クラブの進化

昔のスチールシャフト、パーシモンヘッドン頃のクラブから現在のカーボンシャフト、チタンヘッドは具体的にどのような進化をしたのでしょうか?

 

ボールを高く打ち出す事が出来るようになり、更に飛距離が出るようになりました。

 

パーシモンドライバーは、370グラム以上の重さがあり長さは43インチでした。この少し前は42インチくらいの時代もありました。

 

現在のチタンヘッドドライバーは300グラム以下の重さで45.5インチほどの長さです。このためにスチールシャフトのドライバーと比べるとヘッドスピードが1割近くアップさせられるくらいの違いです。

 

ヘッドは木の塊から中空の金属ヘッドになり更に大型化した事でスイートスポットの広さが1円玉から500円玉くらいに広がったうえに反発係数も飛躍的にアップし、低重心化もなされ、ボールの初速が速くスピン量が減った事で劇的な飛距離アップがなされました。

 

パーシモンヘッドの頃のプロゴルファーはスピン量を減らす技術がないと戦えませんでしたが、そのための技術は現在では必要がありません。

 

他人とゴルフのスコアを競うにはみんなにとってゴルフが易しくなったのでいろいろと難しさがありますが、パーを取る事に於いては易しくなっています。

 

という事で40年前と比べると道具の進化によりドライバーの飛距離は1割近くアップしました。女子プロが当時の男子プロ並みの飛距離を出せるようになったわけです。

 

ゴルフクラブの製造に携わってきたみなさんご苦労様です。これからも更なる進化を期待しております。

周りのホールの観察

上の写真のように隣り合うホールを最初に通過する時は隣のホールをよく観察しましょう。

 

得られる情報としては、風向き、レイアウト、ピンの位置、ホール全体の傾斜、パッティングするところを見られるならボールの転がり方、など得られる情報はたくさんあります。

 

はじめてのコースならなおさらです。

 

ただし、まだボールを上手くヒット出来ない初級者の方は風向きをチェックしておくくらいにしておくといいでしょう。

 

情報過多になってしまったら元も子もありませんからね。

 

隣のホールに限らず周りのホールが見渡せる高い位置にあるホールで自分が欲しい情報を集める事がコースマネジメントにつながりますので、未消化ホールが観察できるときは注意して見るようにしましょう。

 

バンカー好き

バンカー好きの方に、チャレンジスピリットが掻き立てられる画像をご紹介させていただきます。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

 

津C.C

無題

 

ゴルフクラブ四条畷

img_2

 

 

高知黒潮C.C

 

 

87477_600400

 

オークヴィレッジG.C

 

oakv03

 

鹿島の杜G.C

0dda479092812f721a3321ca18722b94-1024x768

 

手強そうな景色ですね。

 

私自身も、オークヴィレッジさんの18番ホールのバンカーにお世話になりました。

 

ピンが左奥に切ってあると地獄絵図をみる事ができると思います・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールを拭ける時

グリーン上の乗ったボールをマークして拾い上げた時はボールを拭く事が出来ます。

 

同じようにボールが拭けるのは救済を受ける時などでルールに従ってボールを拾い上げる場合はボールを拭く事が出来ます。

 

ただし、例外として、他のプレーヤーのプレーの線上にボールがある時などに拾い上げた場合やボールの確認の為に泥の一部を拭き取る時プレーに適したボールかどうかを確認する時はボールを拭く事が出来ません。

天候の急変

すっかり暖かくなってきました。

 

 

ゴルフ日和が続いていますが、暖かくなればなるほどゲリラ豪雨などの被害の心配もでてきます。

 

 

特に、ゴルフコースにいくまでの道は、市街地にくらべると山があったり川があったりする事も多いと考えられます。

 

 

ゴルフ場までの経路を考え、なるべく山道はさける事や、河川が近くにあれば川から少し離れたルートを選択するなど十分な注意をされてください。

 

 

無題

 

 

imagesSJPLNWWR

 

 

 

imagesJ2U2L761

 

imagesNKN8IWM6

 

 

 

ドライバーの買い替え

過去に最も多く買い換えたクラブはどれかという問いの対して以下のような結果が出たそうです。

 

1120_6[1]

飛距離を出したいという気持ちと、1本だけの交換で済むことでドライバーという回答がダントツで、同じようにパターも1本だけで済むので多くなるのでしょうね。

 

フェアウェイウッドやアイアンはセットで交換しなければならない上に番手毎の距離を掴むのにも手間がかかるのでお手軽には変えにくいのだと思います。

 

ドライバーを買い替える場合のポイントは、

 

・シャフト重量をフェアウェイウッドより軽いか同じものにする

・シャフトのキックポイントや硬さはフェアウェイウッドと同じか近いもの

・試打をしてフェアウェイウッドやアイアンとミスの傾向が似ているもの

 

このあたりに気を付けておけば大きな失敗にはならないでしょう。

 

一番大事なのは試打をしてみて好印象のものを買う事です。

ゴルフシューズ

ゴルフシューズにも、5本指タイプが出てきています。

 

 

 

通常のゴルフシューズと比較した場合の利点を動画の中で説明されています。

 

 

 

当スクールの会員様で、実際にしようされている方に聞いたところ「すごく

良い」との事です。

 

 

 

その方の場合、外反母趾の影響で痛みを緩和する為に5本指のゴルフシューズを試したそうですが、ラウンドしていても痛みがほとんど出ないで快適だそうです。

 

 

ご興味のある方は5本指ゴルフシューズいかがでしょうか?

 

 

 

 

http://youtu.be/njCRdM1-QTA さんより↓↓

 

 

 

プレー時間

JGAのホームページでプレー時間についてのアンケートがありまして転載してみます。

 

+ プレーのペースについてのアンケートのお願い
[2014/10/13]

R&Aではプレーのペースに関する調査・研究の一環として、R&A管轄の各国にて一般ゴルファーを対象にしたアンケート調査(無記名)を実施することになりました。

下記のアンケートへのご協力をお願い申し上げます。
(質問は28問あり、5分~10分ほどですべて回答できます。)
プレーのペースのアンケート(日本語版)

(以下 R&Aウェブサイトから)
プレーのペースの調査
現在、ゴルフにおいて注目の話題のひとつはプレーのペースです。プレーのペースはプレーヤーの能力、振る舞い、プレーの慣行、コースの難易度、コースセットアップを含む多くの要因に影響されます。多くのコメンテーターは近年のゴルフは時間がかかり過ぎ、そうした長いラウンド時間が人々をゴルフから遠ざけており、何かしらの手段を講じなければならないと主張しています。逆に、別のコメンテーターたちはゴルフはプレーの速さを競うゲームではなく、誰もが急いでプレーしたいわけではないので、コースによっては4時間以下でプレーすることができない場合もあると言っています。

R&Aは世界中のゴルファーからこの問題について意見を聞きたいと思っており、本件についてアンケート調査を作成しました。あなたはゴルフをプレーするためにかかる時間に満足していますか?プレー時間が短縮されるとしたら、より楽しいと思い、より多くプレーするようになりますか?スロープレーの原因は何だと思いますか?プレーのペースを改善するために何ができると思いますか?

このアンケート調査への回答は5分ほどで終了できますし、技量に関係なくすべてのゴルファーから情報をいただくことを意図しています。結果はまとめられ、然るべきときに報告書が公開されることになります。

この調査へのご協力をお願いします。あなたのご意見は私たちにとって重要です。

アンケートにはこちら からご参加ください。

 

 

現在のハーフをプレーするための時間は2時間以内というのが多い基準になります。

 

しかし、バックティでの全長が6600ヤードほどだったころの基準時間です。

 

コースの難易度も上がってきました。

 

歩行でのプレーだけだったのが、現在は乗用カートでのプレーの機会が多くなっていますし、カート道のみの走行、フェアウェイ走行可などプレー方法も多くなりました。

 

真夏の深いラフで大雨の中の歩行でのプレーと、ラフが浅く快晴無風でカートでフェアウェイを走行してのプレーでは大きくプレー時間は変わってくると思います。

 

これからゴルファーの年齢も高齢化して行く中で、歩行でのプレーの時に、高齢者ばかりの組にハーフで2時間以内で回ってきなさいというのは少し無理があるでしょう。

 

色々なケースでのプレー時間の基準をR&Aが定めてくれることがあればとても良い事ではないかと思います。

 

 


偽物注意

ネットショッピングやネットオークションなどを利用されてゴルフクラブを購入される方も多いと思います。

 

 

 

安価でクラブを購入出来たり、パソコン一つで手間いらずなどのメリットがある反面、運悪く模倣品(ニセモノ)のクラブを手にしてしまうリスクも無いとはいえません。

 

 

 

模倣品対策として日本ゴルフ用品協会(JGGA)が、模倣品対策ラベル及び真贋判定用の専用フィルターを作成し、賛同した主要メーカーが多数取り入れています。

 

 

 

 

ラベルの画像です。↓↓

 

 

無題

 

無題

 

無題

 

 

 

 

上記のラベルを見た事があるという方も多数いると思います。

 

 

 

 

 

ラベルに関して詳しく知りたい方は、日本ゴルフ用品協会(JGGAさん)のホームページを是非ご覧ください。

 

logo1

http://www.jgga.or.jp/

 

 

ネットで購入される場合は、相手の方に直接質問をしたり、実績のある業者なのか?また過去に購入された方の評価などをしっかりと確認されて商品をご購入されると良いと思います。

 

 

ゴルフのプレー回数

某ネットリサーチのアンケート結果によるとゴルフ経験者の中でプレーの頻度が月に一度未満の人で約80%を占めているそうです。

 

月イチゴルファーはかなりラウンドを多くこなしてる事になるようで、ヘビーユーザーといってもいいくらいなのかもしれません。

 

という事は月イチ以上のペースでゴルフをしていると全ゴルファーのトップ20パーセントくらいに入れる可能性が非常に高いと言えそうです。