スイングのスピード感、大切です。

ゴルフのスイングは、クラブと身体の運動です。

 

ゴルフに限らず達人といわれる人の動きは滑らかで力強さも兼ね備えていると思います。

 

では、滑らかなゴルフスイングとはどんなものでしょうか。

 

動きが波打たず、等加速運動の連続であることです。

 

力強さは、1つの動作に多くの筋肉が参加して行われることです。

 

手打ちといわれるスイングだと、手、腕、の筋肉が主に働いているスイングで、達人の領域では、足のつま先から手の指先までの筋肉が1つにつながった状態で動作が行われます。

 

この状態に近づくための練習としては、重いクラブと軽いクラブの連続素振りが有効な練習の1つだと思います。

 

重たいものを楽に動かすためには全身の筋肉を余さず使えると、比較的楽に繰り返すことができますので、全身の筋肉を連鎖させて使うことを学習、鍛錬するには有効です。

 

軽いクラブは単に振るだけならとても楽に振れますが、ゆっくりとしたスイングでよどみなくスムーズに振ることが難しくなります。

 

重いクラブは、マスコットクラブやクラブを2本重ねたものがいいでしょう。

 

バットやラケットなどは、重心距離がないので、クラブとは別物の道具なので、ゴルフの上達のための練習ならクラブの形状をした重たいものの方が効果は高いといえます。

 

軽いものは、アライメントスティックや、カチャカチャで外したヘッドのついてないシャフトなどがいいでしょう。

 

軽い物も手だけでなく全身の筋肉を使ってスイングし、軽いものを振るときは、ハーフショットくらいのふり幅がいいでしょう。

 

少しでもいいので、全身の動きでスイング出来ると感じるまではスピードを抑えて繰り返してください。

 

最終的には両者を全力で行ってください。

 

特に、考え過ぎてスイングが分からなくなっている人には効果的だと思います。

 

そのような人は、最初は重いものだけか、普段お使いのクラブと併用して行った方がいいでしょう。

 

両者とも全力で振れるようになれば、ヘッドスピードがかなりアップしているでしょう。

 

毎日続けられる回数で、コツコツと繰り返すことが重要です。

 

お試しあれ。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします

グリップの重量選びも大切です

ゴルフクラブはシャフトの硬さによって、硬いほどバランスを重く設定するのが普通です。

 

冬場のクラブチューニングの方法の1つとして、シャフトを軟らかめにしたり、ヘッドを重めにして、必要なシャフトのしなりを確保することがあります。

 

これの応用として、シャフトを重く軟らかくしてバランスを軽くし、さらにグリップを軽いものに変更します。

 

グリップを軽くすると、クラブ全体の慣性モーメントはほとんど変わらないのですが、バランスを測るとバランスは重くなり、振ってみるとヘッドの重さは感じやすくなりますが、重くて振りにくくなることはありません。

 

冬場は、シャフトが硬く感じ、ヘッドの重さを感じ取りにくくなりますので効果的かと思います。

 

他にも自分なりに、寒いときに振りやすくなるセッティングを考えてみてください。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします

いろいろな練習器があるものです

ゴルフの何種類かの練習器は流行り廃りを乗り越えて何種類かの王道の練習器が生き残って、そこに新しい発想の新しいものが食い込んでいくというような構図になっているかと思います。

 

 

上の練習器はボクシングのサンドバッグのような効果効果を狙ったインパクトワンという練習器です。

 

付属の専用クラブで小さなスイングでインパクトしてボールのついたバーを倒して、そのバーがまた跳ね返って起き上がり自然に元の位置に戻ってきます。

 

これを繰り返し反復して良いインパクトを身に付けることを目的とした練習器のようです。

 

短時間で多くの回数をこなせそうなので、効率のいい練習ができると思います。

 

使い方を工夫すれば他に様々な練習もできそうです。

 

こうした新しい発想の練習器がいつの時代も新しく登場しては消えてきましたが、果たしてこの練習器は生き残っていくでしょうか‽

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

シャンクの原因、要因、直し方

シャンクの原因は、インパクトでアイアンヘッドのネックに当たってしまうことですが、

 

 

① ヒッカケが多い人が、それを警戒して右に飛ばそうとするときに出るシャンク

② アウトサイドインの軌道をインサイドイン、あるいは、インサイドアウトに直そうとするときに出るシャンク

 

が、その要因の大半ではないかと思います。

 

上級者に多いのは、

③ インパクトでアドレス時の腕とシャフトが作る角度が、インパクトでほぼ再現できるようになってきたときに出るシャンク

 

①はフェースを右に向けて当てるために左手が体から離れたり、上半身の前傾角度を起こしてしまうことで、ヘッドも体から離れてネックに当たってしまうシャンクです。

 

これの応急処置としては、言い換えるとヒッカケなら安定して打てるので、ターゲットの右を狙ってヒッカケをわざと打つこと。

 

練習で直すなら、フェースのローテーションを抑えたスイングに取り組むこと。

 

②はグリップエンドがアウトサイド(ターゲットラインに近づく)に下りる人がアウトサイドに振り抜こうとすると、手が体から離れたインパクトになり、ヘッドも体から離れてネックに当たってしまうシャンクです。

 

この応急処置は、コースではアウトサイドインを直そうとしないことで、根本から直すなら、ダウンスイングでグリップエンドを陰圧サイドに下ろして打てるようにすることです。

 

③はただボール位置を足からボール1個分遠くするだけで解決することが多く、フェード気味の球を打つようにするなどフェースのローテーションを抑えるようにするとシャンクは出なくなるでしょう。

 

いずれにしても、シャンクはインパクトでアドレスによりも体の部分がターゲットラインに近づいてしまうことで起こります。

 

その前に出てしまう部位を特定し、それがターゲットラインから離れるくらいにして打てば解決できます。

 

シャンクはミスの大きさの割に小さなスイングエラーで出てしまうミスショットです。

 

原因さえ特定できれば意外にあっさりと直せますから、シャンクでお悩みの方はじっくりと原因を特定する作業に取り組んでほしいと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

風が強い日の練習方法

距離の長い練習場で練習すると、当然打球は風に影響されて、風向きによって弾道や着地地点が左右されます。

 

アマチュアの方の中には、例えば左からの風のせいで右に飛んでいるだけなのに、右へ行ってしまったと勘違いして、スイングを調整してしまいスイングを崩してしまう方が多いと感じます。

 

上手くなろうとして練習し来たのにスイングを崩して帰っていく方をよく見かけます。

 

練習を始める前に風向きをチェックしておくクセをつけておきましょう。

 

近々のゴルフのための練習なら、上記の左からの風のときに、持ち球がスライスの人はいつもよりかなり曲がりが大きくなりますが、いつも通りスイングできているか?をチェックしておく程度にとどめておくといいでしょう。

 

練習を中止することも1つの選択肢としてはアリだと思います。

 

上達のための練習なら、練習メニューを変更して、左から風が吹いているいろいろなホールのシミュレーションをするなど、左からの風が吹いているからこそできる練習を工夫したり、模索してみるのもいいでしょう。

 

風の影響を受けにくいショートアプローチを重点的にするのもいいでしょう。

 

プロでも、寒い日や、風の強い中練習をしてスイングを崩してしまった経験をしてきていると思います。

 

https://news.golfdigest.co.jp

 

 

それでも、工夫をして練習に取り組むことで大切な経験となり、それが自分の財産となってくれると思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

旗竿と仲良くしましょう

2019年からの新ルールで、旗竿を挿したままパットをして旗竿に当たっても罰はないということになりました。

 

また、プレーヤーは、ストロークをする前に旗竿を挿したままか、付き添ってもらうか、抜くかを打つたびに選択をすることができる権利を与えられました。

 

 

上の画像のように風が強い日に、画像の下からパッティングをするとしたら、旗竿とカップの右縁の間が狭く、左は広くなります。

 

こんなときに、風下から上りのパットを打つ場合は旗竿がない方が入りやすそうですし、風上からの下りのパットはあった方が入りやすそうです。

 

入りやすそうだと思えるだけでもパットの成功率が上がると思います。

 

手間はかかりますが、旗竿をパット数を減らすためのアイテムとして使った方が今年からはお得なようです。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

トップトレーサー稼働中

スイング碑文谷練習場にトップトレーサーなる弾道解析器が全打席に配備され稼働を開始しています。

 

実際の打球の実測値が表示されるので、ボールを追尾して計測しているようです。

 

冬は左からのアゲインストの風になる練習場なので、風が強い日は凄く飛ばなくなります。

 

スピン量は計測されませんが、打ち出し角や初速はしっかりと計測されますから、実際の打球を見てスピン量もある程度推測できるので、ドライバーの打ち比べくらいなら十分に利用できると思います。

 

 

番手毎の飛距離を測りたいときは、風のない日を選ぶなど、工夫をして臨機応変に使い方を上手く考えれば、良い練習ができそうです。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

テーラーメイドM5、M6打ってみた

 
ゴルフクラブメーカーは、米国が日本よりも元気です。

 
タイトリストは復活の兆候!

テーラーメードは M5、M6の投入にリッキーファウラーも新しく契約を結びました。


画像参照:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html
 

人気選手、実力者はテーラーメード契約選手が増えました。

 

キャロウェイもエピックの発売以来勢いを感じます。

 

スイング碑文谷でテーラーメードの試打会があり、M5、M6のドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティを打たせていただきました。

 

M5はさらに低重心化し、ルールギリギリの反発性能、
 
M6は低深重心化し、こちらもルールギリギリまで反発性能を上げ、

 

どちらも前作より飛距離アップが期待できます。

 

打ってみると、どちらも打出しが高くなった印象で、特にM6はかなり打ち出し角が高くなりました。
M2、M4だとつかまらない、球が上がらないという人は是非M6を試してみて欲しいと思います。

 
M1、M3で高初速の当たりくじに外れた方はハズレのないM5なら、飛距離アップすると思います。
 

フェウェイウッドはどちらも球が上がりやすくなった印象で、飛ばしたいならM5、ボールを止めたいならM6
 
3WはM5、5WはM6という組み合わせもありかなと思いました。

 

低スピン化競争もそろそろ終末が近づいて、方向性、正確性が伴わないメーカーは取り残されてしまうのかな?と今回の試打で感じました。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

フィニッシュについて考えてみます

プロゴルファーのフィニッシュを観察してみると、

 

 

大きく分けると、フィニッシュでピタッと止まって打球を追う選手と、

 

 

フィニッシュからクラブが跳ね返ってきて、体の前にクラブを置いて打球を追う選手と、

 

例外的に、

 

 

踊る選手に分かれます。

 

フィニッシュにはインパクト付近で最大になった、クラブと体の動きを受け止めるという意味合いがあります。

 

これは、陸上競技の100m走でゴールした後の走ってきた勢いを鎮静化させるところと同じような意味合いです。

 

ピタッと止まる人は、ゴール後に比較的早く静止するようなもので、

 

体の正面にクラブを置いて打球を追う選手は、もう少し長い距離で静止、

 

踊る人は、そのままウィニングランに向かっていくようなものでしょうか?

 

要は止まるために力を使うのか?使わないのか?ということになります。

 

使わない方が体にはやさしいといえます。

 

柔軟性が高い人ほど、長い距離をかけてクラブを止められるので体に無理がかからないということもいえます。

 

ピタッと止まる人はフィニッシュでスイングの余韻を反芻してスイングチェックができます。

 

必ずしも良いフィニッシュが良い結果につながるとは限りませんが、練習時はフィニッシュでバランスよく止まる方が練習の効果が高くなります。

 

コースでは、自然にまかせて結果重視がいいでしょう。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします

気温によって飛距離はどのくらい変わる?

寒くなるほど空気密度が高くなり、打球が受ける空気抵抗が増えて飛距離が落ちます。

 

ではどのくらい飛距離が変わるのでしょうか?

 

 

調べてみたら、気温が30℃から10℃下がるごとにおよそ3.3%空気密度が高くなるようです。

 

なので、空気抵抗の違いだけで考えると、気温が0℃になるとおよそ10%飛距離が落ち込むと考えられます。

 

これに厚着と体の冷えでヘッドスピードが下がる分と、乾燥と芝生が枯れたようになることでランが増える分が相殺するくらいだとしたら、空気密度分だけ飛距離が落ちると考えて、30℃のときにドライバーで200ヤード飛ぶ人だとしたら、単純計算ですが、

30℃    200ヤード

20℃    193ヤード

10℃    187ヤード

0℃    180ヤード

と、なります。

 

また、この空気抵抗はスピン量が多い打球ほど影響が多いように思います。

 

30℃のときにスピン量が少なすぎて打球がドロップしてしまう人は、冬場になってもトータル飛距離はあまり下がりません。

 

逆にスピン量が多すぎる人は、気温が下がるごとに上記の表よりも飛距離は大きく落ち込むと思います。

 

低温による飛距離の落ち込みを減らすためには、冬場は0.5°~1°ほどドライバーのロフトを減らして、ボール位置を左にして打出し高さを確保すればいいでしょう。

 

夏場にスピン量が少なすぎて十分な飛距離が得られていない人は、冬場はみんなと同等の飛距離が出せるでしょう。

 

ということで、真冬のゴルフは6000ヤードのコースが夏場の6600ヤードくらいに感じます。

 

これを承知で無理のないプレーをすればライバルが勝手にくずれてくれるかもしれません。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします