ドライバーの飛距離をクラブで伸ばすためには?

30年ほど前からドライバーシャフトがカーボンシャフトに移行し始めました。

 

この頃から一部の男子プロがカーボンシャフトのドライバーを採用し始めました。

 

この頃のカーボンシャフトは、スチールシャフトと比べて20g程度軽いだけでしたが、スチールシャフトから交換すると、0.5インチ長くするか、数グラムヘッドを重くするか、シャフトの長さもヘッドの重さもそのままで振り心地を軽くするという選択肢が考えられました。

 

当時のクラブをそのまま長くすると重くて振り切れず、ヘッドを軽くして振りやすくしてみるとボールの重さに当たり負けをしてしまうため、重いものを振り回せるジャンボ尾崎選手のようなパワーが飛ばす為には必要でした。

 

そして現在、ヘッドの大型化が止まり、シャフトの軽量化も限界に近づいたので、自分に最適なクラブにすることで最大飛距離を得られるようになります。

 

クラブで飛距離を伸ばすため手法は次の通りです。

 

・バランスを重くして飛ばす

筋力があり瞬発力が低い人に有効で、ヘッドスピードが下がらない範囲でできるだけバランスを重くします。シャフトを長くするか、ヘッドを重くします。硬めのシャフトの方が上手くいきます。

 

・バランスを軽くして飛ばす

筋力が弱く瞬発力が高い人に有効で、軽め軟らかめのシャフトでシャフトを短かくするか、ヘッドを軽くします。

 

・適正な弾道にして飛ばす

どなたにも重要で、高くストレスピンが少ない弾道にすることで、自分の最大飛距離が出せ、クラブのトータルコーディネートが必要です。できるだけ反発力が高く、スピンが少なく高弾道になるヘッドとその重量、振りやすいシャフトで、一番飛距離が出る長さと重さ。と、多くの条件があります。

 

これはプロでも追い求めている事なので一筋縄ではいきませんが、もしそのようなクラブに出会えたらゴルフがとても易しく感じるでしょう。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

自分ではわからないかもしれません。

 

買ってすぐダメだと思うクラブでも、ちょっとしたチューニングでとても打ちやすくなることもあります。

 

スイングや体の変化にも左右されます。

 

と、とても難しく感じると思いますが、アマチュアゴルファーの場合、70点くらいのクラブをお使いになれれば十分ですが、それ以下だと上達にブレーキがかかることがあります。

 

クラブなんかなんでも一緒と思わず、専門家に十分相談して決めて欲しいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら