グリップの重量選びも大切です

ゴルフクラブはシャフトの硬さによって、硬いほどバランスを重く設定するのが普通です。

 

冬場のクラブチューニングの方法の1つとして、シャフトを軟らかめにしたり、ヘッドを重めにして、必要なシャフトのしなりを確保することがあります。

 

これの応用として、シャフトを重く軟らかくしてバランスを軽くし、さらにグリップを軽いものに変更します。

 

グリップを軽くすると、クラブ全体の慣性モーメントはほとんど変わらないのですが、バランスを測るとバランスは重くなり、振ってみるとヘッドの重さは感じやすくなりますが、重くて振りにくくなることはありません。

 

冬場は、シャフトが硬く感じ、ヘッドの重さを感じ取りにくくなりますので効果的かと思います。

 

他にも自分なりに、寒いときに振りやすくなるセッティングを考えてみてください。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします