わせることだけに集中しましょう。

カップの近くまで寄せればカップインさせることが出来ますので3パットだけは防げます。

 

 

これが出来なければお手上げです。
3パット4パットを覚悟して、良い結果を期待せずに取り組むくらいしかできることがありません。

 
距離が合わせられればそのうちにラインが見えたり打出し方向も合うようになっていく可能性があります。

 
ラインが読み切れない時はラインに対し半信半疑のまま打ってしまうのが最悪のケースです。
 
その時にはどの方向にどのくらいの強さで打つかを決めて決め打ちをしましょう。
 
迷いながら打つよりははるかにカップに寄せることが出来ます。

 
ということで調子が悪い時は、結果を忘れて距離感に集中した決め打ちをして、2パットで凌ぐことに全力を注ぐようにしてみて下さい!!

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。