ラフ対策

これからの時期は、ラフ対策を事前に考えておくと良いと思います。

 

ラフといっても、ボールが沈んでいる場合や浮いている場合があります。

 

ボール探しが大変で、真上からでないとボールが見えないようなラフの場合は、無理は禁物です。ウェッジなどを使って、フェアウェーに戻す事を最優先に考え、傷口を広げないようにするのが無難です。

 

反対にラフでもボールが綺麗に浮いている場合は、フェアウェーウッドやユーティリティ、ロングアイアンも使用可能だと思います。しかしテンプラやだるま落としになりやすいライでもあります。

 

アッパーブローに打つ方は、浮いているラフは打ちやすいと思いますが、ダウンブローに打つ方は、上記のミスを警戒する必要があります。

 

フェアウェーウッドやユーティリティにテンプラマークが付いている方は、浮いているボールを打つときは、トップさせるつもりで打つと最悪のミスを回避出来るかもしれません。練習でも意図的にハーフトップを打つ練習をしておくと、有効だと思います。

 

クラブについても、テンプラしやすい人は、シャローフェースのクラブよりもディープフェースのクラブの方が良いでしょう。

 

ラフに上手に対応するには、的確な状況判断が大切です。残り何ヤードだから何番で打つという事ではなく、ショットを打つ前にボールのライを観察してから使用クラブを決めると良いと思います。

 

 

トップの原因がダフり?

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ トップの原因のいついてのお話です♪

 

キャリアの長い人に多い話なのですが、コースでトップすることが多い人の中で、根っこはダフりやすいスイングなので、ダフリに散々痛い目にあわされてきたベテランゴルファーは無意識に何かしらの調節でダフリを回避しようとします。

 

その結果、コースでトップばかりするようなケースが多くなり、最終的にダフリもトップも出るスイングになっていってしまいます。

 

結果論ですが、この場合は最初にダフリの原因を探り解決しておかなかったことが、このような最悪の結果を招いてしまいました。

 

このように、ゴルフでは何かしらのミスを嫌がって逆のミスが出てしまうことが他にも多くあります。

 

これを逆手にとって、ランニングアプローチの時にワザとトップする要因を取り入れてダフリを回避すると結果オーライになる確率を高めることが出来たりもします。

 

こうして、状況に合わせてミスに偏りを持たせることは立派な戦略ですが、どちらのミスが出るかわからないようだとゴルフが難しくなってしまいます。

 

なにかしらのミスが続くようになったら、早期解決を試みないと、あとで、スイングが非常にややこしいモノになり長いトンネルに入っていってしまいますので、注意しましょう。

((((((( ‥)ノ |EXIT|

足指の活用について

スイングをしていて、”上体が起き上がりやすな”とか”トップで体がぐらつきやすな”といった方に向けてのアドバイスです。

先日、バックスイングをしたらどこまでも行けてしまうので、トップの位置がよくわからないという質問を60代女性の方からいただきました。その方のスイングを拝見すると、トップスイングのポジションの時に右足の親指側が軽くめくれて地面から離れている状態でした。この方にバックスイングで大切にしている事を確認すると、”しっかり体を回す事”とか。確かにしっかり体が回された状態である事は問題ありませんが、土台が浮き上がってしまってはどうにもなりません。この方に、バックスイング時に右足の指(特に親指)達はどういった状態になっているかと確認したら、特に力は入っていない状態との事。そこで、バックウイングでトップに近づくにつれて右足の指でしっかり地面(靴の中敷)を掴むようにしてもらった所、あれ?これ以上トップがらない位置が出てきました!!との事。またダウンスイング以降では左足指も同じように活用する事を伝えたら、トップの位置だけではなく、ボールへのコンタクトが易しくなりかつ下半身の力が使えるようになりました。

心あたりのある方、是非足指の活用を試してみて下さい(^J^)

シャンクの原因

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ シャンクの原因の一つ、起き上がりについてのお話です♪

 

アイアンショットを打つプレーヤーをターゲットライン後方から見た時のアドレス時に出来ている太腿骨と背骨が作る「くの字」を縦に拡げて上体を起こすと、ヘッドが斜め前に上がり、ネックとボールが接近しシャンクの原因になります。

 

これを防ぐには腸腰筋と呼ばれる腰椎と大腿骨をつなぐ筋肉に力を入れる必要があります。

 

腸腰筋の代表的な役割は階段を上る時などに膝を上に持ち上げる事です。ゴルフのアドレス時に身体が起き上がらないように前述のくの字の角度をキープする場合にも強く働く必要があります。

 

この腸腰筋に力を入れるためのエクササイズとしては、パートナーに胸首のあたりを手のひらなどで抑えてもらい股関節から身体を前に倒すようにしてパートナーの手を押し下げます。この時に腹筋と腸腰筋に力が入ります。そして、この力を残したまま今度は背中側の首の付け根あたりをパートナーに抑えてもらい同様に押し上げますこの時にはお尻と背中の筋肉に力が入り、先程の前に押し下げた力と拮抗して上半身と下半身が頑丈につながります。

 

この結果、スイング中の上半身の起き上がりを抑えることができるので、シャンクの原因を一つ取り除くことになります。また、このことで、脚と体幹が一体となり力の伝達が可能になるためにエネルギーロスを防ぐことができる上に肩甲骨が動かしやすくなり、スムーズなスイングが可能になります。

 

シャンクが出ない人でもこの力が入ってないかもと感じる方はお試しあれ。((((((( ‥)ノ |EXIT

 

 

 

セットアップとヒッカケフック

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ セットアップで知らずに右へ向いてしまう人のお話です♪

 

アマチュアゴルファーの中の多くが真っ直ぐ向いて構えているつもりが、右へ向いてしまっている人が多いと思います。

 

すると、そのまま打つと右へ飛んでしまうので、左へ向こうとする人、無意識に軌道を左へ向けてアウトサイドインに振ってしまう人、フェースを左へ向けてしまう人に分かれます。

 

このうちのアウトサイドインに振ってしまう人がヒッカケフックになりやすい人です。アウトサイドインにクラブを振るとダウンスイングではフェースが閉じやすくなります。そして少し早いタイミングでヘッドが返り始めた時に左に飛び出してフックするボールが出てしまいます。これが続くともっと右へ向いてしまい症状が悪化してしまいます。

 

このような人は左へフックしやすいのですが、セットアップで左へ向いて右へ飛ばすつもりで打つと改善するケースが多いです。知らずに右へ向いて構えてしまう傾向にある人は参考にしてみて下さい。

 

このように自分で気付かずにセットアップが狂ってしまった時に狂った部分でないところを変えてしまうとスイングがどんどん崩れていく悪いスパイラルにはまってしまいます。

 

セットアップのチェックはいくらやってもやり過ぎということはありませんので、定期チェックを心掛けて下さい。

((((((( ‥)ノ |EXIT|

ボールを試す

ゴルフショップやネット通販などを見ていると、世の中には一体何種類のボールがあるのだろう?と思ってしまいます。

 

全てのボールを試したいところですが、お金も時間的余裕も足りないと思います。

 

という事で、自分の求めるプレースタイルや、スイングスピードなどで大まかに絞れると思います。

 

とにかく飛ばしたいと思っている方や曲げたくないと思っている方は、ディスタンス系のボールを選べば良いでしょう。スピンタイプのボールと比べた場合、特にアイアンではバックスピンが減少し、1番手以上の違いが出る程飛びますし、左右にも曲がりにくいのが特徴です。

 

スピンタイプのボールは、アスリートゴルファーや、スピンのコントロールを求める方にお薦めです。自在に球を曲げたり、アプローチで球を止めたりするのに適していますが、球の行方をコントロール出来ない人は手を出さない方が無難だと思います。

 

上記以外にもボールを変える事で、変化が現れる可能性もあります。自分のヘッドスピードに対して、ボールが硬すぎると、インパクトの接触時間が短くなるといわれています。接触時間が短いと、硬いと感じたり、コントロールがしずらいと感じる人が多いようです。

 

ゴルフ番組などで、利きボールなんて言葉を初めて聞きましたが、とても大切な事だと思います。

チャンピオンから学ぶ②

今日は朝からビッグニュースが届きました。

 

男子シニアメジャー大会の1つ、全米シニアオープンで、日本の井戸木鴻樹選手が逆転優勝を飾ったとの報道でした。井戸木選手を始め、室田選手、尾崎直道選手、高見選手と出場4選手が予選を通過という日本のシニアツアーのレベルを世界にアピールできた素晴らしい大会になりました。

 

井戸木選手は、関西出身のプロで、「ドッキーさん」の愛称でファンに親しまれている選手です。

 

ドライバーの飛距離が、250~60Yと飛距離が出る選手ではありませんが、日本のレギュラーツアーに出ていた時には、フェアウェイキープ率は毎年トップ争いをするほど、ドライバーのコントロールの上手な選手です。

 

私も過去(10年程前)にツアーを観戦して、井戸木選手の組について歩いた事がありますが、まずビックリしたのはファッションです。まるでイタリア男です。アルマーニやヴェルサーチなどが好きな人なのかなという印象を受けました。

 

優勝のターニングポイントになったのは、私個人としては3日目だったのかなと思います。世界のトム・ワトソンと同組で、井戸木選手は新聞記事にも書いてありましたが、自分のゴルフを貫く事だけを考えてプレーした結果、ロースコアでラウンド出来て、自信を深めたのではないでしょうか?

 

井戸木選手を手本にして、自分のゴルフに徹する事の大切さを再認識しようと強く感じました。

ハイブリッドクラブ

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ ハイブリッドクラブのスライスです♪

 

ヘッドの重心深度というものがあります。これはフェースの重心点と重心の間の距離のことです。パターで言えばL時型は重心深度が浅く、カマボコ型は深くなり、ロングアイアンは浅くウェッジは深い、ハイブリッドは浅く、フェアウェイウッドは深くなります。

 

重心の深いクラブはハンドファーストの度合いを大きく、浅いクラブは小さくすると、道具として自然に振りやすくなります。

 

また、重心深度が浅いクラブはフェースが返る量が少なく、深いクラブは多くなるために、フェアウェイウッドに比べて重心深度が浅いハイブリッドはスライスしやすくなるというわけです。

 

ハイブリッドに限らず、重心深度が浅いクラブはボールを左寄りにして、ハンドファーストの度合いの小さいインパクトになるように調整するとそのクラブの性能が充分に引き出せるようになるでしょう。

((((((( ‥)ノ |EXIT|

外人パワー

私の知人のプロゴルファーに聞いた話なのですが、今から20年近く前に彼は、ゴルフの修業の為にアメリカにいたそうです。

 

当時USPGAツアーでは、デービス・ラブ3世やフレッド・カプルスが飛ばし屋で有名だったそうですが、「俺はラブよりも飛ぶ」と公言している無名のプロとラウンドしたそうです。

 

私の知人は、当時ドライバーの飛距離は260~270ヤードほどで、日本では当時としては飛ばない方ではなかったそうですが、飛ばし自慢の外人プロは何を思ったか、膝立ちの姿勢からドライバーショットを放ち、私の知人のボールをアウトドライブしたそうです。

 

膝立ちで280ヤード以上も打てる外人パワーって凄すぎる。おそるべし外人パワーというお話しでした。

 

 

ウォーミングアップ

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ 準備運動についてです♪

 

スタート前の準備は何をしていますか?自分なりにどんな過ごし方をしてもいいと思います。ただし、いつも同じルーティンで同じように過ごすことが理想です。

 

スタート前に準備すべきことは何でしょうか?

ティ?

マーカー?

ボール?

これは当たり前です。

 

大事なのは、心の準備、体の準備です。

 

心の準備とは、潜在意識にこれからゴルフをプレーするぞということを伝える事です。アマチュアゴルファーの場合は数日前から〇日後の何時に〇〇ゴルフ場でプレーだぞという事を確認しして、明後日は・・・、明日は・・・、という風にカウントダウンをして行きます。過去にプレーしたことがあるコースであれば、当日は「あのホールはこんなふうに攻めてみよう。」など、リハーサルを行なっておくとなお良しです。

 

 

スイッチが入らない状態というのは、プレー中に、中途の仕事のことや、帰ってから何をしようか?など不要な思考が頭をめぐり、プレーに集中できない状態になります。これは、今、ゴルフをしているという認識を潜在意識が理解しておらず、良いパフォーマンスが発揮できません。

 

しかし、スイッチが入れば1プレーに対しての集中力が高く保てたり、コースマネジメントなどの思考も深い状態になってくれるでしょう。

 

そして、当日はスタート時間から逆算して一定の時間に同じことをして過ごします。これをプレーの度に繰り返すと、スタート時間にきっちりとゴルフのスイッチがONになり、好プレーにつながることでしょう。

 

また、体の準備は、トップとフィニッシュで充分に身体が動ききったスイングをスタートホールのティショットで出来るようにすることです。

 

これは、ドライビングレンジでボールを打ったり、スタートティの近くなどで素振りやストレッチングをするのもいいでしょう。これもいつも同じルーティンで準備するといいでしょう。

 

準備万端整えて良いプレーが出来るようにしましょう。

 

( ・・)_/ゞ ~゜ (「゚ー゚) オッイイね