飛距離アップの要素~身体編~♪

ボールの飛距離はボールの打出し角、初速、スピン量で決まることは以前にも話しました。

nbsp;

最大飛距離を得られる上記の3つの要素は大まかに言うと、打出し角を高く、初速を速く、スピン量を少なくです。ただし、打出し角が低い程スピン量は多少多い方が飛距離が出ます。

nbsp;

打出し角、スピン量については技術的に調節が可能ですが、初速についても技術的な部分で対処はできますが、最終的には身体能力が大きく影響します。

nbsp;

ボールの初速を決める要素は、ヘッドのスピードと加速度が大きく影響し、プラス、クラブと体を一体化させたインパクトが出来ると、より重さが大きくボールに伝わるのでとても大切な部分です。

nbsp;

そしてヘッドスピードを上げるための技術的な要素を抜いて、身体について考えてみます。体のキレが落ちない範囲の体重アップ、筋肉の瞬発力アップ、柔軟性アップ、筋力のバランスの偏りをなくす、バランス能力アップ、各筋肉を単独で動かせるほどの命令伝達の能力アップなどが主な要素です。そして、これらの能力にヘッドスピードが上がるような技術が加わると大幅な飛距離アップが可能です。

nbsp;

あとは、ご自分で上記の要素について分析してみましょう。十分なもの足りていないもの、もしかしたら全く持ち合わせていないものもあるかもしれません。足りている部分はその能力は伸ばしやすいはずですから、これは自分の持ち味として鍛え続けましょう。足りていないものはコツコツと努力して補っていきましょう。

nbsp;

トレーニングは一朝一夕には効果がでにくいですが、継続することで必ず成果はあがるはず、焦らず自分のペースで継続することがコツです。継続は力なりということでお願いします。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;

ゴルフ場の美味しい食事②

 

ゴルフ場の美味しかったレストランメニューをご紹介します。

 

第二回は、ジェイゴルフ霞ヶ浦さんの酸辣湯麺(スーラータンメン)です。

 

酸味、辛味、とろみのバランスが絶品で、とても美味しくいただきました。

 

ジェイゴルフさんでラウンドの機会があれば、是非食べてみてください。

 

歩きラウンド

 

皆さんは、ゴルフのラウンドでカートを使用している方が大多数だと思いますが、プロの競技では、歩いて4日間の72ホールをラウンドします。ですから歩き疲れない体力や、上り坂や、下り坂などの起伏の激しいコースでも、エネルギーの消費を抑えられる歩行技術があれば、当然ながら、有利に試合を運べる事になります。

 

実際に、プロゴルファーの方の中には、専門家について歩行訓練をされている方もいるようですし、傾斜地での歩き方や、歩行スピードを一定にするトレーニングなどを行なっているようです。

 

今でも、名門と呼ばれるようなコースでは歩いてラウンドをする事は当然の事でしょうし、競技ゴルフを目指す方なども、歩いてラウンドを行う事に慣れておいて損はしないと思います。

 

ゴルフは体力は無くても、大丈夫と考えている人は恐らくゴルフが上手な人ではないと思います。

 

呼吸が乱れては、良い集中力は生まれません。初心者などに走れ走れとはっぱをかけている方がいますが、スロープレーにつながらないケースでは、呼吸を整えて、ショットに臨んだ方がかえって良い結果になることも多いのではないかと思います。

 

ゴルフの上昇志向の強い方は、歩き方について研究をされるのも、レベルアップにつながるでしょう。

 

 

バンカー嫌いの理由?

アマチュアの皆さんの中ではバンカー嫌いの方も多くいらっしゃいますよね?

nbsp;

その方たちは何故バンカーが嫌いなんでしょうか?バンカー嫌いの人たちの中でも子供の頃の砂遊びは好きだった方の方が多いのではないでしょうか?最近の若い方は服を汚すと叱られるので砂遊びをしなかった方もいるかもしれませんが・・・・・・。

nbsp;

そう、砂が嫌いなのではなく、バンカーショットをして、脱出できない経験を多く積んだ方がバンカー嫌いになってしまい、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」的にバンカーが嫌いになり、砂が嫌いになる人もいます。

nbsp;

以前、「誰だ! こんなとこにバンカー掘ったやつは? ここに連れてこい!」半分は冗談なのでしょうが失敗してかなり激怒した方をお見かけしました。

nbsp;

逆にかなりのバンカー嫌いの方がレッスンと個人的な特訓によりかなり上手くなった方はバンカーが大好きになり、スコアそっちのけでバンカーにワザと入れようとしてみたらなかなか入らず、いいスコアが出てしまった方もいました。

nbsp;

冷静に考えるとバンカーよりはグリーンの面積の方が広いのでワザと入れるのは以外と難しいんですよね。このようにバンカーに何時入ってもいいぐらいに思えると以外にショットが気楽に打てて技術は変わらなくても結果がよくなることがあります。

nbsp;

バンカー嫌いの方は短期集中でバンカーショットを特訓して一度上手くなっちゃいましょう。一度上手くできれば後はたまに点検保守作業をするだけでバンカーの技量は維持していけると思います。

nbsp;

あくまでもこれは脱出率まででサンドセーブ率を上げるのには頻繁なチェックや継続が必要だと思います。

nbsp;

ということでバンカー嫌いが克服出来るまでバンカー練習を頑張ってみませんか?

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

ロブショットは必ずオーバーさせる♪

グリーン周りでバンカー越えやエッジからピンが近い場合、下り斜面に対して狙う場合、砲台グリーンに対して打つときなど、球を止めたい場合にはロブショットが有効です。

nbsp;

このときの注意点ですが、ロブショットを打つケースは何かを越えて落ちてから球を止めたい場合に打つわけですから、意図した距離よりも距離が落ちると越えたかった所にはまってしまいます。

nbsp;

ですから、ロブショットの練習時などでは絶対に狙いよりもショートしない癖をつけるように心掛けましょう。片手シングル、プロの場合はそのショットを寄せて1ストロークでも減らすために距離をピッタリ合わせる必要があるかもしれませんが、そうでないゴルファーの皆さんはグリーンに乗せて2パットで十分と考えて下さい。本来はロブショットなど打たないで済むように戦略を立てたゴルフをすべきですから、ロブショットを打たなければならない状況になった時点で、それ以上の被害を食い止めるために乗せて2パットでOKです。

nbsp;

ショートしないためには思ったよりもヘッドスピードを上げて打つ、フェースの開き具合を僅かに少なくするなどの工夫をしてみてください。ロブショットは障害物を越えさえすればOKと心得ましょう。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

ゴルフ場の旧名②

ゴルフ場の名称が変わってしまった為に、カーナビの目的地設定で困ってしまった経験をお持ちの方は、たくさんいらっしゃると思います。

 

という事で、名称の変わってしまったゴルフ場(茨城編)をご紹介します。下記以外にも名称変更をされたゴルフ場さんもあると思いますが、紹介漏れについてはご容赦ください。

 

旧                     新

新大宮ゴルフ倶楽部             マナゴルフ倶楽部

ノースショアカントリークラブ北浦コース   ノースショアカントリークラブ

宍戸ゴルフ倶楽部・宍戸コース        宍戸ヒルズカントリークラブ

宍戸ゴルフ倶楽部・静コース         静ヒルズカントリークラブ

利根ゴルフ倶楽部              霞南ゴルフ倶楽部

タイホーC・C               かさまフォレストゴルフクラブ

常陸台G・C                イーグルポイントゴルフクラブ

カントリークラブ・ザ・ウィングス      城里ゴルフ倶楽部

ロイヤルフォレストG・C          雲雀ゴルフ倶楽部

茨城クラシックカントリー倶楽部       ライジングゴルフクラブ

久慈大洋ゴルフクラブ            スパ&ゴルフリゾート久慈

新水戸カントリークラブ           笠間桜カントリー倶楽部

笠間東洋G・C               スターツ笠間ゴルフ倶楽部

取手国際ゴルフ場              取手国際ゴルフ倶楽部

富士カントリー出島倶楽部       富士OGMゴルフクラブ出島コース

水府ゴルフ倶楽部              水府ゴルフクラブ

セント・フィールズゴルフクラブ    新セント・フィールズゴルフクラブ

藤代ゴルフ倶楽部              取手桜が丘ゴルフクラブ

Jクラブ霞ヶ浦コース            ジェイゴルフ霞ヶ浦

ホワイトバーチカントリークラブ       ワンウェイゴルフクラブ

やさと国際ゴルフ倶楽部        JGMゴルフクラブやさと石岡コース

かさまロイヤルゴルフ倶楽部         JGMゴルフクラブ笠間コース

霞ヶ浦出島ゴルフクラブ        かすみがうらOGMゴルフクラブ

桜ゴルフ倶楽部               国際桜ゴルフ倶楽部

ザ・アスレチックゴルフクラブ        アスレチックゴルフ倶楽部

 

 

先日ご紹介した千葉県に続き、茨城県もたくさんありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お守り♪

最近はハイブリッドやショートウッドが普及して4番アイアンは姿を消して来ました。

nbsp;

昔はアイアンと言えばアマチュアの方でも3番アイアンは一応バッグの中には入っていました。バッグには入っているけどソールやフェースはピカピカのままの方が多かったと思います。しかし、3番アイアンを抜かずにおくことで、4番アイアンを易しく感じられるというお守りのような役割がありました。不思議と3番アイアンを抜くと4番アイアンが難しいクラブと感じるようになり、4番アイアンを持つと力んでしまうのです。すると5番アイアンを使うことが多くなります。

nbsp;

というように使わなくてもバッグに入っているだけで4番や5番アイアンが易しく感じられるお守りが3番アイアンでした。

nbsp;

ところが、ここ1,2年はスピン量が少なく、ボールの初速が速くなるフェアウェイウッドが普及してきたので、3番ウッドがお守りクラブとなりそうな気配です。

nbsp;

そこで、3番ウッドがフェアウェイからは少し難しいなと感じる方は抜かずにバッグには入れたままにしておいてお守りにしてもいいかもしれません。でもそれでは少しもったいないので、ティショット用として使うならばドライバーよりも曲がらずにつかまりやすいので狭いホールや右が危険なホール、ドッグレッグのホールで突き抜け防止に3番ウッドを用意しておくと十分に機能し、3番ウッドの居場所を作ってあげられます。

nbsp;

その結果、フェアウェイから打つ5番ウッドが易しそうに感じられて、不安なホールのティショットも安心してスイングすることができて一石二鳥ですよ。

nbsp;

5番なら安心♪ |_(._. )。エイ!(。・_・)_/ゞヨシヨシ______________。______

nbsp;

コンペで賞品をゲットしたい

これから秋のゴルフシーズンが始まり、コンペの予定がたくさん入っているという方もいらっしゃると思います。

 

コンペの順位を決める方法は、毎月のように頻繁に行われているコンペではハンディキャップ戦が多く、年に1~2回程度の開催では新ペリアでの集計が多いと思います。他にもペリア方式やキャロウェイ方式などがありますが、ほとんど採用されていないケースが多いので、今日はコンペのスコア集計の方法で最もポピュラーな新ペリア方式について触れてみたいと思います。

 

新ペリア方式とは、隠しホールをハーフで6ホールずつ、ラウンドで12ホールの隠しホールを設定し、その隠しホールの合計打数を、とある計算式に当てはめてハンディキャップを出します。

 

そしてグロスのスコアからハンディキャップの数字を引いてネットスコアを出し、そのネットスコアが一番少ない人が優勝者になるという図式です。

 

隠しホールは、プレー前にはわからないので、ホール毎にスコアを調整することは出来ないのですが、新ペリアのルールで上位に行くにはポイントがあります。

 

例えばハンディ0のプロ並のプレーヤーがいると仮定します。この方は1ホールの平均スコアが4ストローク×18ホールで72ストロークを基準にして考えてみます。

 

①隠しホール12ホールの合計スコアが48ストロークだった場合には、計算式に当てはめると0になりハンディはもらえません。

 

②隠しホール12ホールの合計スコアが45ストロークだった場合には、計算式に当てはめるとマイナス3.6のハンディがついてしまい、グロスのスコア+ハンディキャップ=ネットスコアという厳しい現実になってしまいます。

 

③隠しホールの12ホールの合計スコアが51ストロークだった場合には、計算式に当てはめると3.6のハンディがもらえます。

 

上記の現象から考えると、トータルスコアが同じ72であった場合①のネットスコアは72、②のネットスコアは75.6、③のネットスコアは68.4となります。

 

結論としては、新ペリアでは隠しホールで叩き、隠しホールでないホールで挽回するという事が上位にいくキーポイントになります。

 

ボギーペースで安定して90で回ったら優勝はできませんが、ダボありパーあり、トリありバーディありといった90のスコアであれば、隠しホールがはまれば、上位入賞や、ブッチギリの優勝などの期待ができます。

 

いつもコンペで欲しい商品にありつけないという悔しい思いをしている方がいらっしゃいましたら、新ペリアのルールに適したラウンドを行い、商品ゲットを目指してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ライン読み♪

一口にライン読みと言いますが具体的には何ができればいいのでしょうか?

nbsp;

要はボールがどのように転がってカップインするかを正確に想像できればいいわけですがそのためにどのような情報があればいいのでしょうか?

nbsp;

一つはライン周辺の傾斜を把握すること、二つ目に芝生の抵抗を把握すること、ボールの重さと最初の二つの条件を加味して実際にカップインする時のボールのスピード変化とボールの回転でどのような軌跡でカップインするかを最終的に想像することができるようにするためにする情報収集がライン読みです。

nbsp;

こうして読んだラインにボールの打出し方向と打ち出しスピードを合わせるのがパッティングの技術的な部分になります。

nbsp;

パッティングの技術が高いほどライン読みが出来なければ絶対カップには入りませんのでラインを読めることはかなり重要です。自分のアベレージスコアが良くなるほどパッティングの重要性が増していきますのでパッティングの技術的な部分と並行してライン読み技術も高めていきましょう。

nbsp;

(((((( ‥)ノ |EXIT|

ドライバー選びの基準は?

今現在、一般的に流通しているドライバーは一体何種類くらいあるのでしょうか?ネットで調べてみたのですがわかりませんでした。つまり、わからないくらいたくさんあるということです。

nbsp;

ドライバーをヘッドの種類、ロフト角、シャフトの種類、硬さの組み合わせだとして、仮に世界中にあるヘッドとシャフトの組み合わせを想像してみると、想像することすら難しいですが、ヘッドの種類が1000種類あるとしてロフト角がそれぞれ三種類だとすると約3000、シャフトの種類が約2000、それぞれの重さが×3、硬さも×3だとすると、1000×3000×2000×3×3=540億通りになります。これだけあれば自分にとって理想のクラブは必ずあるでしょう。更にフェアウェイウッド、アイアンセット、パターにも同じように天文学的な組み合わせがありパターも同様です。クラブのセットの組み合わせまで入れるとすると想像もできないような数字になりますね。

nbsp;

世界中の人口など比較にならないほどのクラブセットが考えられます。これを自分なりの基準を設けて絞り込む作業が必要です。例えば女性の方なら女性用クラブに絞り込むとかなり減らせます。ヘッドの色とシャフトの色を限定したらさらに絞り込むことができます。

nbsp;

こうして全ての可能性を考えると大変ですが、自分の好み、基準をしっかり持って、出会ったクラブの中から、一番いいと思うクラブを使うしかありませんね。

nbsp;

(((((( ‥)ノ |EXIT|

nbsp;

nbsp;