シャフトのフレックス表示は正しいか?

200~230     RR

210~240      R

230~270      S

240~280     SX

250~290      X

260~300     XX

 

上はトリプレクスというシャフトメーカーのウッド用シャフトの9モデルの振動数とフレックスの関係を示したものです。

 

振動数とはクラブの手元部分を固定してシャフトをしならせ、これが1分間で何回しなったかを計測した数値です。

 

シャフトの硬さの表し方は色々ありますが、振動数で硬さを表すのが一番ポピュラーになっています。

 

 

数値が大きいほど硬く、小さいほど軟らかいことになります。

 

数値が10変わるごとに1フレックス変わるくらいが標準で、上表を見ると同じフレックス表示の中でも30~40ほど違います。

 

これは、例えば年配の男性用ドライバーをターゲットとして定めて、その層の一般的なヘッドスピード30~40m/sの中で30~35m/sの人に見合った振動数のものをR、35~40m/sに見合った振動数のものをSと定めます。

 

これに対してプロモデルは40~50m/sくらいを対象にして同様にフレックス設定をすると同じRシャフトでも硬さに違いが出てくるわけです。

 

結果、上のモデルのSシャフトが適している人は、下のモデルのRシャフトでも硬すぎるということになります。

 

このように、同モデルを比べる場合はRはSより軟らかいと判断ができますが、違うモデル同士の場合は、ワッグルをしてみたりスイングしてみたり計測するなどしないと判断ができません。

 

クラブを新しくする場合に、シャフトの硬さはとても重要なポイントの1つです。

 

フィッティング、試打などをしてからのご購入をおススメします。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

年末年始の営業のお知らせ

2018年も早いものであと1日となりました。

 

年末年始の営業日のお知らせです。

 

12月31日から1月4日まで休業とさせていただきます。

 

1月5日より通常営業となります。

 

 

本年中は大変お世話になりました。

 

皆様、良いお年をお迎えください。

今回の大雪で都心近郊のゴルフ場はようやくオープン?

東京は今回の大雪で屋根の雪下ろしはさすがになかったかと思いますが、多くの人が職場や自宅周辺の雪かきに追われたのではないかと思います。

 

今回の量だと必要最低限の場所の雪をどこかに移動する形になったでしょう。

 

そして現在は日当たりの悪い場所に移動した雪が溶け残っている状況だと思いますがこれに要した時間はそれほどではなかったのではないでしょうか?

 

しかしゴルフ場ほどの広大な敷地の除雪となると大変な作業になります。

まず、ゴルフ場への進入路、駐車場の除雪、管理道路の除雪、クラブハウス周りの除雪をして雪かき部隊が出勤できる環境をつくります。

 

コース内はグリーン、ティ、の雪踏み、これはキャディさんや研修生が任されることが多いと思います。

 

フェアウェイは雪踏みをするか、車両で轍を作るなどして溶けやすくし、融雪剤を撒くこともあります。

 

ラフも轍を作ることで雪を溶けやすくする作業が基本になりますが、日当たりの悪い区域は放置しているとなかなか溶けないのでプレー区域外の谷や池に投棄します。

 

この時に作業車のタイヤやスコップなどで芝生が傷つきますから経営に余裕があるゴルフ場は雪踏み程度の作業にしておき溶けるのを待つのでオープンが遅れますがコースは傷みません。

 

積極的に営業するコースは無理な雪かきで芝生は傷みますが早くオープンできます。

 

そんなわけですので今日あたりオープン出来ているゴルフ場は少しコースが傷んでいる可能性があります。

 

まだオープンしていないコースもありますのでプレーの前日に必ず営業状況をゴルフ場に確認しましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

                        ⇒体験レッスンはこちら

 

 

 

 

年末年始営業のお知らせ

本年は大変お世話になりました。

 

来年も皆さんにとって良い年でありますように。

本年は本日で営業を終了させていただきます。

 

年末年始の営業は以下の通りとさせていただきます。

 

年末年始営業時間

30(土)      ~17:00

31㈰~1/4㈭     冬季休業

1/5          通常営業

 

 

年末年始休業のお知らせ

2016年も大変お世話になりました。

 

来年も引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

年末年始の営業は以下の通りとさせていただきます。

 

12月30日(金)      ~17:00

12月31日(土)      休    業

1月 1日(日)      休    業

1月 2日(月)      休    業

1月 3日(火)      休    業

1月 4日(水)      通 常 営 業

グアム合宿の日程が3/5(日)~3/8(水)に決まりました

グアム合宿の日程が3/5(日)~3/8(水)に決まりました。   空港から30分、

golf_navi_facilityホテル外観

 

コースは今年亡くなったアーノルド・パーマー氏設計の18Hと帝王ジャック・ニクラウス設計の18Hでとても戦略性の高い36Hです。

course_hibiscus

 

とても戦略性が高いコースになっており、スコアメイクの勉強にはもってこいのコースです。

 

course_orchid

 

参加費用は未定ですが、決まり次第お伝えさせていただきます。

 

course_bougain

 

みなさん、ぜひご参加ください。

 

course_frangipani

千葉市原での久しぶりの早朝スルーラウンドを振り返って

先週の平日、市原市牛久にある市原ゴルフクラブ柿の木台コースにて早朝4:50スタートというナイター照明が灯る中、1ラウンドスルーでプレーしてきました。

知人に誘われた時は、「この時期に早朝スルーなんて出来るの?」というのがまず頭に浮かびましたが、市原に平日6500円で可能なコースがあるとか。

出発はメッチャはやいですが、横浜に昼前には帰れるという事だったので、百聞は一見に如かずと思い、行ってきました。

全体の感想としては、午前中にゴルフを18ホールして、午後から別の事に時間を使いたいと思う時はありだと感じました。以下は良い面、残念な面の感想です。

良い:●往復の車の移動がスムーズで当日午後の時間が有効活用できる

●トップスタートであれば、スロープレーで待たされる確率が極めて低く快適

●財布に易しい金額で、プレー後は湯船にもつかれるのでサッパリ爽快

●ナイター照明となった3ホールは幻想的で、中々お目にしない光景で面白い

●距離は短いものの、左右トラブルが多く、緊張感高いティーショット練習可

●ナイター照明、カート内の画面デジタル表示は新しく、セルフプレー問題なし

残念:●来場者が多い為か、ディボット跡多く、コースメンテナンスは手薄な感じ

●この時期の早朝は夜露が多く、4~5ホールはウエットな状態でのプレー

●グリーンの状態は柔らかいので凹凸ができやすく、球の転がりは不均一

●早起きが苦手な人、プレー前にしっかり練習してから回りたい人には不向き

ざっとこんなところですが、このコースでの早朝スループレーは10月いっぱいで年内は終了とか、年明けは春から再開のようですので、興味がある方はぜひ一見してみて下さい(^_-)-☆

コンペの始球式はコースの許可を得てスモークボールが盛り上がりそう!!

コンペシーズンです。雨が続いていますが、天気はこれから回復傾向になるようです。

 

最近のゴルフ場はスモークボールが禁止のところが多いので、始球式をやる予定の幹事さんは予め確認されることをお勧めします。

 

スモークボールは軟らかいので高く上がりにくいのですが、高く飛ばせた方が絵になりますのでティを高めにするなどの工夫で盛り上がり方も変わってきます。

you tubeより転載

 

 

一方、打つとボールのカバーが割れて中からアルミのリボンが出るタイプのものもあります。

 

こちらは、ゴルフ場の許可なく使えると思います。

 

見た目よりもリボンの大きな風切り音で盛り上がりますから、ヘッドスピードが速めの方に始球式をお願いした方がいいかもしれません。

 

you tubeより転載

 

やっぱりスモークボールの方が盛り上がりそうですね。

 

芝生が青い季節はスモークボールを許可してくれるコースも多いですから、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?