スティンプメーター

スティンプメーターって聞いたことありますか?

 

下の動画のキーパーさんが使っている長い定規のような物がスティンプメーターで、これを使ってグリーンスピードを計測します。

 

スティンプメーターは長さが1ヤード(約0.9144m)あってこれを使ってボールが転がる距離を測りほぼストレートになる上りと下りの2方向で転がる距離の平均をフィートで表したものがグリーンの速度という事になります。プロのトーナメントでは4方向からの平均をとったものが公式のスピードとして発表されるそうです。

 

ちなみに1インチが2.54cm、1フットが12インチで30.48cm、1ヤードが3フィートで91.44cmです。

 

なので、まっ平らなラインで転がしてスティンプメーター3本分転がれば9フィートで一般営業のコースのグリーンスピード相当、4本分なら12フィートで女子プロトーナメントの速め、男子の平均的なスピードになります。

 

you tubeより転載