ドライバーで球がドロップする人はバランスを軽くしてみましょう

ウッド、ユーティリティの低スピン化が進みクラブのチューニングの選択肢もかなり拡がってきています。

 

以前はバランスを軽くするとスピン量が多くなってしまい、ヘッドスピードが上がって初速が速くなっても飛距離がダウンしてしまいました。

低スピン化が進んだことによりスピンが少なすぎて飛距離をロスしている人はバランスを大幅に軽くしてヘッドの加速度を上げる事で適正なスピン量になり飛距離がアップするパターンが出てきています。

 

持ち球がドローの人はこの方法を試してみる価値があると思います。

 

バランスを下げる為には軽いヘッドの交換するかクラブ長を短くする、重りを軽いものに変更するなどの方法があります。

 

バランスを軽くする際は0.5~1フレックス軟らかくしたり、軽量グリップに変更したりすることでスイング中にヘッドの重みが消えてしまうことを防止できます。

 

また、これは少し違った効果になるかもしれませんが、グリップを巻く前にグリップの装着部に鉛テープを貼ったり重いグリップに変えたりすることでもバランスが下がります。

 

シニア用や女性用はすでにこの方法がとられているクラブも多くありますが、ヘッドスピードが速い人にとっても有効になってきましたので、バランスを軽くすることでヘッドスピードが上げられそうな人は試してみる価値ありです。

 

クラブを短くしてバランスを軽くするとヘッドスピードが上がる人は短く、長くしてバランスを重くしてもヘッドスピードが落ちない人は長くすると飛距離アップにつながります。

左ひじが曲がってしまうスイングは肩甲骨の動きに問題があります

プロとアマチュアのスイングの違いの1つとして左ひじが曲がることが挙げられます。

 

必ずしも伸びていなければならないものでもありませんが、曲がり過ぎるのは良くありません。

 

1つ実験をしてみましょう。

 

クラブを持たずにアドレスの姿勢をとり、左手を左肩の真下、右手を右肩の真下にして両肩を結んだ線、両指先を結んだ線、左手、右手で長方形を作り構えます。

 

肩はアドレスの位置を保ち自分から見て右に(バックスイングの方向)左右の腕を伸ばしたまま腕が水平になるまで動かして止めます。

 

すると、左右の指先が肩幅分離れているはずで、この動きが肘が曲がり過ぎるスイングのなります。

 

さきほどの肩幅分左右の手が離れたトップから右肩甲骨を背骨まで寄せ、左肩甲骨を背骨から離します。

すると左右の手の長さが揃うはずで、左手の方が遠くなるとコックが深いトップになります。

 

この肩甲骨の動きがプロとアマチュア大きな違いの1つでもあります。

 

テークバックやフォロースルーで肘が引けるなと思っている人は肩甲骨の動きを見直してみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

 

 

 

 

間もなく芝生の休眠期に入ります

間もなくといっても数週間以上の話ですが、休眠期に入ると芝生の上に浮いたライからプレーする機会が少なくなっていきます。

 

 右のボールの方が浮いているはずです

 

 

スイング軌道ががインサイドアウトの人にとってティショット以外は打ちにくいライから打つことになります。

 

インサイドアウト軌道の人はヘッドの最下点が右になりますのでボールの位置をやや右にして低めのドローボールを打って行った方がいいでしょう。

 

セカンド以降はヘッドの最下点が左になるダウンブローの方が有利になっていきます。

 

そこで、冬場はフェードボール、夏場はドローボールの練習のつもりでラウンドするのが1つの方法です。

 

すると、年々フェードとドローの打ち分け技術が上がって行くと思います。

 

あくまでも一つの方法というだけですので、軽いドローの人はそれほど気にしなくてもいいですが、極端なインサイドアウトの人は冬場のプレーが難しくなってしまいますのでぜひ挑戦していただきたいと思います。

スピードゴルフ挑戦してみませんか?

自動代替テキストはありません。

上はスピードゴルフ選手権なる世界的大会の日本版の成績表です。

 

以前にもご紹介しましたが、使用クラブは7本で一人で18ホールをプレーしてスコアとラウンド時間の合計がその人の成績となります。

 

ピンは抜かずにパッティングをしてひたすら走ります。

 

ロストボールをしたら大幅にタイムもスコアもロスしますのでゴルフとラン両方の実力が求められます。

 

走りに自信がある方ぜひ挑戦してみて下さい。

ドロップボールでお困りの方、増えています

ドライバーの低スピン化に伴い、球がドロップして距離が出ないというケースが多くなっています。

 

ちなみにドロップボールはスピン量が少な過ぎることと同義です。

 

ドロップボールになってしまう原因は打ち方とクラブ、ボールにありますが今回はクラブにスポットを当てみようと思います。

 

フェースのセンターに当たると最も初速が速くなりボールのバックスピン量が最適になるクラブが飛ばすことにかけては理想的なクラブといえます。

 

ただしこの場合、フェースのセンターより上に当った場合ギア効果によって最適スピン量よりもスピン量が減り過ぎて初速も落ちる結果飛距離が大幅に落ちてしまうことがあります。

 

 

平均的に飛距離を望むならフェースのセンターに当たった場合に少しスピン量が多いものか、高初速エリアの広いドライバーをチョイスするといいでしょう。

 

 

最高飛距離を望むならフェースの上寄りに当たってドロップしてしまうことに関しては目をつぶるしかないでしょう。

 

以前のドライバーはフェースの上寄りに当たった場合に初速が多少落ちてもスピン量が適正になる分飛距離が出ることが多かったのですが、最近のドライバーでは飛距離が落ちてしまうケースが増えていますので、ドライバー購入の際は必ず試打をして、打点と距離の変化についても把握しておきましょう。

スイングのスライスやトップの要素を-(マイナス)、ダフリやフックの要素を+(プラス)、ストレート、レベルブローを0(ゼロ)としたときに、良いスイングは0の要素が積み重なったもので、-と+で相殺されて組み合わさったストレートはもろく崩れやすいスイングといえます。

ゴルフを始めたばかりの人は多くの場合スライスの要素が多いスイングとなりスライスボールが多く出る結果となります。

 

ここから始まるので、手や手首を返したり、早くコックをほどいたりする+のことを練習しようとしてしまいます。

 

一時的にはスライスが収まりますが、やがて付け足したプラスの要素が大きくなっていきフックで悩むことになります。

 

こうしたやり過ぎなスイング改造が将来ご自分にのしかかってきてしまいます。

 

早く良いスイングを習得するにはゴルフを始める時にプロに教わるのが早道といわれるのはこういう理由になります。

 

初心者ならば0の要素を積み重ねて行けばいいので教える側としてはシンプルな0の要素を積み重ねて行けばよく、将棋でいえばコマの動きと初手からの定石を幾つか教え、実戦では詰将棋の基礎を教えれば、あとは自分で工夫し早く成長していくことでしょう。

 

それに対して+要素とマイナス要素が入り混じったベテランプレーヤーには囲いの内陣系での乱打戦をしのぎながら定石を少しずつ教えて行かなければなりません。

 

時にはプロが経験したことの無い局面にも突き当たります。

 

お心当たりの方は手遅れになる前にプロのレッスンを受けて少しずつ長い目でスイングを改善していくことをおススメします。

 

 

大幅ルール改正の行く末は?

ゴルフプレーヤーの裾野を拡げる目的で2019年から大幅にルール改正がなされる予定です。

 

現在はプレーヤーからのルールに対する考え方等をR&Aがインタビューしていてかなり柔軟な姿勢で改正に臨んでいます。

 

大元の考え方としてプレーヤーはインチキはしないという紳士協定を前提としたルールに改正されるようです。

 

大きな変更内容の1つでReady golfという従来の遠球先打、つまりティショットを打ったらホールに遠い人から順に打つという打順の規定が準備ができた人から順に打つというプレーの進行を早くしよう目的のものがあります。

 

風の強い時は同伴者の打球を見て参考にしてから打てると有利になりますがそんな時にわざとゆっくり準備して同伴者に打たせようと考える人が多いとかえってプレーの遅延につながってしまう可能性がありますので、もしこのルールが施行されたら最初は戸惑いそうです。

 

紳士協定の元行われれば理想的ですが悪用する人が必ず出てくるようにも思われますし、移動がゆっくりなお年寄りが若い人に置いてきぼりになってしまうこともあるかもしれません。

 

私としては素晴らしい考え方であると思いますが、悪用したもの勝ちにならないことを望みます。

弾道計測の際の数値の単位を言えますか?

ゴルフボールの飛距離を決めるのはボールの打出し角度、打ち出し初速、スピン量ですが、インパクト直後のボールを計測して3つの要素を数値化することが弾道測定の基本になります。

 

打出し角度は高さと左右方向に分けられ、高さ10°、右4度°というように数値化されます。

 

これは身近な単位なので分かり易いですね。

 

打出し初速は40m/s、つまり40m毎秒ということで、クラブヘッドが1秒で40m進むことを表します。

 

ちなみに40m/sは時速に換算すると0.04キロメートル×3600秒で144㎞/hで50m/sは180㎞/h、60m/sは216㎞/h、70m/sは252㎞/hとなり、毎秒10mにつき36㎞/h速度が変化します。

 

スピン量は2400cpmと毎分何回転するかで表現され、2400回転なら毎秒40回転、1回転するのに0.025秒かかるということです。

 

このように毎秒なのか毎分なのかややこしいですが、単位は分からなくても数字だけで判断すればいいので問題はありません。

 

他にミート率という言葉は皆さんご存知だと思います。

 

これは上記の打出し初速÷ヘッドスピードの数値で、ヘッドスピードに対してどのくらいの初速になったかということです。

 

当然打出し初速が速いほど効率のいいインパクトであったといえます。

 

この弾道測定、量販店に行って店員に頼めば計測してくれますし、解析もしてくれますからこれらの数字に慣れておくといいでしょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

寒暖差にご用心

 

気象庁から梅雨明け宣言が発表されるんじゃないかと錯覚するような真夏日になりました。

 

この寒暖差と強い低気圧で体調をくずされる方が多いのではないかと思われますので体温管理にご留意ください。

 

 

涼しい日が続いていましたので、ゴルフの際はドリンクの準備を忘れずにお願いします。

 

 

GSIゴルフジムでは体感レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

目玉からのバンカーショットの脱出を簡単にするには

 

 

バンカー用の砂は値が張るので経営の厳しいゴルフ場バンカーに砂を入れることが出来ませんが、余裕のあるゴルフ場はたっぷりと砂が入りフカフカしている傾向があります。

 

そんなゴルフ場でショートアイアンでグリーンを狙いバンカーのアゴに落ちたら目玉になってしまいます。

こんな時の打ち方ですが、考えることは以下にボールの下にヘッドを入れていくかで、方法は2通りです。

1つは特に高く打ち出す必要がない場合は上の写真のようにシャフト軸を反時計回りに45°かそれ以上回しフェースを被せてグリップしフェースが左に向いた分だけ右へ向いて構え、向いた方向にスイングします。

 

フェースを被せると楽にボールの下までヘッドを入れることが出来ますので女性には特におすすめです。

 

高さが必要な場合はフェースは通常通り開き、腰を低くして極端なハンドダウンにしてトーを大きく浮かせてネックとソールの角に当たる部分を砂の中に突き刺すようにインパクトします。

 

こちらは少し力が必要になります。

 

どちらにしてもボールにスピンがかからないのでランがかなり多くなりますのでその分を計算して適正なヘッドスピードを見つけて下さい。

 

それには何度か打ってみないと見当がつかないのでバンカー練習場で実際に練習しておきましょう。

 

フェースを極端に被せたり極端にハンドダウンにしてスイングすることは特別に難しくはありませんが反復練習をして慣れておく必要はあります。