スイング軸と最下点の関係理解できていますか?

スイング軸とヘッドの最下点の関係が正しく理解できていれば、ミスショットの原因の追究やスイング作りに役立ちます。

 

アドレス時に、両肩とグリップを結んだ三角形とシャフトをひとかたまりにしたまま、スイングをする前提の話になりますが、

 

ダウンスイング時にスイング軸が右(頭がターゲットから遠ざかる)へ倒れるとヘッドの軌道がインサイドアウトになりヘッドの最下点は右になり、左に傾くとその逆になります。

 

ドローを打つ場合はこれを利用して、インパクトでフェースがターゲットに向きさえすれば右に出て戻ってくるドローボールが打てます。

 

この軸が右に傾く現象がスイング中に不随意的に起きるとミスショットにつながります。

 

最下点が右にずれるとボールの手前からヘッドが地面に潜ろうとして、度合いが大きいとヘッドが地面から上に跳ねてボールの上を通過する空振りかトップになります。

 

これは、初級者が高い球を打ちたいときに出やすいミスで、左足下がりのライから左に倒れそうになるのを防ごうとしたときなどに置きやすいミスになります。

 

スイングがこの動きになっている人は、ドライバーは上手く打てるがアイアンが打てない、となります。

 

他には、クロスバンカーから確実に距離を稼ぐためにダフリを避けてわざとトップ気味に打ちたいケースがありますが、このためには、スイング軸を普段より1センチほど高くセットしてスイングすることでダフリを避けることができます、

 

これも不随意的に起こるとトップの原因となりますが、スイング軸が上に上がってトップするのを手首が縦に伸びてダフる条件と組み合わせて上手く打っている方が非常に多いです。

 

フェースが閉じるとザックリに

https://blogs.yahoo.co.jp

 

二つのずれを組み合わせて相殺してナイスショットを打つこともできますが、再現性には乏しいといえます。

 

逆に軸を下に下げて打つとロブショットやバンカーからのエクスプロージョンショットの成功率が高くなりますが、不随意的に起きるとダフリになります。

 

芝の上に浮いているボールや、ティアップされた球はこれらの最下点のずれには寛容ですが、2打目以降のショットではミスショットと密接に関係します。

 

スイング軸の傾きと位置のずれがヘッドの軌道にどのように影響するのか?あまり考えたことがない方は図を描くなどして、一度頭の中を整理しておくことをおススメします。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします

「ゴルフは手前から」を考えてみる

「ゴルフは手前から」という格言があります。

 

ホールの設計は受けグリーンでグリーンの奥からのショットは難しくなっているケースが多いです。

 

ピンの手前にボールを置くと易しい状況からプレーが出来ることからそういわれています。

 

これにあてはまらない状況もありますから、何も考えずに、ただ手前から攻めるだけでは上手くいかないこともあるということです。

 

ピンがグリーンのかなり手前に立っている場合がその一つになります。

 

http://www.pgatour.jp

 

こんなケースは、グリーンの手前にショートさせると手前のエッジとピンの間のスペースが狭いので、手前の傾斜に落ちるとグリーンに乗らず、グリーンに落とすとピンをオーバーしてしまうので、難しい状況といえます。

 

2段、3段グリーンの一番奥の段などもショートして段を駆け上がるようなパットやアプローチは難しい状況となります。

 

このケースはピンの奥や横に付けると易しい状況が作れます。

 

この2つは例外ですが、特に始めていくコースなどでは、ピンの手前から攻めていくようにして様子見をしながらのラウンドをした方がいいでしょう。

 

ということで、「ゴルフは手前から」には例外があり、マネジメントは型にはまらず、臨機応変にしていきましょう。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします

 

ウェッジを構えるときは10円玉何枚?

ゴルフスイングの技術書を読むとアイアンのセットアップではトー側の下に10円玉2枚入るように構える。

 

というようなことが書かれています。

 

この10円玉2枚分、インパクト時はトーダウンといわれる現象が起きてシャフトが縦にしなります。

 

それが、おおよそ10円玉2枚分くらいアドレス時よりもヘッドのトー側が下がってちょうどソール全体が地面に着くのでそのように構えましょう。と、いうものです。

 

ただし、これは5~7番アイアンくらいの話で、これよりもシャフトが軟らかくなる長いクラブはもっと10円玉が入るように構えるべきで、シャフトが一番硬いウェッジは10円玉がトーの下に入らないくらいほぼライ角通りに構えるのが基本です。

 

https://pro-golfacademy.com

 

それは、自分にライ角、シャフトの硬さが合っている場合の話ですので、ライ角が合っていない場合は必ずしも当てはまりません。

 

このように、ライ角、シャフトを自分に合わせることがまずは重要で、そうしたときに10円玉の話を思い出してセットアップをして欲しいと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします

コンパスの活用法

 
コンパス(方位磁針)はプレー中に使用しても違反とはなりませんが、下の画像のようクリノコンパス等の水平器などが付属しているものは違反となってしまいますので注意が必要です。
大きな山の山肌にあるコースでのグリーンの目の方向や風が強い日の全体の大まかな風向きなどの判断材料として正確に方位を知ることはプレーの助けになります。

http://www.ys2000.net

 
例えば富士山の標高が高いコースで、頂上の北側にあるコースだとすれば、北から南に向かって南から北に向かって順目になりますから、南と北の方向が判ればグリーン読みの助けとなります。

 

また、1番ホールが南から北へ向かっているとして、アゲインストの風が吹いていて、2番に行ったらティグラウンドでは北からの風に感じたとしても、実際には北風であることは変わらないので、方角が判れば風向きを読む助けになります。

 

ちょっとした事ですが、プレー中に方角が分からなくなった時などは大いに助かることもあります。
 
キャディバッグの中に1つコンパスを忍ばせておいてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

ゴルフの心の準備は脳内カウントダウンが重要です

ゴルフに行く場合、普通は寝床を出てゴルフ場に移動してプレーの準備をし、スタートしていきます。

 

多くの場合、交通手段を使って移動することになるわけですが、この間にその日のプレーのためには何をすればいいでしょうか?

 

やる気が先行してプレーのことばかり考えてしまうのはあまりよくありません。

 

プレーのことは、ゴルフ場に着いてからの練習やウォーミングアップなどから、その日の自分の体調を判断し最終調整をする感じでいいと思います。

 

前日などの練習でのチェックポイントや課題が通用しないことも多いと思います。

 

移動中は、スタートまでの脳内カウントダウンをしておくことが大事です。

 

何分後にゴルフ場に到着し、どのように時間を使って何分後にスタートしていくのか?

 

肉体的に十分に準備をしても頭の準備ができていないと十分なパフォーマンスが発揮できません。

 

なので、移動中は頭の中をリラックスさせてプレーの心配などをして集中力を消耗することが最悪のパターンです。

 

移動中のリラックス状態から徐々にスタート時間にかけて、プレーへの集中度を高めていくのが理想的だと思います。

 

https://toyota.jp

 

 

心と体をプレーのために準備する自分なりの時間も含めたルーティーンを作り上げるとその時間をかけると自動的に集中状態に入れるようになれるので、朝一のティーショットの成功率も跳ね上がるでしょう。

 

時間的な心の準備はその日にプレーすることが決まった時点からスタートしているとすんなりと当日のプレーに入って行けるはずです。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

 

初心者のクラブ選び

 
ゴルフのルールでは、プレーの際14本までのクラブを持ち歩くことができるとされています。
 
初心者のうちは14本は必要がありません。
 
もちろん14本揃えても何の問題もないのですが、コスト的にもったいないという意味で必要がないということです。

 

では、最低限必要なクラブは何でしょうか?
 
パター(必須、デビューまで自宅で練習するためにも)

サンドウェッジ(ラウンドするなら)

① ウェッジ(ロフト角50°前後、練習するべき)

② 8番アイアン(ロフト角36°前後)

③ ユーティリティ(ロフト角24°前後)

④ 5or7番ウッド

⑤ ドライバー

 

もし、数ヶ月後コースデビューという目標を持ってゴルフを始めるとしたら、①が打てて来たら②というように買い進めて行くのもいいでしょう。

 

①から順にクラブの長さが長くなっていくので無駄に多くのミスをせずに済んだり、各クラブの性格に慣れられる最小単位が①~⑤の5本とパターの6本と特殊クラブのサンドウェッジで計7本持っていればラウンドするにも十分です。

 

アイアンを買う際に一般的なメーカーのクラブは7、8、9、PWの4本はセットでないと買えないようなシステムになっているのですが、パーツ売りといわれるクラブヘッド(シャフトがついていないクラブ)単体で購入できるクラブがありますので、これの良い8番アイアンあたりを1本だけ買って練習する方が上達のためにもコスト的にもおススメです。

 


https://store.shopping.yahoo.co.jp
安いものに飛びつくと後々・・・

 

後々上達したら必要な番手を買い足していったり、シャフトだけ硬いものに交換したり、セット購入してもいいでしょう。

 

初めて使うクラブはその後のスイングにも大きな影響がありますので、専門家によく相談して購入されることをおススメします。

 
パーツ売りのクラブは町のクラブ工房で購入できます。
 
ネットでも一部の量販店も買うことができますが出来ますが、工房の店主の方が相対的にゴルフにもクラブにも精通していますので、付き合いを持っておくといろいろなことを勉強できることもメリットになります。

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

パターも衣替えの時期です!

 
涼しくなってきました。

パターの衣替えはお済みですか?
 
気温と同時に湿度も下がってきていて、これからの時期はどんどんグリーンのスティンプメーター計測値が速くなっていきます。

 

グリーンのスピードは真夏が一番遅く、芝生が成長を再開する2~3月が一番速くなります。
 
ただ、その時期の芝生は休眠期で、転がりは悪い状態になるので、速くて転がりが悪いために難易度が高くなります。
 
今の時期は転がりもよく、速いのでグリーンの状態としては一番いい時期になります。
 

速いグリーンと遅いグリーンに適したパターはどんなものか考えてみましょう。
 

遅いグリーンでカップまで届かせるためにヘッドスピードを速くするのですが、速くしやすいのはヘッドが軽いパターでシャフトが軟らかめのものになります。
 

一方、速いグリーンに適しているのはヘッドが重く、総重量も重いものがヘッドスピードを抑えてもコントロールしやすいパターになります。

 
また、重いグリーンでは芝の刈高が長く、速いグリーンでは短くなるので、刈高が長いグリーンほどボールが芝生の中に沈みますので、重いグリーンほどパターのロフト角が大きいもの、速いグリーンでは小さいものをチョイスするといいでしょう。

 
ということで、
 
速いグリーン
→→ヘッド、総重量ともに重く、シャフトは硬め、ロフト角は小さい

遅いグリーン
→→ヘッドが軽く、シャフトは軟らかい、ロフト角は大きい

 

ものがそれぞれの状況に適したパターとなります。
 
ということで、パターのソールに薄い板鉛を一枚貼ると、冬仕様のパターにすることができます。

 

http://gaichigolf.blog88.fc2.com
これだと座りが悪くなる・・・
 

https://blogs.yahoo.co.jp
これはオススメ!

 

https://www.pargolf.co.jp
こんな方法も、夏場は開き、冬場は閉じる

 

夏になってグリーンが遅くなったら剥がして、夏が過ぎたらまた貼るというようにすると一年を通じてグリーン上のプレーの助けになってくれると思います。

 
季節の変わり目、こんな記事も読まれています!
◆今年もゴルフの衣替えの季節になりました
 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

2019年からのプレーヤーの行動基準がルールブックに明記されます

2019年改訂の新ルールの規則1‐2はプレーヤーの行動基準という項になる模様で、今回のルール改正の骨子になると思われますのでご紹介します。

 

1-2プレーヤーの行動基準

a  すべてのプレーヤーに期待される行動

すべてのプレーヤーは次の行動をとることによってゲームの精神の下でプレーすることが期待される。

・誠実に行動すること
 ―例えば規則に従う、すべての罰を適用する、プレーのあらゆる面で正直である。

・他の人に配慮を示すこと
 ―例えば速やかなペースでプレーする、他の人の安全に気を配る、他のプレーヤーの気を散らさない。

・コースをしっかりと保護すること
 ―例えば、ディボットを元に戻す、バンカーをならす、ボールマークを修理する、不必要にコースを傷つけない。

 

この方法でプレーしなかったことに対して規則に基づく罰はない。
ただし、プレーヤーが重大な非行をしたと委員会が考えた場合、その委員会はゲームの精神に反する行動をしたことに対してそのプレーヤーを失格とすることができる。

 

プレーヤーの非行に対する失格以外の罰は、それらの罰を規則1.2bに基づく行動規範の一部として採用する場合にだけ課すことができる。

 

b 行動規範

・この規範にはその基準の違反に対する罰(例えば、1罰打や一般の罰)を含めることができる。

・委員会はこの規範の基準に反する重大な非行にたいしてプレーヤーを失格にすることもできる。

委員会の措置セクション5H(採用することができる行動規範の基準の説明)参照。

 

以上は2019ゴルフ規則Ver7.17の原文のまま掲載しました。

 

2019年度ルールブック、11/12発売です。

 

新ルールでは旗竿を挿したままパッティングをして、球が旗竿に当たっても罰はなくなるのですが、それだと下りの1メートル以下のパットで旗竿に当てて入れてもいいことになるのではないかと思っていたのですが、プレーのあらゆる面で正直であることを期待されているのであれば、それはしないという前提にルールができていて、あくまでもプレーファーストが目的のルールになります。

 

しかし、1メートルの下りのパットを旗竿を挿してプレーしても罰打はありませんので、やったもの勝ちになる可能性も否めません。

 
新ルール、フタを開けてみたらどんな問題が出てくるのでしょうか?

 

最近GSIブログでも、来年2019年のルール改訂に関する記事が多く読まれています。
ルール改訂に関する記事はこちら!
◆ミケルソンの行為に見るルールの解釈
◆来年からは誤ってボールを動かしても無罰です
◆2019ルール改正用具についての新ルール

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

新ルールでは「重大な違反」が定義されたようです

ゴルフのルールブックの中には重大な違反という言葉があります。

 

今までは、ルールブック上では定義されていませんでしたが、2019年のルールブックには定義として掲載されるようなのでご紹介します。

 

重大な違反

ストロークプレーで、誤所からのプレーが正しい場所から行われるストロークと比較してプレーヤーに著しい利益を与える可能性がある場合。

重大な違反があったかどうか決めるための比較をする場合、考慮に入れる要素には次のものを含む。

・そのストロークの難易度。

・球からホールまでの距離。

・プレーの線上にある邪魔な物の影響。

・ストロークに影響を及ぼす状態。

重大な違反の概念はマッチプレーには適用しない。なぜなら、プレーヤーが誤所からプレーした場合、そのプレーヤーはそのホールの負けとなるからである。

 

この重大な違反に当たるかどうかでペナルティを受けるのか失格となるのかというようにペナルティの度合いが変わるので、ルールを深く理解しておいた方が安心です。

 

11月12日(月) 9時30分よりJGAホームページにて販売が開始されるそうなので、来年度分のルールブックだけはご購入をおすすめします。

 

 

大きい方がフルバージョンで1400円(税別)、小さい方が簡略版となるプレーヤーズ版600円(税別)と2パターンが発売されるそうです。

 
最近GSIブログでも、来年2019年のルール改訂に関する記事が多く読まれています。
ルール改訂に関する記事はこちら!
◆ミケルソンの行為に見るルールの解釈
◆来年からは誤ってボールを動かしても無罰です
◆2019ルール改正用具についての新ルール
 
 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

ゴルフはやればやるほど下手になってしまうことがあります

 
ゴルフの実力を量る要素の中にキャリアの中でどのくらいミスの記憶を積み重ねたかということがあります。

 
詳しくいうと、成功体験の記憶-ミスの記憶=実力という感じです。

 
このプラスが多いほど上手いといえます。
 
若手のプロはこれが大きくプラスになっています。

 
小さいときにゴルフを始めたときからわりとうまく打てて、ミスの記憶はあまりなく、スーパーショットばかりがゴルフの記憶をしめています。
 
しかし、キャリアを重ねるうちにミスの記憶が増え始め、成功体験の記憶を上回ってしまう人が出てきます。

https://news.golfdigest.co.jp

 

こうなると、最悪の場合イップスを発症してしまうこともあります。
 
ミスの記憶が上回らないまでも、技術が高くなったのにミスの記憶も増えてしまい、差し引きではプラスが目減りしてしまい、スコアが悪くなってしまうこともあります。

 

アマチュアの方も同様で、ゴルフを始めて間もない期間に多くのミスを体験してしまうと上達は難しくなります。

 
プロ、アマ問わず良いメカニズムのスイング、ストロークを身に付けることでプラスが多いゴルフをすることが長い目で見るととても重要です。

 

良いメカニズムのスイングができれば、出るべくして出るミスショットを打たずにすみますから、上乗せの方が多いゴルフをすることができます。

 

今からでも遅くはありません。

計画的にスイング作りを始めてみてください!!

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。