バンカーショット

雑誌などに載っているバンカーショットのレッスンで多いのは、オープンスタンスに構え、クラブフェースを開き、カットに振るといった内容だと思います。

 

ひとくちにバンカーショットといっても、バンカー内の球の止まった場所により、様々な傾斜があります。傾斜地のショットでは、斜面と平行にクラブヘッドが動く事が理想だと私は思います。

 

アウトサイドインの軌道は、簡単にいうと、高い所から低い所にクラブヘッドを振る軌道です。バンカー内の左足下がりであれば、斜面に沿ってクラブを振りやすく、相性の良い軌道だと思います。

 

反対にインサイドアウトの軌道は、低い所から高い所にクラブヘッドを振る軌道です。バンカー内の左足上がりであれば、斜面に沿ってクラブを振りやすく、相性の良い軌道だと思います。

 

私の経験上、上記の通り、スライサーは左足下がりのバンカーが上手く、フッカーは左足上がりのバンカーが上手い人が多い様な気がします。

 

バンカーは、カットに振るというのは、決して間違いではないと思いますが、上級者などはインサイドアウトに振ってランを使ったバンカーショットや、カットに振ってスピンで止める打ち方など、様々なテクニックを駆使している方もいます。

 

バンカーショットの練習をする機会があったら、是非チャレンジしてみてください。

ドライバーのフック

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ 最新ドライバーの落とし穴のお話です♪

 

ヘッドの性能の大半は重心位置によって決まりますが、昔はこの重心位置の調節をヘッド形状によって変えていました。

 

ところが、ウェイトの調節を出来る機能が付いていたり、ヘッド内部にウェイトを固定したりして見た目の形状と異なる重心位置の増えてきています。

 

メーカーとしてはスライスとオフセンターヒットに強く飛距離出せるヘッドを売り出せば、最もユーザーのニーズと合致して売り上げが期待できます。

 

そのためには重心位置を深く、低くするとその通りのヘッドになるのですが、見た目の形状はストレートフェースで捕まりにくい印象に見えながら打ってみると左に行きやすいヘッドとなってしまいます。

 

また、ボールの捕まりすぎを嫌う上級者にとっても見た目と実際の性能の違いに違和感を感じ、とても打ちにくく感じるケースが多くあります。

 

皆さんが自分にあったヘッドに巡り会えるようお祈り申し上げます。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|

 

自分のショットの傾向にあったドライバーに出会えれば

 

 

よくあるスライス

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ 一番多いんじゃないかというスライスのお話です♪

 

手で持ったボールを2メートルほど先のバスケットに向けて投げるとすると、そんなにひどい投げ方をする大人は少ないと思います。

 

目標に向かって腕を振って何かを投げることはさほど難しくありませんが、ゴルフのスイングはターゲットに向かって腕を振ると、右にスライスか振り遅れて右に飛ぶボールになりがちです。

 

初心者はこれが原因でスライスになることが多いですし、上級者でも狭いホールなどの緊張した場面などで置きに行ってしまいミスする状態のパターンのひとつにもなっています。

 

この目標に向かって手を出していってしまうのは人間の本能に近い部分かもしれません。

 

実際には、腕は身体に沿って振られ、フォローではターゲットラインからどんどん離れて行くようになった方が再現性の高い安定したスイングになります。

 

ターゲットより左に向かって手が動くこととストレートに近いボールを打つことが頭の中で一致させることが出来ると、ボールのコントロールが易しくなると思います。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|

 

 

 

 

バランス

練習場だと上手く打てるが、コースではいまいちという方は、バランス感覚が悪いのかもしれません。練習場と違って、コースには様々な傾斜があり、対応するには優れたバランス感覚が必要になります。

 

他のスポーツを考えた時に、例えばサッカーであればポジションが複数あり、右足が得意な選手や左足が得意な選手などがいますが、それぞれのポジションのスペシャリストであればOKなのですが、ゴルフは個人競技です。

 

つま先上がりや、つま先下がり、左足上がりや、左足下がり、さらに複合した傾斜などを全て自分の能力で対応しなければなりません。

 

ゴルフコースは、上りのホールがあれば、下りのホールもありますので、登りのスペシャリストや下りのスペシャリストよりも、両方をそつなくこなす事が出来る方が理想でしょう。

 

ゴルフの教えで、傾斜地からのショットは、コンパクトに、8割程度でスイングし、クラブの番手を変えて対応すると耳にしますが、優れたバランス感覚を持つ上級者などは、軽度の傾斜であれば平地と同じ位のヘッドスピードは出せると思います。

 

体の左右の筋力差や、柔軟性、バランス感覚などが大きく異なる方は、バランスの良い体作りを目指してみるのもゴルフ上達には有効だと思います。

基礎の練習

ゴルフの上達する人と、上達しない人の練習風景を観察していると、練習内容の違いを感じる事があります。

 

ゴルフが上達する人は、初心者の頃からショートゲームの重要性を理解し、アプローチやパターにも練習時間を割いているのに対し、上達しない人は、何年たっても、フルショットの練習ばかりしている人もいます。

 

アプローチや、ハーフスイングなどの練習は、正しいインパクトゾーンを作るための練習には必須項目です。基礎の練習ということになるのでしょうが、基礎の練習というのは、ストレス解消のフルショットとは対極にあるものだと個人的には思います。しかしこの地味な練習を繰り返す事により、ラウンドで必要な忍耐力も身につきます。

 

プロゴルファーでも、最近アプローチとパターしか練習しなかったと言う人が、試合で優勝してしまったケースもあるそうです。

 

良いスコアは、ショートゲームの成否によって決まると答えられる人は、きっと上達し続けられる人だと思います。

 

 

 

 

 

 

集中力のトレーニング

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ プレー終盤での集中力の維持のためのトレーニングの話です♪

 

プレーの終盤になるとちょっとしたことがキッカケで大崩れしてしまうことがあると思います。同じことが前半のうちだったら踏ん張れるかもしれません。

 

これは、疲労によって血行が悪くなり、脳に酸素が回りにくくなり頭の回転が低下してしまうことが一つの原因です。

 

これを避けるためには日頃の運動として縄跳びをすることをオススメします。

 

小さくジャンプすることをし続けることでふくらはぎの筋力アップと全身持久力のアップに効果があります。

 

全身持久力がアップすることで疲れにくく、疲労からの」回復力もアップします。

 

また、第二の心臓といわれるふくらはぎは筋肉が大きい方が足まで下がってきた血液を上半身に送るポンプ機能が高くなり、プレー終盤でも充分に脳に酸素を行き渡ることにつながります。

 

これはもちろん仕事で疲れた時などでも頭の働きが良い状態を維持出来ることなどにもつながりますので、是非、一日一分でもいいので、初めてみてはいかがでしょうか?

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|

観察力を大切に!

今回はコースでスコアを作る為のポイントの一つについてお話します。

ショットや球筋は普通でもスコアをしっかり作ってくるアマチュアの方々の特徴として、観察力が優れているな~と感じることが度々あります。

私が思う観察力とは、コースコンディション、風向き、自分の球筋や飛距離(キャリー&ラン)、ボールのライや傾斜の見極め、ダメージの大きそうなトラブル箇所、同伴プレーヤーからの情報、といった事柄をしっかり把握してプレーしている事を指します。

またこの能力が優れている方は、物事を客観的に把握する事も得意なようです。

どうもコースに出ると必要以上に緊張したり、慌ててしまいやすい方は、日頃から物事を客観的に捉えるトレーニングも有効かもしれませんね。(^J^)

洋芝のラフ

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ 洋芝と和芝の違いについてです♪

 

北海道の合宿で再認識したことがありました。日本ではほとんどのゴルフ場で使われているコーライ芝、野芝のラフと、洋芝という大きな括りの中のベントグラス、フェスキュー、ブルーグラス、ライグラス、バミューダグラス、ティフトンなど様々な品種の芝生では難易度も対応の仕方も大きく変わります。

 

コーライ、野芝のラフは男子プロが打つとよほど深くなければ、基本は飛びすぎるミスがほとんどになりますが、これは葉や茎が固く、葉の湿度が低い事でボールが浮きやすく、球とフェースの間に挟まる芝生のせいで落ちるボール初速の減衰度が小さいためです。

 

一方、例外もあるとは思いますが、洋芝は葉が柔らかく、湿度も高いのでボールが沈みやすく、初速も落ちやすいので飛ばないミスも考慮しなければならず、日本の芝生よりも飛距離に対しての不確定要素が多くなります。

 

そのために、アメリカのゴルファーはフェアウェイキープをすることがとても重要なので、飛距離よりもフェアウェイキープを優先し、日本のゴルファーは、ラフからでもなんとかなるので、飛距離重視の考え方を持つ傾向があります。

 

なので、U.S.ツアーにスポットで参戦する日本のプロ達はラフに慣れた頃には試合が終わってしまうことも多いと思います。遼くんや松山君も多くの種類の芝生の対応に慣れてくれば、スイング技術は決して負けていませんから、パッティング次第でhsいつかアメリカやメジャーでの優勝の姿を見せてくれると思います。

((((((( ‥)ノ |EXIT|

 

 

 

トーナメントのペアリング

トーナメントの予選ラウンドのペアリングは、主催者側が決めることになるのでしょうが、この組み合わせが影響して、決勝ラウンドが盛り上がりにかけてしまう状況になったのでは?と感じる事があります。

 

あくまで私個人の意見ですが、全米オープンで世界ランキングの1、2、3位を予選ラウンドで組ませてしまったり、日本でも石松対決を演出したりと、ギャラリーやテレビ視聴者を喜ばせる為の配慮なのかもしれませんが、誰一人として優勝争いに参加できていない状況が生まれてしまい、残念に思う事があります。

 

トーナメントの盛り上がりは、最終日にスター選手や、ランキング上位の選手達が優勝争いをしている事が大切な要素であるとしたら、予選ラウンドの組み合わせなども、もっと公正な決め方があっても良いのでは?と思う今日この頃です。