ウェッジを構えるときは10円玉何枚?

ゴルフスイングの技術書を読むとアイアンのセットアップではトー側の下に10円玉2枚入るように構える。

 

というようなことが書かれています。

 

この10円玉2枚分、インパクト時はトーダウンといわれる現象が起きてシャフトが縦にしなります。

 

それが、おおよそ10円玉2枚分くらいアドレス時よりもヘッドのトー側が下がってちょうどソール全体が地面に着くのでそのように構えましょう。と、いうものです。

 

ただし、これは5~7番アイアンくらいの話で、これよりもシャフトが軟らかくなる長いクラブはもっと10円玉が入るように構えるべきで、シャフトが一番硬いウェッジは10円玉がトーの下に入らないくらいほぼライ角通りに構えるのが基本です。

 

https://pro-golfacademy.com

 

それは、自分にライ角、シャフトの硬さが合っている場合の話ですので、ライ角が合っていない場合は必ずしも当てはまりません。

 

このように、ライ角、シャフトを自分に合わせることがまずは重要で、そうしたときに10円玉の話を思い出してセットアップをして欲しいと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします