体の開き♪

よく、体が開いてしまったとか、教えとして体が開いてはいけないという言葉を耳にします。体が開くとはどういうことでしょうか?

nbsp;

それは、ダウンスイング時に肩や胸が反時計回りに回転した時にグリップが動き出さず置いてけぼりになってっしまうことで、その結果腕が元に戻らずフェースも開いてしまうような現象です。これに伴うミスはスライスやプッシュアウト、ハンドレート気味に当たりやすいためにダフりやヒッカケなども出るでしょう。

nbsp;

この体の開きを修正するためにはダウンスイングが始まるまでに左脇の背中寄り部分がしっかり締まった状態になっているようにすることです。そのためにはアドレス時に左脇の背中寄りの部分を締めたり、ダウンスイングの始動から腕が真下に向かって下がるように動き出すことができれば克服できるはずです。ただしこの副作用としてダフりが出やすくなりますので、この場合はダウンスイングの終盤で手首が下に向かってほどけることがおきていると思われますから、トップで出来た手首のコックをキープしてスイングできるようにしてください。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;

気になる木

ティーショットを打つ時に、右や左側からせり出た木が邪魔で打ちづらいと感じるケースがあるかもしれません。

右に木があった場合は、スイング軌道がインサイドアウトの方、左に木があった場合は、スイング軌道がアウトサインインの方は苦労をされているのではないかと思います。

気持ちだけは、右や左の木に当てたくないと思い打った球は、願い叶わず木を直撃、さらに跳ねた先は、運悪くOB杭の外側へ…

もしかしたらそんな悪夢のような経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

上記のようなシチュエーションに遭遇した場合、球の打ちだし方向で木を避けるための工夫が必要になると思いますが、打ち方を変えるよりも、セットアップを変えて対応した方が、大きなミスにはなりにくいのではないかと個人的には思います。

インサイドアウト軌道の人が、右の木を避ける為にはいつものスタンスよりも左を向いて構え、ボールの位置をいつもの位置より左側に置いて構えててください。この事により、ターゲットライン対して、オンプレーンやアウトサイドインに変化することも可能になり、打ちだし方向を変える事が出来ます。

反対にアウトサイドイン軌道の人が、左の木を避ける為にはいつものスタンスよりも右を向いて構え、ボールの位置をいつもよりも右側に置いて構えてください。この事により、ターゲットラインに対して、オンプレーンやインサイドアウトの軌道に変化することも可能になり、打ちだし方向を変える事が出来ます。

どの位、スタンスの向きやボールの位置を変えるかは、練習場などで試しておくと良いと思います。また最終的なボールの着弾地点はインパクト時のクラブフェイスの向きになりますが、まずは打ちだし直後に木を避けるという第一目標を達成しましょう。

素振り♪

ゴルフスイングの改善に直接効果があるトレーニングとして考えられるのが素振りです。もちろんボールを打つことでも同様ですが、どうせならいい球打ちたいという心理が働きやすく抜本的な改善がしにくくなるでしょうからシャドウスイングや素振りで自分に動作を教え込む作業はとても効果的で短時間に多くの回数をこなすこともできます。

しかし、都心部にお住まいの方などはなかなか素振りをするような環境が少ないと思います。夜間、狭い路地の街灯の下で素振りをしている中年男性は警官から職務質問をかけられたり、部屋の中でクラブを振ったら電球や花瓶を叩き壊してしまったご主人が奥様から大目玉を食らったり、ゴルフにはまっているご夫婦の部屋がそこらじゅうにヘッドをぶつけた傷跡が残っていたりという話をよく聞きます。またひどいのは河川敷でゴルフボールを打ち、付近の通行者の方の安全を脅かしている人達までいるそうですね。

環境さえ整えば素振りはかなりお手軽で有効なトレーニングといえます。ボールを遠くに飛ばすわけではないので力まずにリラックスしたスイングができたり、クラブを持たなくても野球のバットや様々の重さのクラブを振ったりするのも様々な効果を期待できます。

私がゴルフ場にいた頃に効果があったのが、練習場の脇にある草むらでの素振りでした。きっかけはどうせそこの草刈りをしなければ行けなかったので、どうせならクラブで草刈りしたら少しは練習になるだろうとという安易な発想で、あまりにも効率が悪いのでその日は20分ほどで断念し残りは草刈機で刈って仕事を終えましたが、その日の練習中に妙にしっかりボールを打てている感覚がありました。さっきの素振りのおかげではないかと思い当たり、おかげでその後はアイアンの精度が良くなり、飛距離も多少ですが伸びた経験があります。深いラフからヘッドを振り抜くには力といいスウィングが必要で、その二つを身につけられたのだと思っています。

 

ということで、素振りを工夫して行えば様々な効果を受けることが出来ます。もし環境と時間が許せば取り組んでみて欲しいと思います。
((((((( ‥)ノ |EXIT|

 

冬ゴルフ用練習♪

日本の冬のゴルフは芝が枯れ、フェアウェイはボールがあまり浮かない状態になります。アイアンショットもそれに伴いハーフトップ気味に打たなければならなくなるケースが増えてきます。このためには、地面を触らずボールだけを打つか、ダウンブロー、ハンドファーストに打つかということになります。

nbsp;

今回はボールだけを打つようにするための練習場での練習法を紹介したいと思います。

nbsp;

アイアンマットの上にボールをセットします。これをマットにソールがわずかにこするくらいの当たり方をするようにボールを打ちます。・・・・・・・・・・・・・・・以上

nbsp;

簡単なことなんですがこれがやってみるとなかなか難しいと思います。注意点としてはヘッドがマットの中に入っていかないようにするために、首の付け根の位置を通常よりやや高くしてアドレスし、手首が下方向に伸びないようにグリップエンド付近を左手の小指の付け根あたりで下に圧力がかかるように打てれば上手くいくはずです。

nbsp;

上手く打てたかどうかの判断はボールがほどほどの高さで飛び、ボールの音だけが聞こえてマットに触った音が聞こえない状態なら成功。という程度の判断基準でいいでしょう。

nbsp;

また、アウトサイドインの軌道の人は普段よりやや左寄りにボールをセットして、インサイドアウトの人はやや右寄りにボールをセットするとボールだけを打つことが出来ると思います。

nbsp;

お試しあれ。
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
nbsp;

nbsp;

nbsp;

自称、運動オンチの方へ?

先日、ドライバーが飛ばなくなってきて苦労してるんです(>_<、)と、60代後半女性の方から相談を受けました。この方いわく、自分は運動オンチで、走ったり、ボール投げ等が不得意なんだとか。そこでドライバーを1発打ってもらった所、頑張って振っているわりには、精度、距離とも今ひとつのスイングでした。起こっている身体の現象としては、非常に緊張した時に起きやすい歩き方、右手と右足あるいは左手と左足が同時に同じ方向に動くそれです。

でこの方には一旦ドライバーを置いてもらって、サッカーでボールを強く蹴る時の身体の使い方を確認してみました。案の定、この方は右足で蹴る動作に、右手もボールが飛んでいく方向に振り出す事で強く蹴ろうとされてました。次に、右手を反対方向に振りながらボールを右足で蹴る動作をしてもらいました。最初は、え??という反応でしたが、10回くらい同じ動作をした時点でこの動きのコツを少し理解してもらえたようです。なぜならこの方から、身体の上と下が逆に動く感じですね、という言葉が出てきたからです。これで右サイドの身体のひねりが必要な神経回路はつながったので、今度は左足でボールを蹴る動作と左手の振り方をトレーニングしました。利き足でない分、この動きの習得は右のそれより少し時間がかかりましたが、出来るようになりました。私見ですが、ゴルフで右打ちの場合はこの動きの方が重要だと捉えてます。

全くクラブを触らずにこのトレーニングを20分程行なった後、試しにドライバーを1発打ってもらった所、ヘッドスピードがあがり、距離が格段に伸びました。この方もビックリされてましたが、その後もコンスタントに同じような当たりが続き、喜んでおられました。

この方が自称運動オンチだった為にこのような身体の使い方になってしまったかどうかは定かではありませんが、距離を伸ばそうとして逆に落ちてしまっている方は一度チェックしてみる価値はあるかもしれませんね。(^J^)

冬のゴルフ

冬のゴルフはとても難しいと思います。

霜が降りて、地面が凍っていたり、いつのまにか霜がとけて、地面が柔らかくなっていたりします。

冬のゴルフが難しいのは、厚着をして体が動きづらかったり、球が飛ばなかったりするのももちろんですが、時間帯などによるライの変化に対応するのが難しいところによるものが大きいのだと思います。

冬のゴルフでは、コースをよく観察し、無理のない攻め方をお勧めします。

朝一番のティーショットで、ティーを刺した時に、地面が硬いと感じたら、グリーンを狙うショットは、もしかしたら大きく跳ねてグリーンをオーバーしてしまう。最悪はOBまで跳ねてしまうなど用心しましょう。

冬のゴルフでは、夏場よりもディフェンス主体で組み立て、粘りのゴルフを展開できれば理想的だと思います。

日替わりスイング?

よく、プロの試合では誰もが驚くようなすごいスコアがたたき出されることがあります。ハーフで20台のスコアやワンラウンドで二桁アンダーというスコアが出るわけです。最終日に出れば劇的な大逆転優勝なんてことも時々目にすることができます。ただ、この選手が翌日のラウンドでは72前後のスコアになってしまったり、翌週の試合では予選落ちしてしまうことも珍しくありません。これは、かなりの集中力を使い果たしてそのダメージが残ってしまうケースや、体の変化により同じことができなくなってしまうケース、そしてあまりにも良いイメージが出すぎて自分の100点満点に近いショットを求めた結果無理が掛かりミスショットになってしまう、あまりにもいいプレーが出来すぎて心理的に浮ついてしまうなど原因は様々でしょう。ただ、最後の心理的に浮ついてしまう事はトップの選手ならないかもしれません。

nbsp;

このように、ゴルフというゲームを人間がやる以上はスコアのアップダウンは大きくなってしまうものだと思います。

nbsp;

自分の平均スコアを支えてくれるのがスイングの技術で平均スコアを中心にどのようにばらつくかがメンタルや体調、ゴルフ場のコンディションなどによって左右されるのだと思います。

nbsp;

この自分のゴルフを支えるゴルフスイングは、体の状態に大きく影響されますので、毎日の体の変化によりゴルフが日替わりになってしまうことはやむを得ません。ただし、実力の高い人ほど自分の体の変化に上手に対応出来ると思います。

nbsp;

よく、久しぶりのゴルフの前日に良いショットが打てるまでボールを打つと、翌日の本番では筋肉痛や筋疲労などで体がこわばりまともに打てなくなってしまうのを拝見することがあります。いつも通りの生活パターンでゴルフに臨む方がある程度決まった体の状態でいいゴルフが出来ると思います。
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;

バンカー練習

バンカーの練習をしていても、成果のあがらない方がいらっしゃるかもしれません。

バンカーの苦手な方は、クラブヘッドのバウンスをうまく使えてない方が多いと思いますが、バウンスから砂に入れる為の練習法をお伝えします。

練習法といっても、打ち方うんねんではなく、クラブを変えて練習するだけなのですが、サンドウェッジを使用せずに、7番アイアンや8番アイアンで練習してみてください。

サンドウェッジでは、バウンスから入らない打ち方でも、ロフトがあるので時には上手にバンカーから脱出できる事もあると思いますが、7番や8番ではフェイスを開いてバウンスから砂に入れないと、アゴにあたりうまく脱出できません。

バンカー練習場が混雑している時などは、危険なので控えた方が良いと思いますが、周りに誰もいないバンカー練習場やコースなどで、機会があれば、チャレンジしてみると良いと思います。

シングル入りのショートパット♪

長いパットを数多く沈めることは才能が必要なのだと思います。ショートパットを上達するためには根気や努力といったものでかなり上手くなることが出来ると思います。

nbsp;

青木功選手の若い頃の話を聞いたことがあります。とあるゴルフ練習場にある練習グリーンで朝から1メートルのストレートラインを練習していたそうです。その練習場のオーナーは軽い挨拶をかわして出かけていったそうです。夕方オーナーが帰って来ると青木選手はまだ同じ位置で練習していたそうです。オーナーが近づいていって驚きました。何とボールの摩擦でボールからカップの中央までの芝生が擦り切れて真っ直ぐな道ができていたそうです。

nbsp;

丸山茂樹選手は日課としてパッティングマットで200球連続でカップインしてから就寝するそうです。始めた当初は徹夜に近くなってしまったこともあったそうです。

nbsp;

パットの上手い人のほとんどはこのような地味な努力を継続する事をしてきた経緯があるようです。200球とは言いません。シングルになりたいと思う方、毎日欠かさず10球続けてカップインさせる練習を続けてみて下さい。毎日毎日続けていくうちにあれだけやったんだからというショートパットに関する自信が身につくはずです。

nbsp;

nbsp;
div class=”entry-content”

                                               ((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div

冬場の弾道

冬場は、夏場に比べて、フェアウェイからのショットの弾道が低くなりやすくなるケースが考えられます。

上記の減少は、芝生の成長がとまり、地面とボールとの間に隙間がなくなりやすくなるからなのですが、クラブを変える事で、対応する事も可能だと思います。

冬場の薄いライから球があがるように変更する例を挙げてみます。

ドライバーは、ティーアップを出来るのでクラブをチェンジする必要はありません。

アイアンは低重心のクラブを使用したり、フェアウェイウッドはシャローフェイスのモデルを使用するなどして、冬場のゴルフに対応するのも良いと思いますが、予算に限りのある方は、そうもいかないでしょうから、頑張って腕を磨きましょう。