きつい前上がりの傾斜は確実に番手をあげましょう

ゴルフ場には様々な傾斜がありますが前上がり(つま先あがり)の傾斜が強くなると、飛距離を出すのが大変難しくなります。

 

この傾斜は他の傾斜に比べて一つ明らかに違う点があります。それはスイングのトップからインパクトまでのグリップやクラブへッドの落下する距離が明らかに短くなってしまうためです。

 

その為他の傾斜に比べるとヘッドスピードが出せなくなります。他の傾斜地でも飛距離が出せない状況はありますがクラブのインパクトロフトの増減やスピン量の関係で飛ばなくなるケースがありますがヘッドスピードは前上がり(つま先あがり)の傾斜が強い場合よりも落とさずにスイングが出来ます。

 

自分の経験からですがアドレス時の体とボール位置の関係を水平面で見た時に膝の高さ位でしたらさほどヘッドスピードは落ちませんでしたが、おなかの高さあたりからヘッドスピードが明らかに落ちてしまいました。

 

皆さんも機会があればヘッドスピード計でどのくらいの位置からヘッドスピードが落ちてくるか確認されてみてはいかがでしょうか?

 

 

バンカーは綺麗にならしましょう

20151012_blog_shinnosuke_02-600x450yjimagePQT2E042bunker04

ガードバンカーからのショット自体はそう難しいものではありません。

 

しかし、打ち方の問題がある場合はとても難しく無間地獄の様に感じる人もいるでしょう。

 

技術的な事は仕方がないかもしれませんが、上の写真のように悪いライからは話が別です。

 

ライによってはピンに寄せることが不可能なライになってしまうこともあります。

 

ゴルフの経験が浅い人ほど写真の様なライでも気にならない傾向があります。

 

バンカーからは寄せワンが十分に狙える人にとっては写真の様なライになると緊急事態となります。

 

数ミリのボールの浮き沈みの差でも対処の仕方が変わるからです。

 

もし写真の様なライから打つとしたら球を止めることが難しくなることや相当な量の砂を取らなければならないため、かなり当てずっぽうな対処になってしまうので、狙い通りにピッタリと寄せることが出来ません。

 

これがよくわかっている上級者はバンカーを綺麗にならします。

 

分からない人は足あとは消しますが、ならした跡がデコボコだったり、ならさない人もいます。

 

初心者の人とプレーする場合に経験者は、ただならすだけでなく、均一にならす事を教えてあげましょう。

 

足あとでもライが良くても上手く行かない人にとっては大した問題とは理解できませんから経験者が責任を持って教えてあげて欲しいものです。

 

エチケット・マナーを守って楽しくプレーして下さい。

ゴルフ場の敷地が広いとOBが多くなる!?

img-course_layoutlayout

上の2つコースレイアウトを比べると同じ18Hでも敷地のすべてを隙間なく有効に使うとコースの外周のみがOBになります。

 

また余裕を持って作るとコース内にOBゾーンが多くなります。

 

広大な敷地に余裕を持ってホールの配置をすると結果的にOBが多くなる可能性があり、難しくなりますというどうでもいい無駄知識でした。

会社のデスクでもゴルフ気分が味わえます。

デスクワークに疲れた時など一息入れたい時にいかがでしょうか?

 

椅子に座ったままでミニパターゲームができる商品です。

 

シュールな感じが個人的には好きです。

 

golfsets_004

商品の説明などはこちらからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://item.rakuten.co.jp/smile-int/4571378564310/

 

飛距離アップとスピン量

119399

上表はGDOのS吉君のゴルフ研究の記事のデータです。

 

スマホだと見にくいかもしれません。

 

ボールの飛距離の3大要素はボールの初速、打ち出し角、スピン量で、スピン量とは1分間にボールが何回転するかという数値です。

 

ボールは打出し角が16°で毎分1600~1800回転が最も飛ぶと言われています。

 

この表を見ると同じ初速と打ち出し角であればスピン量の変化で10ヤードないしはそれ以上の飛距離差になるようです。

 

10ヤード余計に飛ばすにはヘッドスピードを2m上げる必要があります。

 

もちろん打ち方が重要ですが、ドライバーのスピン量が毎分3000回転くらいの人であればクラブを変えて弾道を変える事で10ヤードくらいの飛距離アップが可能になります。

 

また、クラブを軽くしたり、長くしたり、より高反発のヘッドを採用することでボール初速を上げるとさらに飛距離を伸ばすことが出来ます。

 

ということで、飛距離アップを望む場合はボールの初速を速くすることと、適正な弾道にするために何をどうすればいいかを工夫すればよいということです。

 

 

 

 

自分のプレーペースについて

歩くリズムが人それぞれ違うように、ゴルフのプレーにもそれぞれペースがあります。

 

このプレーのペースというのは、メンタルを整えるためにも重要なポイントであると考えられます。

 

過去の個人的な経験や同伴プレーヤーの観察などから申しますと特に良くないメンタル状態としてイライラする事と焦る事であると感じます。

 

例としましては、プレーが特に早い方は同伴競技者にプレーの遅い方がいるとイライラしてしまうケースが、次に自分のプレーは遅くないのに遅いプレーヤーがいるために時間短縮を考え自分のプレーペースををいつもよりも早めてしまうケース、また上記のプレーが早い方と一緒になったためにその方に気を使ってプレーを早めてしまう、または前の組や後続組との間隔を考えすぎてしまう(とても大切な事ですが、極端に早いペースの組などが前後にいた場合には、間隔よりも自分の組のプレー時間が適正かを気にしましょう。)といったケースが代表的なところでしょうか。(周囲に気を使いすぎる方は特に自分のペースが崩れやすい)

 

自分の経験上ではプレーの遅いプレーヤーで周りのプレーヤーがどう思おうと気にしないタイプが1番スコアを崩しにくいタイプではないかと思います。

 

しかしスロープレーは周囲に迷惑がかかりますので、まずは周りから遅いとクレームのこないプレーペースを身に着ける必要があります。

 

その上でラウンド中にはイライラしない、焦らないという方法を自分なりに見つけていただければスコアの波は穏やかになると思います。

 

 

あなたのドライバー適正ロフトはどのくらい!?

38318f0868fc5f44531a3f1dc62eb1d2

上表はゴルフクラブ数値.COMさんで公開されているヘッドスピードとドライバーのリアルロフト別の数値の比較です。

 

キャリーの飛距離の比較ですので、ランを含めての飛距離ではありません。

 

ヘッドスピードが遅いほどロフト角が大きい方がキャリーが出ることが読み取れます。

 

特にヘッドスピード31m/s以下の場合はかなり大きいロフトのものを選んだ方がいいようですが、一番キャリーが出るロフトのものと、トータルの距離が出るものを2本体制でセッティングするのもいいでしょう。

 

試打の出来るゴルフショップで計測してもらったり、貸しクラブや仲間のドライバーを試打したりして、自分に合ったものを選択するようにしましょう。

 

なお、モデルによって適正なロフトは変動しますから数値ばかりに気を取られないようにして下さい。

 

 

林間コースの風向きには要注意

ティーインググラウンドのすぐ右に林があって、右から風が吹いているとします。

 

するとティーインググラウンド上では左から右に風が吹きます。

 

この場合、全体の風向きは右からでも自分がいる位置は風が逆に吹きますが、ボールは全体の風向きに影響されて左に流されます。

 

自分がいる位置だけの風向きだけでなく全体の風向きを常に把握するようにするといいでしょう。

 

木の高い林間コースで風が強い時の左右からの風は低空と上空の風向きが違うことが多いので、木の揺れや水面のなびき方、旗の振れ方などを注意深く観察して、正確な風向きを把握しましょう。

クラブのヒールを浮かせた場合はフェイスをかぶせましょう

先日お客様からアプローチの時にザックリしにくいようにヒールを浮かせて打ってみたところ、球が右に行ってしまうとの質問がありました。

 

これはライ角が変わった関係によるもので、クラブのソール面が地面にピッタリついた場合にフェイスが真っ直ぐであるとしたらヒールが浮いたらフェイスは右に向き、トゥが浮いたらフェイスは左に向きます。

 

このような感じです。↓↓↓

 

image1

 

この状態でシャフト軸を反時計回りに回転させてフェイスを被せていくとフェイスはターゲットラインにスクエアになります。

 

こんな感じです。↓↓↓

 

u

 

今の時期は芝生が無くてザックリが出やすいので、グリーン周りのアプローチでは上記のようにクラブを吊って構えて打つ事もザックリ予防のかなり役に立つテクニックになると思います。

 

試したことの無い方がいらっしゃいましたらぜひトライしてみてください。

 

 

仕事の前日のゴルフはカート乗り入れ可能なコースでプレーするといいかもしれません

最近はアメリカ資本の会社が日本のゴルフ場を買収して経営にも携わっている関係で、カートをフェアウェイまで乗り入れる事を許しているコースが増えてきました。

576a3b01

通年で温暖な気候のゴルフ場の芝は、1年中芝生が成長し続けるのでカートによるダメージもすぐに回復しますのでカートをフェアウェイまで乗り入れてもあまり芝生が傷みません。

 

しかし、四季のある日本の場合、寒い時期の芝生が黄色っぽくなっている間は芝生の成長が止まっていますから傷んだ芝生は回復しませんし雨も多いのでフェアウェイに乗り入れることが出来るコースはほとんどありませんでした。

 

それでも深刻なダメージを負う事はあまりないでしょうから、フェアウェイへのカート乗り入れを許可することで他のゴルフ場との差別化を図ろうとするゴルフ場が多くなってきています。

 

プレーも早くなり体も楽ですから翌日に仕事が入っている時にはあまり疲れないようにカートの乗り入れが出来るゴルフ場でのプレーをチョイスするといいかもしれません。

yjimageXAZTF80V

一方、競技志望や健康志向の方は歩いてプレーをするゴルフ場を選ぶといいでしょうし、自分のゴルフスタイルによってプレーの型式でプレーするコースを選ぶことも自分なりのゴルフを楽しむための一環になると思います。