営業のご案内

冬季グアム合宿の為、3月2日(日)〜6日(木)までお休みさせていただきます。

7日(金)から通常営業となります。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。

90切り Q and A

知恵袋でこんな質問を見かけました。

かなりモチベーションが高そうな方のように感じます。

Questions

ゴルフ90切り できればシングルさんに質問です。

ゴルフを始めて約2年。やっと90台で落ち着いてきました。

これから90切りを目標にするのですが、90切りをするために必要なことはなんですか?

90を切るためにはボギーペースではだめなので、パーを取る必要がありますよね。
まだ、バーディーは数ラウンドに一度出る程度ですが、パーであれば1ラウンドで3~5つほど取れています。

ただ、やはり数ホールは+2,+3が出てしまう状態です。パット数は現状32~36程度。
OBは出しても2つ。

100y以内を3打で上がれるかと言われると・・・少し自信がありません。50%くらいでしょうか。

コース戦略や、理想のパット数、このクラブを練習しろなど、なにかコツがありましたら教えてください。

補足

みなさんありがとうございます。もう何点か参考にお聞かせください。

①アイアンが悪いライの時もグリーンオン狙っていきますか?1打払って良いライにレイアップしますか?

②パットはセンスだと聞きますが、そう思われますか?ラウンド経験も重要になってくると思いますが・・・。

③ミスショットが出た次のショットは修正を意識しますか?それともたまたまだと、いつも通りに打ちますか?

何点もすみませんが参考にさせてください。

Answer

この方の場合、幾つか出るるOBと100ヤード以内から3で上がれる確率が50%の2点が解決出来れば問題なく90が切れそうです。

ゴルフのマネジメントの1つとして、自分が8割方出来ると思えるショットを積み重ねていくこと。ということが基本にあると、OBを減らすことが出来るでしょう。

また、100ヤード以内のストロークを減らしていくために、10から20ヤードほどのアプローチを重点的に練習するといいと思われます。10ヤードから2で上がることを目指して練習するといいでしょう。

捕捉

①nbsp; ライだけでなくグリーン周りの状況が示されてないのでもしかしたら全体を見ての状況判断が出来ていないのかもしれません。ライが悪くても花道が使えれば転がしてピンを狙ってもいいと思います。

②nbsp; ロングパットを頻繁に沈める事が出来るかどうかはかなりセンスが問われるかもしれませんが、ショートパットを沈めることやロングパットを2で上がる事は練習と経験で上達することができると思います。

③nbsp; 修正ポイントがハッキリしていれば修正します。そうでない場合はそのままにしてミスの傾向を掴みその傾向に合わせて対策を打ちます。

100切りに悩む人♪

Questions

ゴルフのスコア 100切りまでの過程について質問です!!
自分はゴルフ初めて1年くらい、5回ラウンドしました。140台、130台、140台、130台、128といった感じです。運動には自信があったのですが、ゴルフは 思うようにいかず、ゴルフって難しいなーと思ってるところです。
周りのひとともゴルフの話をしたり、ネットでもゴルフの話題をみたりするようになったのですが、そこで驚いたのは、なんだかんだでみんな結構いいスコアでまわってるということです。
上司なんかも最近ゴルフ始めたくちなんですが、2回目で120くらいとか言ってました。ネットなんかみても、140、130台出すのは最初の2、3回くらいだとか、1年で100切ったとか威勢のいい話をたくさん聞きます。女性なんかでも数回いけば120くらいでまわれるんでしょうか?
最近行ったゴルフでもうまくなる気配がなく、なんか自信がなくなってしまいました。自分はきまった面子でしか行ったことがなく、他の人が、例えば初心者レベルの人が120くらいで回る様子を想像できないのですが、自分が特別なんでしょうか?
ちなみに私は30歳で、運動は定期的にしてます。ゴルフはラウンド前に集中して練習する感じです。OB連発でスコア崩します。
振り回しすぎなんでしょうか。他の人はもっと早い段階で妥協してスコアメイクに徹してるんでしょうか。それか結局ゴルフの話するような人はそういう自信ある人だから、差を感じてしまうんですかね?
とりとめのない話になってしまいましたが、要は「ほんとにみんなそんなスコアでまわってる(た)の?」ってことです。また、初心者でもそのくらいで回るコツがあったら教えてください。

Answers

運動は得意だけどスコアが出せないという人はとても多いと思います。

ゴルフは方向性が第一です。始めたばかりの時期にまずはボールに当たるようになり、狙った方向へ飛ばせるようになればあとはトントン拍子で進んでいけます。

しかし、運動が得意な人は飛距離を出す事に力を入れがちです。なまじヘッドスピードが速く出来るためにボールが曲がりOB連発の経験をしてしまうと大叩きすることに慣れてしまいます。こうしてOBの怖さなどを体が覚えてしまったら上達はとても難しいものになってしまいます。

ゴルフ上達の秘訣は歴の浅いうちにする失敗を少なくしてゴルフは易しいと感じながらいい意味でゴルフをなめて取り組んで行くことです。

そのためにはいいスイングを早くに身につけるということにつきます。今の日本のゴルフ界はそれについての情報が氾濫し過ぎているために間違った情報を正しいと信じて取り入れてしまい迷路にはまりこんでしまいがちです。

そういう意味ではいいスイングとはどんなものかを自分で判断できることも重要な才能の1つと言えるかもしれません。

手打ちの矯正♪

初心者の方にありがちな傾向の質問がありました。

Question

ゴルフ初心者です。
打ちっぱなしで、100球打たないうちに右の二の腕、上腕が痛くなってきます。まずまずのショットが打てるのは50球まででそれ以降は、右腕の疲労で全くミートしなくなります 。
手汗も尋常ではないです。力の抜き方が分かっていないようです。
アドバイスをお願いします。

補足

手の力の抜き方を教えて欲しいです。ミート率は5球に1球。50球を超えると、まず、ミートすることがなく、100yくらいしか飛びません。

Answers

人間が器用に扱える体の部分は指や腕、脚なら膝から下です。初めてやるスポーツはそういった部分を使いがちです。上級者ほど肩、体幹、股関節周りを器用にコントロールして大きな出力を得られます。

初心者の方のほとんどは前腕が疲れてしっかり握れなくなってしまうケースが多いと思います。これを昔は数多く球を打ったり、クラブを振って手先から順番に疲れていき、最後は体全体を使うしかなくなり、その結果腕の力を使わずに打てるようになると言われていましたが、いささか乱暴とも言えます。

前腕が疲れないようにするためには手首を固める。上腕が疲れないようにするためには脇を締めることで動きを抑えるようにすることで肩や体幹を使うしかなくなるようにすると防ぐ事が出来るようになります。

ということで手や腕を使わずに打てるようになるためには、まずは手首と脇を固める事が近道になると思います。

岡本綾子プロのコースマネジメント

||・) |ε・) |( ・ε・)ノ

ゴルフダイジェストの去年のものをなんとなく手に取って読んでいましたら、岡本綾子プロのQAのページがあって、コースマネージメントについて非常にタメになることをいっておりましたので、ご紹介します。

という、とあるブログをご紹介します。

出典:週間ゴルフダイジェスト—2011.10.4.No,36.P68「岡本綾子・ゴルフの、本当。

この欄で質問者は、「プロはラフよりバンカーの方が寄せやすいといいますが、アマチュアにはタイプの違うバンカーに対応する
のだって難しいもの。砂の質によって打ち方は変わるのでしょうか」と質問しています。

それに対して岡本プロは、「たまにプロは長いラフよりもバンカーを狙う方が計算ができるので初めからバンカーを狙う、というけど本当でしょうか、」につづき、

「ゴルファーはつねに、自分が失敗を犯す可能性を頭に置いてプレーしなければなりません。

同じミスをするにしても、曲げるとすれば右か左か。

距離を間違えるとすればオーバーかショートか。ハザードにつかまるなら池かバンカーか。次のショットを打つための条件として、ベストではなくても立ち直りのききやすい、セカンド・ベストを想定してプレーすべきであり、トッププロは、その判断を怠りません。

ラフよりバンカー、という言葉は、そういう意味でのコースの攻略方法を示しています。

ミスが起こる可能性を排除せず、それが起きた際に対応する『プランB』を用意しておく。

バーディを取るためのベストルートを描くことだけが理想の攻め方ではなく、思うようにいかなくなった場合の対処法を準備することまでを含めてこそ、現実的なコースマネージメントといえるのです。

言い換えれば技術的に優れた選手であればあるほど、自分が犯す失敗に対して謙虚であるともいえます。

なのにミスする確率の高い選手が、自分の失敗をいちいち悔みながらプレーするとしたら両者のプレー内容の差は広がる一方。

そう思いませんか?

ラフが深くその後の処理が厄介になると判断すれば、バンカーからのほうが寄せやすい。これはコースの状態に順応した危機管理術なのです。

場合によっては、同じバンカーでも奥のバンカーか手前のバンカーでミスの度合いを軽減する判断も求められます。

ピンがグリーンの手前エッジから5ヤードと近い位置にある場合、ショートアイアンで距離ギリギリに打ったら落下角度が急になるので目玉になりやすい。

大きめのクラブでオーバーして奥のバンカーに入れても、弾道が穏やかなので目玉になりにくい。

奥からはやや下りとはいえ15ヤードほどあって、転がす足が使える。こういう考え方だってできると思うのです。

攻めやすいホールかどうか、難攻不落のピンの位置かどうか、そして自分の技量で対応できるかどうかによって、ホールマネージメントは変わってくるということ。

誰にとってもいつも1つのベストルートがあるわけでないことを忘れないでください。

またご指摘のように、バンカーの砂の質によっても対応は変わります。ですが、バンカーショットの打ち方そのものを変えるということではありません。そこは勘違いしないでほしいところです。

という岡本プロのコースマネジメントのご意見でした。

あとは単純にトーナメントのラフはかなり深いのでヘビーラフとバンカーを比較したらバンカーの方が楽で、グリーンは固いのでグリーンに対してボールを止めたい状況であればバンカーの方が寄せやすいということでしょうね。

飛距離アップ ドライバー

自分の出せる最大飛距離を出すためにはボールの打ち出し初速を少しでも速く、初速に対する打ち出し角度とスピン量を適正にすればいいわけですが、トレーニングや練習などをせずに飛距離アップするならドライバーをお金で買うしかありません。

ヘッドを軽くしたりシャフトを長くすればヘッドスピードを上げることができ初速を上げることがますがドライバーの長さは48インチまでと規制がされています。

もう1つヘッドの反発係数を高くすると初速を上げることができますがこちらも反発係数の規制値が0.8300以内と規制があります。

また、スイートエリアを広げることで平均初速を上げることが出来ますがそのためにはヘッドを少しでも大きくすることが手っ取り早いのですがこちらは460CCまでと規制されています。

ということは長さ48インチ、ヘッドの
反発係数を0.8300に限りなく近くしてヘッド体積を460CCにすると理論上最も飛ばせるドライバーになります。

FOURTEENというメーカーから上記の全てのルール規制値ギリギリのCT-112というドライバーが発売されています。何がなんでも飛ばしたい人は試してみてはいかがでしょうか。

決してFOURTEENの回し者ではございませんがおすすめです。

打ち急ぎ

打ち急ぎという言葉があります。

実際にレッスンの現場でも、ドライバーが苦手な方、アプローチが苦手な方などは、苦手な項目に関して、スイングリズムが崩れてリズムが早くなっている方がとても多くいらっしゃいます。

心理学から見ても、不快感のある状況を早く脱出したいと思うとリズムが早くなりがちだそうです。

確かに温泉が好きな方は、ゆっくりとお湯につかり、温泉が嫌いな方は烏の行水のように電光石火であがってきます。

という事で、苦手なクラブ、もしくは苦手な状況に遭遇した時には、意識的に打ち急ぎにならないように、注意をする事も大切かもしれませんね。

バンカーショット QandA

Question

バンカーショットの コツを教えてください。 

ゴルフ歴は そこそこ長く、技術書もよく読んでいるのですが、バンカショットで ザックリ・ホームランが多く、ちっとも上達しません。 安定して バンカーから出す方法を 教えてください。

Answers

バンカーショットで悩んでいる人は世の中にとても多いですね。いろいろな上手く行かないパターンがありますが、この方の場合は情報過多と勘違いではないでしょうか?何をどう勘違いしているのかはこの文面からは分かりませんが、バンカーショットという特別な打ち方という認識を一度取り外してみたらいいように思います。

そして、フェースを開いてグリップして通常通りの打ち方でアプローチをしてみましょう。その結果右に飛んで行く分だけ左に向いてセットアップするだけでOKです。

ポイントはフェースを開いて左に向く以外は普段通りに振ることです。すると芝生の上のボールを打てばロブショット、ガードバンカーから打てばバンカーショットになります。

ライによって微妙な当て方の違いを作る必要はありますがこれは上手くなって行くにしたがって身について行くと思います。