風への対応

「ゴルフ 風」の画像検索結果こんなに吹くことはないでしょうが・・・・

 

ゴルフは自然との闘いといわれます。

 

風がそれほど吹いていない時は無視することもありですが、少し強く吹くと神経質になって必要以上に風の影響を強く感じてしまったり、風のことを忘れてバンカーへわずかに流されてしまったりすることもあるかもしれません。

 

風への対策としては普段からプレショットルーティンの中に風を見る仕草を入れておくことです。

 

これにより風のことを考えることを忘れてしまったなどのミスが予防できます。

 

出来たら、風の影響を受けにくい球tお風を利用する球を打ててたら風の中のゴルフで計算がしやすく楽にゲームを運べます。

向かい風、横風の影響を受けにくい球は低いだけでなくスピン量が少ない球。

 

これが打てるだけで風の中でもスコアメイクがやさしくなります。

 

こういった球を打つには番手を上げて軽く打つだけでOK。

 

ドライバーの場合は最近のドライバーであればスピンがかかりにくいものになっているので普通に打つだけでも大丈夫です。

 

ただし、大きくスライスすることが多い人は少しでもスライスの度合いを少なく、出来ればフック気味のボールが打てないと風の日は苦しいでしょう。

 

そんな時はいつもよりフェースを左に向けてグリップして左へ引っかかる球を打つなどの対策をしたらいいと思います。

 

強風の場合は球だけでなく体やスイング中のクラブも影響を受けます。

 

こうなるとスイングも影響を受けないようにコンパクトなトップスイングにして打つなどの対策も必要かもしれません。

 

グリーンをこぼす時には向かい風のアプローチが残るように、パッティングのラインも風の影響を加味する必要も出てきます。

 

風が吹くほどゴルフの技術が問われます。

 

色々な風に対応できるようにスイングやマネジメントを磨いていってください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しております。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再ドロップ時の注意点

ゴルフをプレー中に救済を受けてドロップをしたときに最初に落ちた地点から2クラブレングス以上転がってボールが止まった場合には罰なしに再ドロップしなければならないというルールがあります。

 

2クラブレングスというと45インチのドライバーが約115cmなので、2.3m以上転がった場合には再ドロップしなさいということなのですが、言い換えると2.3m以内ならそのままプレーしなければなりません。

 

にもかかわらず、結構転がったからもう一回と2.3m以内にもかかわらず再ドロップをするとインプレーの球を触って動かしたことになってしまいますので、再ドロップをする前に2クラブレングスを測って確認する習慣をつけておくといいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

‘バックスイングで左肩を下げるな」を正しく理解しましょう

「バックスイングで左肩を下げるな」「ダウンスイングで右肩を下げるな」ゴルフスイングを教える、教わる場でよく言われている事だと思います。

 

これらの意味は、軸が左右に倒れてしまうことを戒めるもので、例えばバックスイングで上半身が左に倒れると左肩が下がることになるので、軸を左に倒すなという代わりに左肩を下げるなといっていると考えて下さい。

 

アドレスで上半身はボール側に傾いているので、これに従ってスムースに上半身が回転すると左肩は下がって、右肩は上がるはずです。

 

なので、本来はバックスイングではボール側に傾いた軸をキープして左肩を下に下げるべきものです。

 

言葉の勘違いでスイングがおかしなことになっているアマチュアゴルファーはとても多いと思います。

 

こういった事は周りにいる上級者やゴルフレッスンで質問して疑問は常に解消しておきましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講者を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

ゴルフは切り替えのスポーツです

ゴルフは止まっている球を自分の間合いで打ち、どれだけターゲットに近づけられるかの競技ということが出来ます。

 

1番ホール1打目を打ったら2打目地点へ移動して2打目を打ち2打目を打ったら3打目地点へ移動して・・・・・18番ホールへカップインさせたらプレー完了となります。

 

目の前のショットに集中してショットを打ったら頭をリセットして次打地点へ移動して次の一打も同様にこなしていけばいいだけのゲームです。

 

ところがホールを重ねるごとにあの時の2打が無ければ、さっきのショットをもっとこういう風にしていればという考えが目の前の1打を打つ時によぎってしまいミスショットを量産する羽目に陥りやすいゲーム性になっています。

 

大事なのは目の前の1打の具体的な自分ができることに集中し、打ち終えたら頭をリセットしてリラックスをすることです。

 

ラウンドはこのプロセスを意識的にこなす訓練をする場であることを必ず念頭に置くようにして下さい。

プレー中、雷に遭遇したら早急に避難しましょう

今日は和歌山県で観測史上最高の大雨が観測されたようです。

 

もしこんな時にゴルフをプレーしていたら、プレーを中断することがあるかもしれません。

 

そんなときのプレー代の話ですが、スタートしたらプレーフィー満額を払う、3ホールプレー完了したら9ホール分のプレー代が発生、残りホール分を割引、個人の判断で中断の場合はプレー代満額が発生、などゴルフ場によって様々に約款があります。

 

せっかくのゴルフですからプレー困難な天候の場合自主的に中断して、天候の回復が見込めなければ中止、プレー代は泣く泣く支払うというのが私の個人的な考えです。

 

話のネタに強引にプレー続行、プレー代がもったいないのでプレー続行、プレーが上手く行かないのでつまらないからやめる、考え方はいろいろでしょう。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ただし、雷の場合はゴルフ場側が中断を決定する前に自身の判断で早急に避難小屋、乗用カート、クラブハウスへ避難して頂きたいと思います。

 

過去にゴルフのプレー中の落雷事故で大やけどを負ったり、命を落としたケースが多くあります。

 

たかが趣味のゴルフで命を危険にさらす必要はないと思いますがゴルフで死ぬなら本望という人もいますかね・・・・・。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講者を募集しております。

⇒体験レッスンはこちら

松山選手、全米オープン2位で世界ランキングも2位

 

全米オープンゴルフ最終日の松山選手の追い上げは見事でした。

 

優勝にはあと一歩届きませんでしたが、世界ランキング上位陣が相次いで脱落していく中意地を見せた格好になりました。

 

そしていよいよ世界ランキング2位へと上がってきました。

 

今シーズン残りのメジャー競技は2つ、今回のようにパッティングさえ決まればまた優勝争いを見せてくれると思います。

順位 前週 選手名 試合数 平均ポイント
1 D.ジョンソン USA 46 12.5343
2 ↑2 松山英樹 JPN 52 8.1036
3 ↓1 R.マキロイ GBR 40 7.7776
4 ↓1 J.デイ AUS 40 7.4827
5 ↑2 S.ガルシア ESP 43 6.9549
6 ↓1 J.スピース USA 50 6.8687
7 ↓1 H.ステンソン SWE 47 6.7885
8 A.ノレン SWE 40 6.3099
9 R.ファウラー USA 50 5.7802
10 ↑12 B.ケプカ USA 52 5.5632

インテンショナルスライスとフックの打ち方注意点

クラブの構造上フェースを開いて構えてスイングするとフェースが返りやすく、閉じて構えてスイングすると開きやすくなります。

 

このために、オーソドックスな左を向いてフェースを開いてインテンショナルスライスを打とうとするとフェースが返ってしまい左に真っ直ぐ飛んでしまったり、フックなら右に真っ直ぐ飛んで行ってしまうというようなことが起こりやすくなります。

 

なのでスライスを打つ時はフォローでフェースを開くように、フックを打つ時は閉じるように振った方が成功の確率が高くなります。

 

確実に大きく曲げたい時のショットは以上のことを理解して対処してみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンを随時募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

高原ゴルフの飛距離について

標高の高いゴルフ場でプレーすると低い所と比べて気圧が下がることで空気抵抗が少なくなるので飛距離が伸びるといわれます。

 

空気抵抗が少なくなる条件は高湿度、高気温、低気圧、フォローの風が主な条件になります。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

高原ゴルフはこのうちの低気圧により空気抵抗が少なくなるわけですが、こう考えると赤道に近い高原のゴルフ場に行くとかなり飛距離が伸びそうです。

 

高湿度だと空気抵抗はわずかに少なくなるのでキャリーが若干伸びますがフェアウェイが湿ってランが減る事の方が受ける影響が大きく結果的には飛距離減になりそうな気がします。

 

また、空気抵抗が少ない条件だとショットのスピン量が多いほど飛距離アップになりやすく、少ないほど飛距離が伸びにくくなってしまいますので、ドライバーのスピン量が多い人ほど高原でのゴルフは楽に感じるでしょう。

 

なので、ショートアイアンについてはほとんどの人が飛距離がアップして、長い番手ほど飛距離アップの幅が小さくなります。

 

このように、ショートアイアンがはっきりと普段よりも飛距離が出るので標高の低いゴルフ場で8番アイアンでセカンドショットがグリーンに届くホールと同じレイアウトのホールがあるとしたらドライバーが5ydくらい飛んで残り距離が5ヤード減った分とショートアイアンのはっきりとした飛距離アップでPWくらいでセカンドが打てるでしょうから2クラブも短いクラブでセカンドを打てることでドライバーがすごく飛ぶという錯覚になります。

 

ということで、高原のゴルフ場ではスピン量の多い人ほどドライバーの飛距離がすごく伸びる、短い番手は誰でもスピン量が多いので飛距離が伸びるということを知っておくといいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスン受講生を募集しています。

 ⇒体験レッスンはこちら

 

 

全米オープンゴルフが始まります

日本人としては松山英樹選手の動向が気になるところだと思います。

 

英ブックメーカーの予想オッズは松山選手の評価は低めです。

 

ウィリアムヒルの松山はお得かもしれません。

 

世界ランキング      William Hill Ladbrokes Coral Eurobet
1 ダスティンジョンソン 9.00 7.00 7.00
2 ロリーマキロイ 13.00 12.00 12.00
3 ジェイソンデイ 15.00 14.00 14.00
4 松山英樹 36.00 33.00 33.00
5 ジョーダンスピース 17.00 16.00 14.00
6 ヘンリックステンソン 34.00 33.00 33.00
7 セルヒオガルシア 23.00 25.00 25.00