グリップの選び方が以外に難しい

クラブに装着するグリップは意外に選ぶのが難しいので、グリップ選定のためにはどんな条件があるか考えてみましょう。

 

グリップのカタログを見てみるとサイズ、重量、バックラインの有無、材質、コードの有無、硬さ、色が表示されています。

 

サイズ

画像参照:http://wacwachappy.upper.jp

サイズはグリップの内径の直径で区別されます。

 

男性用ならM62,M60、M62と表記されていますが何やらわけが分かりません。

 

グリップの外径はみな同じなのですが、ゴムを厚くすると内径が小さくなりますので内径が0.58インチのM58を装着すると太いグリップになり、順にM60、M62と装着すると細いグリップとなります。

 

レディスグリップはM56というものがありますが、外径も細くなっており、装着するとM62よりも細くなります。

 

S,M,Lなどで表示してくれた方が分かり易いのですが、何故か伝統的に現在のような表記になっています。

 

ということで、グリップには数種類の太さがありますので握りやすい太さのものを選ぶと力まずにスイング出来ますのでプレーにも好影響となります。

 

ちなみに、シャフトにも手元の外径の直径が、0.58インチ、0.60インチ、0.62インチとありますので、シャフト交換時はシャフトの太さに合わせてグリップのサイズを選びましょう。

 

バックラインの有無

写真のM60RのRはラウンドの意味でまん丸でバックラインが入っていないことを表しています。

 

ちなみにマックライン有ならM60Xとなっています。

「ゴルフ グリッ...」の画像検索結果

バックラインとはグリップのでっぱりのことです。

 

バックラインがあると手の中でずれにくかったり、フェースの向きを感じやすくなる利点があり、邪魔に感じる人はバックラインが無いものを、邪魔にならない人はあるものを選ぶといいでしょう。

 

材質

材質はおおまかにゴムと樹脂、硬い、軟らかいに分かれます。

握ってみて滑りにくいと感じられるものが良いでしょう。

また、コードといわれ糸切れのようなものが入っているものがあるのですが、こちらは手汗をかきやすい人におすすめです。

 

色によって滑りにくさ、硬さが微妙に変わりますが、これは無視してもいい範囲だと思いますので、好みで選べば問題ありません。

特に女性は好きなカラーを選ぶだけでテンションが上がる方が多いのではないかとおもいます。
視覚的な影響を受けやすい人は気に入った色のものを選んでください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンを行っています。

⇒体験レッスンはこちら