冬のフォローは注意

気温が低い冬は、球が飛ばないと思い安易に長い番手を選ぶと大怪我に繋がる状況もあります。

冬は、地面が硬くなりますから球が落ちてからのランは夏に比べると多くなります。そこにフォローの風が加わると想像以上にランが出てしまい、グリーン奥の林やOB、崖下などに球が転がりやすくなってしまいます。

グリーンの奥にトラブルがあるホールなどでは、グリーン面にキャリーをさせないような番手選びをしておいた方が無難な攻め方になります。

コースに到着して、今日は地面が硬いなと感じたら安全運転のゴルフを心掛けてみると良いと思います。

体温調節

体温調節には着るものと深く結び付くと思います。

少しだけ汗ばむ程度で冬場のゴルフをプレーできれば快適かつ良いプレーが出来ることでしょう。

天気予報を見て気温、風速、などをチェックして適切な服を選びましょう。

気温の変化には薄手のものを重ね着して小まめに脱いだり着たりするようにしてください。

また、寒い時期の雨の日のプレーは服が濡れてしまうとシャレになりませんので、高性能の雨ガッパは欠かせません。これだけは金に糸目をつけずいいものをバックに常備しておきましょう。

力みを取る

コンペなどで皆が見ている場面や、ここ一番のショットに限って大きなミスショットが出やすいという方へのアドバイスです。

緊張でガチガチになってしまった方のアドレスは、肩が持ち上がり、ハンドアップになっているケースが多々見受けられます。

ハンドアップになってしまうと、スイング中にクラブヘッドの動きが小さくなってしまいます。その為、手を沢山動かすスイングに繋がりやすくなります。

反対にハンドダウンに構えると、スイング中にクラブヘッドが沢山動くスイングになり、手の動きは少なくて済みます。

アドレスで状態の力みが取れない方は、一度思い切ってハンドダウンに構えてみてはいかがでしょうか?

フェアウェイウッドとユーティリティ

初心者の方はまだFWとUTの違いがわからない人が多いようです。その違いについてご説明させていただきます。

スイングによって、FWとUTのどちらが得意なクラブになるかが変わると思います。

大きく違う点はヘッドの重心の深さで、FWはハンドファーストの度合いが大きいインパクトに適していて、UTの方がその度合いが小さいインパクトに適します。

また、重心位置が浅いUTは芯を外した時には飛距離を大きくロスし、FWの方がロスか少なくなります。

この理由からFWの方が総じてシャフトが長く、UTの方が短く作られることが多くなっています。

このように、それぞれのクラブはFWはシャフトが長くてヘッドの重心位置が深く、UTはシャフトが短くてヘッドの重心位置が浅い事が特徴です。

FW派なら9番ウッドまで入れて、その下のクラブをUTかグースネックのアイアンをセッティングするといいでしょう。

UT派は少なくとも3番ウッドだけは入れた方がいいと思います。できれば5番ウッドも入れて、

残りをUTにしてアイアンにつながるようにセッティングするといいでしょう。

カップインの定義

アプローチショットをして、ボールが旗竿とホールの縁の間に挟まる事があります。

その状況でチップインしたと勘違いしてボールを拾いあげてしまう方が稀にいらっしゃいますが、正式な競技ではホールアウトの不履行により失格になる恐れがありますので気を付けてください。

ルールブックによるホールアウトの定義は、「ホールの円周内に止まり、球全体がホールの縁のグリーン面よりも下にあるとき」にホールアウトと認められます。

挟まったボールの一部分でも、カップの縁のグリーン面よりも上に出ていた場合には、旗竿を動かしてボールをカップの底に落としましょう。その際には最大限の注意が必要です。万が一ボールをカップの底に落とし損ねて、飛び出してしまったらカップインは認められず、ボールの止まった場所から次打を打つ事になります。

焦らずに確実にボールをカップの底に沈め、次のホールに向かいましょう。

長尺ドライバーの打ち方

飛距離アップのための一つの方法として、シャフトを長くしたドライバーでヘッドスピードアップを狙い飛距離を伸ばそうというものです。

 

長尺ドライバーを使いこなすために特別な打ち方があるわけではありませんがシャフトが長い分振り遅れて右に飛びやすいという事を理解しておくことは重要です。

 

クラブのグリップ部分に力を加えてクラブを動かすのがゴルフのスイングで、このグリップに力を加えてヘッドをコントロールするわけですが、力を加えてからヘッドにその力が伝わるまでの時間はシャフトが短いと短く、長いと長くなります。

 

長尺ドライバーの場合は通常の長さに比べて一瞬しなり戻るまでの時間がかかるのでその分をボール位置を左にする事で補正するのが一番シンプルな長尺ドライバーに対しての対応策だと思います。

 

ということで、長尺ドライバーを打つ際は普段のボール位置より左へボールを置き、ティアップはやや高めに設定するといいでしょう。

夏場と冬場のゴルフの違い

夏と冬のゴルフの違いはフェアウェイでは夏はボールが浮きやすく、冬は浮かないのでクリーンヒットするのが難しくなります。

ラフでは夏場は葉の勢いが強く振りぬくのが大変ですが冬場は楽に振りぬけるようになります。

グリーンは夏は重く、冬の方が速くなり、グリーン面は夏は毎日成長するので刈ればきれいになりますが、冬は葉が伸びないので刈っても凹凸が残りやすく転がりが不均一になるのでカップインさせるのが難しくなります。

暖かい夏は空気の密度が低いためにボールの飛距離が出やすく冬はその逆になります。

体で言うと暖かいと動きやすく寒くなると動きにくいうえに厚着もするのでさらに動かしにくい状況になってしまいます。

このようにほとんど別のスポーツといってもいいくらい夏と冬では違いがあります。上手に対応してゴルフを楽しみましょう。

上級者とのラウンドに際してのアドバイス

今日は、上級者と一緒にラウンドする際、いつものような自分のプレーが出来ない方に向けてのワンポイントアドバイスです。

この事が起こる要因の中で、自分サイドの可能性としては、

①自分のいいところを見せたいあるいは認めてもらいたいという過度のアピール

②迷惑をかけてはいけないという過度の心配

③負けまいという過度の競争心

④その場で上級者のスイングを真似してショットをしてしまう

といった事がありえそうです。

①~③の思いを持ってラウンドする事はいっこうに構いませんが、度を過ぎるとなかなか普段通りに行きません。これはゴルフ以外でも多々当てはまると思います。自分はどういう心境で臨めば最後まで良い緊張感を持ったままラウンドを終えられるかしっかり考え、いろいろ試して自分にあうやり方を手に入れてください。

問題は④です。確かに自分より上手くやってる人の真似をしてみたいと思う事はいっこうに構いません。ただその場で真似してすぐに出来るようになる事は稀です。しっかりと脳裏に焼き付け、そのショットを練習場等で出来るかどうかの確認作業が必要です。どうしてもその場で真似したいというのであれば、その人のスイングではなく、立ち居振る舞いやショット前のルーティンあるいはコース攻略のマネジメント(頭の使い方)等にとどめておくのがおすすめです。

上級者とのラウンドは、新しいイメージや自分の可能性を拡げる絶好のチャンスですから、上手に活用して行きましょう(^_^)/~

 

冬場は冷えに注意

冬場にゴルフをする時には、服装選びが難しいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

モコモコのダウンジャケットなどは、確かに暖かいですが、動きにくくスイング時にストレスになってしまいます。

なるべく薄着で、かつ体を冷やさない方法があればベストですね。

私はかつてゴルフ場で研修生をしていましたので、真冬の早朝や夕方に練習をしたりラウンドをしていたのですが、私の経験上で皆さんに服装に関するアドバイスが出来ればと思います。

まず、大切なポイントはご存知の方も多いでしょうが、体で首と名が付く部分を冷やさない事です。首、手首、足首の3つの部位を寒さから保護してください。(もう一つ首と付く部分があるというツッコミは受けつけません・・・)

この部分を温めるグッズとしては、マフラー、ネックウォーマー、リストバンド、リストウォーマー、レッグウォーマー、股引などがありますね。

調べたところによれば首の部分を温めると、脳が体が温まっていると勘違いを起こして、体をスムーズに動かして良いという指令を出してしまうそうです。私は必ず冬場のラウンドではネックウォーマーを着用しますが、不思議と薄着でも耐えられます。

次は手首ですが、手先が冷えてしまうと指先などの感覚が鈍り、ショートゲームなどの繊細なタッチに悪影響を及ぼしますので、リストウォーマーなどを使用してボールを打つ直前までしっかりと温めておきましょう。

最期に足首ですが、厳密にいうとふくらはぎを温めると良いと思います。ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれる部分で血流を良くするポンプの役割を果たします。
当然の事ながら、冷えてしまっては血流は悪くなり、温めてあげれば血流は良くなります。

真冬のラウンドでは3つの首を寒さから効率よく保護し、その上で動きやすい服装をすれば最大限のパフォーマンスを得られると思います。

以上、皆さんのご参考になればと思います。

凍ったバンカー

そろそろ冬に突入の気配です。

 

冬の寒い日は地面が凍ってしまいます。バンカーも凍ってしまう事も多くなるでしょう。

 

凍ったガードバンカーに入ったらヘッドが深く砂の中に入れなくなるため、ボールを高く上げる事が困難になります。

 

冬のゴルフでの大叩きにつながるケースの一つがガードバンカーに入ってしまう事です。

 

砂が乾いている場合は深いところが凍り、湿っている時には舗装道路並みに固くなる事もあります。

 

冬のゴルフの基本は球を転がして攻めること、なのでバンカーの横を転がして攻めていけるルートを通って攻められれば計算の立つプレーが出来ます。

 

冬場の地面が凍っている時のガードバンカーは徹底的に逃げ回る事も重要な戦術だと言えると思います。