インパクトはアドレスの再現!?

インパクトはアドレスの再現という格言があります。

 

これを伝え聞いてインパクトの体勢が本当にアドレスの姿勢と同じになっている人がいますが、アドレスを再現するのはクラブだけだと思って下さい。

 

上手な人のインパクトは、おおむねアドレスの位置にクラブが戻って、腰はやや左に向いて右肘はアドレスより曲がった体勢になっています。

 

アドレスでの体とクラブのセットは打ちたい球筋によって変わり、構えた位置に戻せば思い通りの球筋が打てるというようになっていればとても簡単です。

 

また初心者の方でもヘッドはおおむねアドレス位置に戻せますが、グリップが構えた位置と大きくずれている事が多いと思いますが、ヘッドよりもグリップをインパクトの時にアドレスの位置に戻しましょう。と、言うのがこの格言の本質ではないかと思います。

 

 

 

 

 

横風対策

本日は横風についてです。

 

ゴルフでは、ティインググラウンドではティマーカーの範囲内で自由にボールの位置を選べます。セカンドショット以降はボールを動かせません。

 

ティイングウラウンドでボールの位置を自由に選べるという事は、風による影響の度合いを変える事が出来るという事が言えます。

 

例として左から風が吹いているとします。この状況ではティインググラウンドの左端が最も風上になりティインググラウンドの右端が最も風下という事になります。

 

飛距離で考えた場合に風上にあたる左端から右側の方向にボールを打つ事が最も飛距離を稼げる事になり、反対に最も風下にあたる右端から左側の方向にボールを打つ事が最も飛距離をロスする事になります。

 

風に乗せてボールを遠くへ飛ばしたり、風にぶつけて飛距離を落としたり、ボールを止めるような攻め方が出来れば高次元のゴルフが展開できるようになります。

レイアップ

レイアップ=いわゆる刻みショットです。自分の飛距離を抑えて障害物の手前で止めたり、得意な残り距離に調整したりすることをレイアップをすると言います。

 

男性アマチュアの方の飛距離がギアの進化に伴い伸びてきていると思います。

 

すると、昔のゴルファーなら届かなかったバンカーや池に届いてしまうケースが増えてきています。

 

そんな時に池やバンカーの手前に止める狙いは戦略的なレイアップと言えますので池越えが50パーセントくらいの確率で失敗しそうなら池の手前にレイアップするというのは立派な戦略ですので大いに推奨したいと思います。

 

ただ、大した障害物がない状態でドライバーが苦手なのでレイアップするというのは一考が必要です。ドライバーがかなりの高確率でミスするとしたら仕方ありません。が、もう少し確率が高いのであれば挑戦することは上達のために必要なチャレンジだと思いますので、無理がかからない範囲で挑戦して行った方がいいと思います。

 

技術が高くなるか飛距離が伸びたりするほどレイアップが必要無い状況が増えていきます。逆にレイアップが必要になる事も増えていきます。

 

自分の今の技術だとレイアップすべきかチャレンジしてもいいのかの判断が出来るようにしておきましょう。

 

 

左足上がりのガードバンカー

左足上がりのバンカーを苦手にしている方へのアドバイスです。

 

 

平地のバンカーとの違いで考えた場合、斜面なりに振るとクラブのロフトが増えるので距離が出ません。

 

斜面に逆らって打つ場合に、斜面に平行に振る場合よりも砂を多く取りすぎて距離が出ない事が考えられます。

 

以上の2点の理由から左足上がりのバンカーからエクスプロージョンショットで距離をだすのが難しいという事になります。

 

距離を出すにはロフトの少ないクラブを使すると良いと思います。左足上がりの状況ではロフトが増えますので斜面なりに立ってPWや9アイアンなどで打ってみてはいかがでしょうか。

ワッグルの活用

先日、アドレスからテークバックへの入り方にバラつきが見られる方がおられました。

毎回大きくバラつく訳では無いのですが、微妙な違いが発生するという具合です。

本人に確認すると、毎回どう上げようかと苦心しているとの事。

この方の場合、クラブ操作の基本的な事は出来ている状況だったので、打つ前の予備動作、いわゆる『ワッグル』について尋ねてみました。

すると、「あ、確かにプロとかが試合でやってる打つ前の動作ですよね・・・・・、でも何の為にやってるんですかね?」と逆に質問をされてしまいました(>_<)

ワッグルを辞書で調べると、「ショット前にクラブやクラブヘッドを軽く振る予備動作の事で、集中力や過度の緊張をほぐす為」というような記載がされてました。

確かにこの効能はあると思います。更には、歌う時の前奏のような効能もあるのではと私は感じてます。要は、いきなり歌い始めるのではなく、前奏でリズムやテンポを軽く頭や体に伝える事で、歌い始めをしやすくするという事です。

こんなやり取りの後、やりやすいワッグルを行うようになってからは、テークバックが楽に(ゴチョゴチョ考えずに)出来るようになったとかで、喜んでおられました。

この話の中で思い当たる事があれば、少し研究してみて下さい。ただし、長いワッグルは他人に迷惑ですから、短く洗練されたものにして下さいね(^_^)/~

 

 

不要になったゴルフクラブ

ゴルフを経験していくうちに、ゴルフクラブの所有本数が増えていき要らなくなったゴルフクラブがでてくるかもしれません。

 

不要になったゴルフクラブの処分ですが、燃えないゴミとして捨てる。粗大ごみとして捨てる。中古ゴルフショップで売る。または引き取ってもらう。ネットオークションで売る。などがあります。

 

上記のケースの中で、自らがお金を出して処分しなければいけないケースは粗大ごみとして捨てるケースです。

 

不要になったクラブの査定額などは、中古ショップで査定を受けたり、インターネットなどでもオークション相場などを調べる事ができます。

 

お世話になったクラブにお別れをする場合、ご自分の納得のいく処分をしましょう。

スコアの読み

プロのトーナメントで勝てる選手は優勝スコアの読みが上手く、コースコンディションを見て自分がどれくらいのスコアで回れるかを正しく判断が出来ます。

 

ただし、普通では考えられないような好スコアを出されてしまのは例外としていいでしょう。

 

アマチュアのゴルフでも、アベレージが100だとすると大体、半分ボギー半分ダボという内容になるわけですが、ダブルボギーが連発し続けてしまう事もあるでしょう。

 

自分の調子がいつもより悪いのなら仕方がありませんが、天気やコースのコンディションやコースの難易度が少しでも判断が出来れば、このコースでならダボペースでもしょうがないと考えて108以内にまとめてくる事が出来るでしょう。

 

しかし、ダボが続いてしまうのはなぜだろう?こんなはずじゃないと思ってしまうと、難しい状況で気づかずに無理をしてダボで抑えられずに大叩きになってしまいます、

 

キャリアを重ねて砲台グリーンでグリーンが固いとかなりスコアが悪くなるというようなことが判断できるなら、そういうコースで普段より叩いてしまっても、あせらずに自分なりの対処が出来て大叩きを予防する事が出来ます。

 

このような部分もゴルフの実力の一部になると思います。

 

 

当てに行く

ボールに当てにいく動きを強制するための練習法があります。

 

それはずばりボールを見ないで打つという方法です。

 

ボールをよく見ろという教えを金科玉条のように守り、実践している方には?と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

私は以前ボランティアで盲目の方のゴルフの大会のお手伝いをしたことがあります。

 

もちろん目が見えないので一人でアドレスを作ることはできませんが、パートナーとよばれる同行者がクラブフェイスをボールの後ろに正しくセットしてあげると素晴らしいスイングでナイスショットを連発する方がたくさんいます。

 

目が見えないことで、体の余計な動きが排除されシンプルで再現性の高いスイングが身につくのだと思います。

 

いきなり練習場で試したりするのは危険だと思いますのでアプローチくらいのスピードでぜひお試しいただければと思います。

シャフトのへたり

ゴルフクラブのシャフトは長く使い続けるとへたってしまうと言われます。スチールシャフトは確かにそうで金属疲労を起こし柔らかくなります。ショットに悪影響を及ぼすほどにへたりはしないでしょうが、番手によって性格の違うシャフトに変化してしまったりもするので、その前に交換しましょう。

 

ゴルフクラブは「5年一昔」、と、言われていて5年たつとクラブが進化していますから、そのくらいが買い替え時ですよ。ということです。

 

スチールシャフトでも、よほどの練習量でなければ5年くらいは問題なく使えるはずです。カーボンシャフトは基本的には使い続けていても性能の変化はほとんどないと言われています。

 

カーボンシャフトはカーボンシートを幾層にも重ねて巻かれて出来ていますのでその際に接着剤が使われていますので、しばらく使用するとシャフトのしなり部分の接着剤が柔らかく動くようになって少し軟らかくなる感じがするかもしれません。私もそう感じる事があるのですが、シャフトメーカーの人に言わせるとそんな事はありませんときっぱり言われますのでそう感じるだけなのかもしれません。

 

あとは、夏の高温時や冬の低温時にはスチールシャフトは柔らかくなると思います。熱によりわずかに柔らかくなり、体が良く動かせるのでよりしなりやすくなるのでしょう。対策としては寒い時期にヘッドに鉛を一枚貼っておき、暑い時期には剥がして使用して、また寒くなったら貼るようにすると1年を通じて使いやすい状態でクラブを使用できると思います。また、夏用はやや硬めで軽いシャフト、冬用は屋や重め柔らかめの物を2セット使いまわすのもいいと思います。

 

1年中同じクラブでもほとんど問題はないと思いますが、クラブに敏感な人は試してみるのもいいと思います。

メンタル

「ゴルフはメンタルのスポーツ」と、よく言われます。ミスしそう、スタートホールで大勢の人が自分を見ている、恥をかきたくない、池に入りそう、など様々な雑念が頭をよぎりやすく、その結果ミスショットになってしまう。

 

上記のような様々な雑念が自分にプレッシャーをかけてきます。これは、初心者でもプロでも雑念の内容は違えど、ゴルフをやる以上はプレッシャーと上手く付き合うべきであることは共通しています。

 

対策は、これから打つショットの為に自分にとって必要な事に雑念を忘れてしまうくらい集中する事です。

 

必要な事とは、ターゲット、スイングのチェックポイント、プレショットルーティンの手順などです。これに、雑念や恐怖の対象を忘れるくらい集中しましょう。集中したりないとスイング中に雑念がよぎり、ミスショットにつながってしまいます。

 

また、プレッシャーがかかっている状態は筋肉を硬直させます。これが練習場でリラックスして打っている時とは違う体やクラブの動きを変えてしまうので、固くなった状態でのスイングのチェックポイントを持っているかどうかがプレッシャーに強いということに繋がります。

 

プレッシャーに強い人とは追い詰められた状況でリラックスできる人ではなく、固くなった体で上手にボールを打てる人と考えるといいと思います。

 

ということで、必要な事に集中することと、体が固くなった時のスイングのチェックポイントを持つ事が好プレーにつながるポイントだと思います。