飛ばし屋のドライバーの選び方が複雑になってきました

低スピン系のモデルが出そろった感のある最近のドライバーですが、ヘッドスピードが速い人のドライバー選びが変わってきています。

 

大きなスライスボールが持ち球?の人でなければクラブで適正なスピン量にすることが出来るようになってきました。

 

現在と比べてスピンがかかりやすいドライバーの頃はヘッドスピードを上げようとしてヘッドを軽くするとスピン量も同時に増えてしまい飛距離アップにつながりませんでした。

 

重いヘッドで急加速を抑え重さをエネルギーとして利用し、スピン量の増加を防ぐ必要がありました。

 

現在は飛ばすだけならヘッドを軽くして単純にヘッドスピードが上げられればスピンがかかりにくいヘッドを選択するだけで飛ばし屋になれるわけです。

 

結果的に総重量もバランスも軽いクラブになります。

 

このクラブだと筋力がなくても瞬発力さえあれば飛ばし屋になれます。

 

T・ウッズがデビュー当時の肉体(今より細く軽い)を維持していれば今頃はものすごい飛距離になっていたかもしれません。

 

現在のクラブでは筋肉が多すぎると重さが邪魔をしてヘッドスピードを上げにくくなってしまいます。

 

ということで、これからの飛ばすためだけのドライバー選びはヘッドを出来るだけ軽くしてしなりにくい分は柔らかいシャフトをチョイスして、軽いグリップを装着することでヘッドの重さを感じやすくしてやれば ぶっ飛びドライバーの出来上がりです。

スコアを出すためにはラフからのショットを上手く打つためには重さも必要なので、上記のドライバーの流れで行くとラフからのショットに問題が生じてしまいますからある程度の重さは必要で、そうなるとドライバーとの振り心地が変わり過ぎてしまうというのが問題点となります。

 

ドライバーだけ別物としてセットを組むのか?、アイアンからの流れを大切にして飛距離を妥協するのか?

 

身体の作り方もラフからのショットは重いものを速く振る力が必要ですが、ドライバーの距離だけで行けば筋肉をつけすぎずクラブを振る瞬発力を鍛えるのが近道です。

 

また、ドライバーを軽くするほど肘や肩の野球の投手のような怪我をするリスクが出てきます。

 

ドライバーショットとラフからのショットはバドミントンとテニスほどの適性の違いが生じますのでどちらに重きを置くのか?はあなた次第です。

 

女性の方に関しては、重さが適正になってきただけなのかもしれませんのでご心配なく。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこの人がいると違います

今週の男子米ツアーはT・ウッズが参戦しました。

ではなくて

 

こっち

GDOニュースより転載

 

結果は-3の23位Tとまずまず?の結果でした。

 

強かった頃の彼の7割くらいまで仕上がってきているのではないか?という印象でした。

 

普通のトッププロといったところだったでしょうか?

 

それでも彼のプレーには華というか魅力がありますね。

 

もう少し調子を上げて、再びあの激しいガッツポーズが見られるといいですね。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

ネットでのクラブ購入はご用心

今やゴルフクラブはネットで買う人が多数派になって来たのではないかと思います。

上の写真はどちらか1本がゼクシオ7の正規品でもう一方が偽物です。

 

どちらが本物か分かりますか?

 

左が本物だそうです。

 

塗装の不出来やわずかな色の違いがあるものの形状は全く同じなのだそうです。

 

ネット上ではゼクシオに限らず人気モデルは偽物が多く流通していますのでネットでクラブを買う場合は本物もしくはその画像と照らし合わせて買う癖をつけておけばこのような不運に遭うことを防げると思います。

 

あまり安い買い物ではありませんのでやはり信用できる店舗で現物を見て試打してから買うかクラブを見る目を養うと失敗しない買い物ができると思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

今回の大雪で都心近郊のゴルフ場はようやくオープン?

東京は今回の大雪で屋根の雪下ろしはさすがになかったかと思いますが、多くの人が職場や自宅周辺の雪かきに追われたのではないかと思います。

 

今回の量だと必要最低限の場所の雪をどこかに移動する形になったでしょう。

 

そして現在は日当たりの悪い場所に移動した雪が溶け残っている状況だと思いますがこれに要した時間はそれほどではなかったのではないでしょうか?

 

しかしゴルフ場ほどの広大な敷地の除雪となると大変な作業になります。

まず、ゴルフ場への進入路、駐車場の除雪、管理道路の除雪、クラブハウス周りの除雪をして雪かき部隊が出勤できる環境をつくります。

 

コース内はグリーン、ティ、の雪踏み、これはキャディさんや研修生が任されることが多いと思います。

 

フェアウェイは雪踏みをするか、車両で轍を作るなどして溶けやすくし、融雪剤を撒くこともあります。

 

ラフも轍を作ることで雪を溶けやすくする作業が基本になりますが、日当たりの悪い区域は放置しているとなかなか溶けないのでプレー区域外の谷や池に投棄します。

 

この時に作業車のタイヤやスコップなどで芝生が傷つきますから経営に余裕があるゴルフ場は雪踏み程度の作業にしておき溶けるのを待つのでオープンが遅れますがコースは傷みません。

 

積極的に営業するコースは無理な雪かきで芝生は傷みますが早くオープンできます。

 

そんなわけですので今日あたりオープン出来ているゴルフ場は少しコースが傷んでいる可能性があります。

 

まだオープンしていないコースもありますのでプレーの前日に必ず営業状況をゴルフ場に確認しましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

                        ⇒体験レッスンはこちら

 

 

 

 

向こう1週間ゴルフの予定がある方はゴルフ場がクローズの可能性あり

東京の向こう1週間の気温は最低気温が0℃以下で徐々に最高気温は上がるそうですがそれでも9℃と寒い日が続きます。

 

先日の雪が溶けずにクローズとなっているゴルフ場が多いと思いますので、ゴルフの予定の方はゴルフ場に営業しているかどうかの確認をして下さい 。

 

明日  26(金) 27(土) 28(日)  29(月) 30(火)

東京 最高(℃)   4
(3~7)
6
(4~8)
8
(6~10)
8
(5~10)
8
(5~10)
9
(6~11)
最低(℃)   -3
(-5~-1)
-3
(-5~-2)
0
(-1~2)
1
(0~3)
0
(-2~1)
0
(-2~1)

ゴルフ場利用税廃止は絶望的?

ゴルフ場利用税撤廃の活動が長年にわたりされてきました。

 

昨年末に平成30年の撤廃は見送りと決まったそうです。

 

東京オリンピックが良い機会とされてきましたが、それでも撤廃がならなかったので今後の実現は厳しいのではないか?という意見が出ているそうです。

 

千葉県のゴルフ場利用税額の算出表を見つけたので乗せておきます。

しかしスポーツであるゴルフをするのに税金を納めなければならないというのはどうも納得がいかないですね。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

工夫した練習をしましょう

you tubeより転載

 

上の動画は男性のアマチュアゴルファーのものですが、ゴムティを叩くよりも音が小さく耐久性もありそうなのでいいかな?と思いました。

 

続けて行くうちにブラッシュティーが飛んで行かなければいいんですが・・・・・。

 

ゴムティをアイアンで叩くとゴムティが長持ちせず、ドライバーで叩くとかなり大きな音がしますので家族やご近所さんにも迷惑が掛かりません。

この練習をすれば上手くなるということより、いい練習はないかと工夫してたどり着いた練習法であることがこの方にとって意味があることなんだなと思いました。

 

みなさんも人から聞いた練習方法もいいですが、自分で工夫して見つけた練習方法はより効果が高い練習になるのではないかと思います。

 

 

UTやFwでテンプラが出やすい人はディープフェースのモデルをチョイスしましょう

UTやFWはフェースの高さが低めに作られているものが多いので打点が上下にずれる人にとっては難しいクラブとなります。

 

 

インパクトがアッパーブローになる人はシャローフェースのもの、ダウンブローになる人はディープフェースのものが適しています。

 

基本的にはアウトサイドイン軌道の人はダウンブローなインパクトになりテンプラが出やすく、インサイドアウト軌道の人はアッパーブローなインパクトになりやすいのでダフることが多くこれを嫌がるとチョロになりやすいのが特長です。

 

ご自分のスイング軌道をよく理解しておけばクラブ選びの助けにもいなります。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

 

左打ち練習のすゝめ

練習量の多いプロゴルファーは偏りがちな体の状態をリセットするために左打ちを練習する人が多くいます。

 

左打ちなら打てなくて当たり前なのでミスしても楽しくやれるということもあり、気分的にもリフレッシュできますし、続けて行くうちに右打ちへのヒントも転がってきます。

you tubeより転載

 

この選手も普段からやっているんでしょう。

 

プロによってはパープレーくらいで回れる人、初心者の様なスイングの人もいます。

 

アマチュアの方も練習量が多い人ほど効果が高い練習法だと思います。

 

あまり練習しない人はそもそも右打ちで練習しましょうということで特におすすめはしません。

 

楽しく練習して上達し、ゴルフを楽しんでください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

寒い日のラウンドはいつもより飛距離が落ちてスコアも出にくい?

厳しい寒さが続いていますね。

 

こんな時のゴルフは飛距離が大きく落ちることを前提にプレーを組み立てましょう。

 

樹脂でできている最近のボールはゴム製のころと比べると気温が低下した時の反発力は下がりにくくなっていますが5℃以下になるとさすがに飛ばなくなりますし、空気も一層密度が高くなります。

 

アゲインストが吹こうものなら相当ボールは飛ばなくなります。

 

なので、寒い日のプレーではいつもより1~2クラブ長い番手で手前から転がしていくようにプレーしましょう。

 

番手を落とさず無理に強く振るとスイングを崩す要因にもなりますしショットの精度もダウンしやすくなります。

 

飛ばなくなることと、グラウンド状態も荒れていることでスコアも数打悪くなるという想定の元プレーすると無理をせず結果的に好スコアにつながると思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら