パターを替える

プレーヤーの中にはパターが調子悪い時に、別のパターに替えたり、パターは変えずに技術的な部分を見直してみたりとパター数を減らすためにいろいろな取り組み方の選択肢があるわけですが、パターを別の物に替える場合の意味や効果について考えてみたいと思います。

 

パターはゴルフのストロークの中で最もメンタルにより結果が左右されやすいショットと言えます。このメンタルをパターを替える事で上手く変化させるといい結果につなげられる事があります。

 

何ラウンドかパッティングが上手くいかない事が続いた時に、悪いパターンとしては復調したにもかかわらずパッティングに臨む瞬間に最近やってしまったミスパットのイメージが頭をかすめて結果的にミスを重ねてしまう事です。

 

このようなときにパターを別の物に変えてみましょう。すると新しいパターではまだミスパットを打った経験がないので悪いイメージが出る事を防げることになります。その上でパッティングに集中する事が出来れば結果はついてくるでしょう。これは1,2ラウンドしか効果が出ないかもしれませんがこの1,2ラウンドを上手くこなせば馴れているいつものパターがより打ちやすく感じて精神的には落ち着く事が出来ます。

 

メインで使うパターを調子が悪い時には使わなくしてメインのパターを見た時にいいイメージが浮かぶようにパターを使いまわす事も自分のパッティングを良い状態にキープするための一つの方法です。

 

濡れた状態に気をつける

濡れた状態は球の飛び方が変わるので注意しましょうというお話です。

大雨が降っている時などに、練習場で球を打つと仮定します。

その際にマットがずぶ濡れでボールも濡れ、クラブフェイスも濡れていたらクラブフェイスの上をボールがスリップした状態で球が飛んでいきます。

乾いている状態は、スピンがしっかり入るのでインテンショナルショットをコントロールしやすいのですが、濡れているとスピンがかからず思ったように曲げられない可能性が高まります。

個人的な意見ですが、スライスしやすくフックしにくい状態になると思います。

雨の中でゴルフをする時には、ボールやグローブ、クラブフェイスなどが極力濡れないように注意をし、球が滑る事を考慮に入れて保険をかけてターゲット設定を行うと良いのではないかと思います。

ショートゲームの重要性

ショートゲームの重要性を説くためによくいわれる言葉があります。

 

ある程度上手くなったらフルショットの回数は減らせないが、その後のストロークは縮められる。というような内容です。

 

パーオン出来るようになったらそのホールのフルショットの回数はそれ以上減らせなくなります。圧倒的に飛距離が伸びてバーディオン出来るようになれば別ですが・・・・・。

 

そうなると、バーディパットを沈めるか、ショートアプローチをキッチリ寄せてパーを取れるようにして最小限のストロークに抑えていこうという考えです。

 

また、フルショットが上手くなるほどショートゲームのストローク数の割合が多くなるのでショートゲームのストローク数を削る方が易しいと言うようないわれ方もします。

 

何が言いたいかというと、ショートゲームは重要だ。ということです。

 

どんな実力の人でもショートゲームに重きを置いて自分のゴルフスタイルを作り上げていくようにするとフルショットの上達がそのままスコアにも反映されますので、是非30ヤード以内の技術を磨き続けていって欲しいと思います。

 

 

おうちでゆっくり見る

今日のように雪や雨が降ってしまい、予定していたゴルフが中止になってしまう日があるかもしれません。

 

そんな日には、おうちでゆっくり映画鑑賞などするのも良いかもしれません。

 

ネットでゴルフ映画をまとめてくださった親切な方がいらっしゃいました。

 

blog.livedoor.jp/tenmethods/archives/52020534.html さんより転載させていただきます。

 

 

 

ゴルファーなら見ておきたい ゴルフを題材にした映画:10選

2785690627_17b2f93e4b
photo by chispita_666

先日の日本プロゴルフ選手権大会、最後まで白熱してましたね。
週末はコースに出たくてウズウズしていた人も多いのではないでしょうか。

行けなくても楽しみたい!そんなゴルフファーのために今回の10の方法は、ゴルフが題材になっている(ゴルフが関連している)オススメ映画をご紹介します。


ゴルファーなら見ておきたい ゴルフを題材にした映画:10選


【1】ティン・カップ
ティン・カップ [DVD]

公開:1996年
出演:ケビン・コスナー

天才的な才能を持ちつつも挫折したゴルファーが、一目惚れした女医のために再生を賭けて全米オープンに挑戦する姿を描いたラブ・ストーリー。

ゴルフ映画と言ってすぐに思いつくところは、これか↓という感じですね。

【2】プロゴルファー 織部金次郎シリーズ
プロゴルファー 織部金次郎 [DVD]

公開:1993年
出演:武田鉄矢

中年レッスンプロの「オリキン」こと織部金次郎。17年間1勝もできない彼が下町浅草の人々の応援を得てトーナメント優勝を目指す・・・という人情コメディ。

武田鉄矢さんが原作・脚本・監督・主演をされています。

【3】バガー・ヴァンスの伝説
バガー・ヴァンスの伝説〈特別編〉 [DVD]

公開:2000年
監督:ロバート・レッドフォード
出演:ウィル・スミス、マット・デイモン、シャーリーズ・セロン

1930年代のジョージア州で天才的なゴルファーとして将来を期待されていたジュナが、不思議なキャディーとの交流を通して、再びゴルフと向き合い、失った人生を取り戻す、ヒーロー再起物語。
(ゴルフシーンよりも)映像や音楽で楽しめる1本。

【4】ボビー・ジョーンズ 〜球聖とよばれた男〜
ボビー・ジョーンズ 〜球聖とよばれた男〜 コレクターズ・エディション [DVD]

公開:2004年
出演:ジム・カヴィーゼル

1920年代に活躍し、世界ゴルフ殿堂入りを果たした伝説のゴルファー、オーガスタの創始者でマスターズの生みの親でもあるボビー・ジョーンズ。
活躍の陰での苦悩など、彼の
生涯を描いた伝記映画。

【5】グレイテスト・ゲーム
グレイテスト・ゲーム [DVD]

公開:2005年
出演:シャイア・ラブーフ

1913年に20歳にして全豪オープンを制覇したフランシス・ウィメットの伝記映画。

労働者階級の貧しい家庭に生まれた米国人少年フランシスが、苦労の末に並み居るプロを抑え見事優勝を成し遂げる、実話を元にしたサクセスストーリー。

【6】俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル
俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル [DVD]

公開:1996年
出演:アダム・サンドラー

スケートが下手なアイスホッケーのプロを目指す主人公ギルモアが、大金を稼ぐためにゴルフ・トーナメントに出場する。

主役は400ヤードを飛ばす怪力wという設定でアダム・サンドラーが演じています。ということはドタバタ・コメディ映画ですね。

【7】ボールズ・ボールズ
ボールズ・ボールズ [DVD]

公開:1980年
出演:チェヴィ・チェイス、ロドニー・デンジャーフィールド

フロリダのカントリークラブを舞台で、キャディーのバイトに精を出す高校生たちと、金持ち会員たちがハチャメチャな試合を展開する、こちらもドタバタ・ゴルフコメディ映画。

【8】チャップリンのゴルフ狂時代
チャップリン短篇集2  (1枚組) [DVD]

公開:1921年
出演:チャールズ・チャップリン

そしていきなり古典に。
チャップリンがゴルフ場を舞台に、上流階級のぐうたら紳士と浮浪者二役を演じた短編コメディ「ゴルフ狂時代」。

チャップリンお得意のブルジョワ批判のエッセンスが沢山盛り込まれています。

【9】ゴルフ夜明け前

公開:1987年
出演:渡瀬恒彦、高橋惠子、島田紳助、太平シロー、桂文珍

創作落語として芸術大賞を受賞、小説に書き下してベストセラーとなった桂三枝の原作を映画化したもので、渡瀬恒彦、高橋惠子さんなどちゃんとした役者さん+吉本のお笑い芸人さんが、幕末時代にゴルフ外交実現のために奔走する坂本竜馬らを演じているそうです。

落語というよりもコメディ映画として楽しめそう。この映画見たことがないのですが、古いレンタルビデオ屋さんなどであれば見つけられるのでしょうか。

【10】プロゴルファー花
プロゴルファー花 DVD-BOX

公開:2010年
出演:加藤ローサ、片瀬那奈

(最後はごめんなさい。映画じゃなくてドラマです)接待先で偶然出したホールインワン&優勝のため妬まれ会社を首になった主人公とプロゴルファーを目指す女性たちの戦いを描いた、スポ根コメディ。

—————–
こうやってみると、感動実話かコメディか~という感じですね。

ゴルフの歴史や背景をじっくり見たいか、単純に「アリエネー」って思いながら見て楽しみたいか・・・お天気が優れない週末なら、こんなゴルフの過ごし方も良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

↑すばらしいまとめです。皆様機会があれば是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私の幼少期にテレビ放映されていたプロゴルファー祈子なんかも個人的にはおすすめです。

 

 

 

 

 

練習場オープンしました。

練習場がオープンしました。

まだ雪が残っていますが、天候は雨に変わって来ました。

路面などは滑りやすい状況が続いておりますので、ケガなど無きようお気をつけください。

(null)

おはようございます

現在、練習場が雪の影響によりクローズとなっております。

営業が再開になりましたら、お知らせ致しますので、今暫くお待ちくださいませ。

(null)

雪国の練習場

雪の多い地域の練習場は雪が深くなると球拾いの効率がとても悪くなります。

 

そこで、他の練習場で使い古されたボールを格安で購入してストックしておき、ボールを打ち尽くすまで営業します。

 

ボールが無くなったら営業を休止して春を待ちます。

 

小さな練習場は雪かきをしたりもするのでこの限りではありませんが、こういう営業スタイルの所が数多くあるんです。

冬場の練習の入り方と終り方

時折暖かい日があるものの、基本的には寒いが多いですよね。

今回はこの時期の練習の入り方について少しアドバイスをさせてもらいます。

①  クラブを振る前に軽いストレッチを行い、体の温度を上げて温める。(傷めやすい箇所がある方は、その部分を丁寧にしっかり行って下さい)

②  サンドかアプローチウッジ等の重たいクラブでとてもゆったりとしたスピードで大きく連続素振りを往復10回程度行う。(感覚としはクラブを持って①のストレッチの続きをしてい状態です)

③  上の②の動作で実際にボールを数発打ちながら、トップやフィニッシュでしっかりストレッチされるべき部位が気持ちよく伸びているかを確認。(スイングスピードを上げる事無く、ゆったり大きくスイング出来るかがポイントで、フィニッシュで数秒止められると尚良いですね)

以上の①~③を行う事で体の部位がしっかり温めてから徐々にスイングスピードをあげっていって下さい。

次に終り方です。

① 入り方の②で使用したクラブで、左右の持ち手を入れ替え反対向き(右打ちなら左打ちへ)連続素振りを最低10回は行って下さい。言い方を変えると、入り方の②を行うものの、違いは逆打ちのスイングで行っているという事です。この動作で、一方向に使い続けた筋肉の動きを反対方向に動かしながら、かたよりを修正していきます。

② 最後に、指、手首、足首、首回り、膝、肩関節、股関節をやさしくストレッチしてクールダウンにて終わりです。

以上が私からのアドバイです。打席に入るやいなやフルスピードでクラブを振りはじめたり、終ると整理体操(ストレッチ)もせずにさっさと帰ってしまうようでは、ケガの原因を自ら積極的に作ってしまうだけです。身体あってのゴルフですから、はじめと終りのひと手間を軽視せず、大切にして下さいね。(^_^)/~

 

勝手な想像

ゴルフ 画像 で検索をしていると気になる写真がありました。

 

 

女性二人ともスタイルがいいのでモデルさん?

 

コースは名門というよりはパブリック?ウェアメーカーならもう少しきれいなホールで撮影するのではないか?

 

構図はプレー中ではありえない状態でカメラマン他スタッフの方はゴルフに精通していないと思われますのでゴルフ雑誌やゴルフウェアの撮影ではないのではないか?

 

ファッション雑誌の撮影?・・・・・・・・・・・。で、行き詰ったので考えるのをやめました。

 

あともう一つだけ、左の女性のフォームの腰の状態が右にスウェーしているのが気になりました。

 

職業病ですかね。

 

私の場合はこの写真を見て上記のように感じたわけですが、ゴルフの経験値、感性によっていろいろだと思います。みなさんはどのように感じましたでしょうか?

 

以上、答えが分からないどうでもいい話でした。

 

 

 

 

初心者の稼ぎどころ

上級者がスコアを稼ぐホールはパー5が最も優しく、初心者がスコアを稼ぐホールはパー3が最も優しいと言われています。

パー5やパー4はドライバーからセカンドショット、あるいはサードショット、グリーン周りのショットへと大きなミスなく繋げなければなりませんが、初心者の方は連続してソコソコのショットを打つ事は難しいかもしれません。

しかしパー3は、一回のショットが上手くいけばパーやボギーを取ることが出来ます。さらにパー3はティーアップを出来ますし、ティーマークを結んだラインから後方に2クラブ迄の範囲で自由に打つ場所を選択出来ます。

初心者の方が、コースをラウンドする前にそのコースのパー3の距離をあらかじめ調べておき、事前に練習をしておくだけでも効果はかなり期待出来ると思います。

パー3は通常は4ホールありますのでパーが取れたり、ボギーで上がれれば初心者の方にとっては大きな貯金が出来ます。

最初は、パー3で良いスコアを出して段々と自信を付けていかれると良いと思います。