冬場はローバウンスのウェッジにして空中戦も可能に

東京地方は間もなく紅葉を迎えようかという季節になってきました。

 

ゴルフ場のフェアウェイやラフの芝生は黄色くなって休眠期に入っています。

 

これから、来年の生育期に入るまでは葉が伸びないので特にフェアウェイのボールはあまり浮かなくなっていきます。

 

こうなると夏場と違い2打目以降で打ちやすいクラブも変わってきます。

 

ボールがはっきり浮いている場合はバウンス角の大きいアイアンやウェッジが状況に適しますが、浮かなくなってきたら、ローバウンスのアイアンやウェッジが状況に適します。

バウンス小

https://www.hm-golf.com

 

バウンス大

https://gridge.info

 

特にグリーン周りから打球の高さが欲しいときなどは、バウンスが少ないほうが高さを出すことができます。

 

バンカーも比較的固くなる傾向になりますので、ハイバウンスのウェッジをご使用の方は、長いクラブを1本抜いてローバウンスのウェッジを足したり、AW相当のクラブをローバウンスのものに替えるなどの工夫をすると、プレーの幅が拡がると思います。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします