全米オープン3日目 グリーンが茶色く?

全米オープンゴルフ3日目、USGAは当初の思惑よりもグリーンが遅かったため、速くしようとグリーンに散水をしないという方針を立て実行したところ、芝が枯れてしまい一転茶色いグリーンになってしまい、想定外にグリーンが固く速くなってしまいました。

 

 

元々傾斜の強いグリーンなので、速くなりすぎてボールが止まらなくなってしまいました。

 

ゴルフ場は本来良いショットには報酬を与えてミスショットには罰を与えるというのがゴルフのゲームを面白くするのですが、この日はまずまずのショットにも罰が下ってしまうコンディションになりました。

 

グリーン上もポアナが混じったグリーンはグリーン面が均一に滑らかにならず凸凹してしまうので、その凸凹に運を左右されてフェアな状態とはいえないコンディションです。

 

こうなると、実力以上に運に恵まれた人が上位に上がって行きます。

 

明日はグリーンコンディションも多少良くなるよう整備されると思いますので、最終日はメジャー競技らしい闘いを見たいですね。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら

 

どうなる松山

ALBAの全米オープン速報の上位者のTOTALスコア欄を世界ランク順位に書き換えました。

 

昨日と比べると実力者が上位に集まってきて今週の役者が揃った感があります。

 

世界ランク上位者はトップ争いと予選落ちとくっきり明暗が分かれた珍しい展開です。

 

とても難しいコースですから、明日、ダスティンジョンソンがスコアを崩す可能性もあるので松山選手にもチャンスの芽が出てきてとても面白くなりそうですが、このまま独走状態となりそうな気配です。

 

順位 SCORE 順位
変動
PLAYER TODAY HOLE 1R 2R 3R 4R TOTAL
1 -4 D・ジョンソン -3 F 69 67 1位
2T 0 △4 C・ホフマン -1 F 71 69 36位
2T 0 ▼1 S・ピアシー +1 F 69 71 181位
4T +1 △42 T・フリートウッド -4 F 75 66  12位
4T +1 △42 B・ケプカ -4 F 75 66 9位
4T +1 △2 J・ローズ 0 F 71 70 3位
4T +1 △2 H・ステンソン 0 F 71 70 17位
4T +1 ▼3 I・ポールター +2 F 69 72 27位
9T +2 △10 R・ファウラー -1 F 73 69 7位
9T +2 ▼8 R・ヘンリー +3 F 69 73 58位

11T +3 △26 M・リーシュマン -1 F 74 69 143
11T +3 △8 M・フィッツパトリック 0 F 73 70 143
11T +3 ▼5 C・ハウエルIII +2 F 71 72 143
14T +4 △74 T・ダンカン -3 F 77 67 144
14T +4 △32 C・ヒル -1 F 75 69 144
14T +4 △23 B・ハーマン 0 F 74 70 144
14T +4 △23 J・トーマス 0 F 74 70 144
14T +4 △5 R・カブレラ・ベロ +1 F 73 71 144
14T +4 △5 J・フューリク +1 F 73 71 144
14T +4 △5 R・ノックス +1 F 73 71 144
14T +4 △5 P・ペレス +1 F 73 71 144
14T +4 ▼1 ミッキー・デモラット +2 F 72 72 144
14T +4 ▼1 A・ノレン +2 F 72 72 144
14T +4 ▼1 P・ロジャース +2 F 72 72 144
14T +4 ▼9 J・ダフナー +4 F 70 74 144
26T +5 △40 B・デシャンボー -1 F 76 69 145
26T +5 △40 B・グレイス -1 F 76 69 145
26T +5 △20 T・ハットン 0 F 75 70 145
26T +5 △20 松山英樹 0 F 75 70 145
26T +5 △20 J・ウォーカー 0 F 75 70 145
26T +5 ▼7 R・フォックス +2 F 73 72 145
26T +5 ▼7 W・グリマー +2 F 73 72 145
26T +5 ▼7 P・リード +2 F 73 72 145
26T +5 ▼13 B・スティール +3 F 72 73 145
35T +6 △53 D・メイヤー -1 F 77 69 146
35T +6 △53 P・ミケルソン -1 F 77 69 146
35T +6 △11 P・キャントレー +1 F 75 71 146
35T +6 △2 アーロン・バデリー +2 F 74 72 146
35T +6 △2 L・ウーストハウゼン +2 F 74 72 146
35T +6 ▼16 P・ケーシー +3 F 73 73 146

35T +6 ▼16 Z・ジョンソン +3 F 73 73 146
35T +6 ▼16 A・ジョンストン +3 F 73 73 146
35T +6 ▼16 C・ナーゲル +3 F 73 73 146
35T +6 ▼22 X・シャウフェレ +4 F 72 74 146
45T +7 △69 L・ハオトン -2 F 79 68 147
45T +7 △21 D・バーガー +1 F 76 71 147
45T +7 △21 ロス・フィッシャー +1 F 76 71 147
45T +7 △21 W・シンプソン +1 F 76 71 147
45T +7 △1 K・チャペル +2 F 75 72 147
45T +7 △1 T・フィナウ +2 F 75 72 147
45T +7 △1 F・モリナリ +2 F 75 72 147
45T +7 △1 P・ユーライン +2 F 75 72 147
45T +7 ▼8 M・パージアレ +3 F 74 73 147
45T +7 ▼26 ルイス・ガニェ +4 F 73 74 147
45T +7 ▼26 B・ゲイ +4 F 73 74 147
45T +7 ▼39 A・ビョンハン +6 F 71 76 147
45T +7 ▼39 S・バーンズ +6 F 71 76 147
58T +8 △56 G・ウッドランド -1 F 79 69 148
58T +8 △8 K・アフィバーンラト +2 F 76 72 148
58T +8 △8 ビル・ハース +2 F 76 72 148
58T +8 △8 J・ベガス +2 F 76 72 148
58T +8 △8 T・ウィルキンソン +2 F 76 72 148
58T +8 ▼12 D・バーメスター +3 F 75 73 148
58T +8 ▼12 キャメロン・ウィルソン +3 F 75 73 148
58T +8 ▼39 S・ストリッカー +5 F 73 75 148
58T +8 ▼45 B・スネデカー +6 F 72 76 148
58T +8 ▼52 M・パボン +7 F 71 77 148
= 以上、予選通過 =
68T +9 △46 G・マクドウェル 0 CUT 79 70 149
68T +9 △33 J・スクリブナー +1 CUT 78 71 149
68T +9 △33 J・スピース +1 CUT 78 71 149
68T +9 △20 L・グローバー +2 CUT 77 72 149
68T +9 △20 M・サウスゲート +2 CUT 77 72 149
68T +9 △20 M・ウォレス +2 CUT 77 72 149
68T +9 ▼2 L・グリフィン +3 CUT 76 73 149
68T +9 ▼2 E・グリジョ +3 CUT 76 73 149
68T +9 ▼2 イム・ソンジェ +3 CUT 76 73 149
68T +9 ▼2 T・オルセン +3 CUT 76 73 149
68T +9 ▼2 B・ソーンベリー +3 CUT 76 73 149
68T +9 ▼22 R・カストロ +4 CUT 75 74 149
68T +9 ▼22 C・リアビ +4 CUT 75 74 149
68T +9 ▼49 E・アクスリー +6 CUT 73 76 149
68T +9 ▼49 K・シウー +6 CUT 73 76 149
83T +10 △45 R・マキロイ 0 CUT 80 70 150
83T +10 △18 T・ストラファシ +2 CUT 78 72 150
83T +10 △18 T・ウッズ +2 CUT 78 72 150
83T +10 △5 S・バスケス +3 CUT 77 73 150
83T +10 ▼17 M・ジョーンズ +4 CUT 76 74 150
83T +10 ▼46 S・シャルマ +6 CUT 74 76 150
83T +10 ▼46 B・スチュアード +6 CUT 74 76 150
90T +11 △38 S・ムニョス +1 CUT 80 71 151
90T +11 △38 W・ザラトリス +1 CUT 80 71 151
90T +11 △24 T・ルイス +2 CUT 79 72 151
90T +11 △24 C・スミス +2 CUT 79 72 151
90T +11 ▼2 B・ワトソン +4 CUT 77 74 151
90T +11 ▼2 A・ワイズ +4 CUT 77 74 151
90T +11 ▼24 C・ハドリー +5 CUT 76 75 151
90T +11 ▼24 M・ヒューズ +5 CUT 76 75 151
98T +12 △16 J・デイ +3 CUT 79 73 152
98T +12 △16 C・シュワーツェル +3 CUT 79 73 152
98T +12 △3 C・ミラー +4 CUT 78 74 152
98T +12 ▼10 K・キスナー +5 CUT 77 75 152
98T +12 ▼32 O・シュナイダーヤンズ +6 CUT 76 76 152
98T +12 ▼52 L・リスト +7 CUT 75 77 152
98T +12 ▼52 D・ウィレット +7 CUT 75 77 152
98T +12 ▼61 M・クーチャー +8 CUT 74 78 152
106T +13 △28 パク・ソンジュン +2 CUT 81 72 153
106T +13 △8 D・ブランスドン +4 CUT 79 74 153
106T +13 △8 D・ギム +4 CUT 79 74 153
106T +13 △8 T・マリナクス +4 CUT 79 74 153
106T +13 ▼5 A・スコット +5 CUT 78 75 153
106T +13 ▼18 リッチー・ラムゼイ +6 CUT 77 76 153
112T +14 △16 レット・ラスムッセン +4 CUT 80 74 154
112T +14 △16 スコット・スターリングス +4 CUT 80 74 154
112T +14 △2 H・バーナーIII +5 CUT 79 75 154
112T +14 ▼11 C・バブコック +6 CUT 78 76 154
112T +14 ▼11 M・パットナム +6 CUT 78 76 154
112T +14 ▼11 P・ウォーリン +6 CUT 78 76 154
112T +14 ▼46 T・ポッターJr. +8 CUT 76 78 154
112T +14 ▼66 S・ガルシア +9 CUT 75 79 154
112T +14 ▼66 S・ローリー +9 CUT 75 79 154
112T +14 ▼66 K・スタンレー +9 CUT 75 79 154
122T +15 △12 K・ブラッドリー +4 CUT 81 74 155
122T +15 △12 S・ハゲスタッド +4 CUT 81 74 155
122T +15 ▼8 リャン・ウェンチョン +6 CUT 79 76 155
122T +15 ▼21 J・ラーム +7 CUT 78 77 155
122T +15 ▼34 M・ミラー +8 CUT 77 78 155
127T +16 △26 テオ・ハンフリー +2 CUT 84 72 156
127T +16 △7 J・バージェロン +5 CUT 81 75 156
127T +16 ▼26 R・エバンス +8 CUT 78 78 156
127T +16 ▼61 R・ワレンスキー +10 CUT 76 80 156
131T +17 △17 L・ハーバート +4 CUT 83 74 157
131T +17 ▼30 アーニー・エルス +9 CUT 78 79 157
131T +17 ▼43 A・レヴィ +10 CUT 77 80 157
131T +17 ▼65 デイビット・ガズオロ +11 CUT 76 81 157
131T +17 ▼65 ユー・チュンアン +11 CUT 76 81 157
136T +18 △12 A・ハドウィン +5 CUT 83 75 158
136T +18 △12 M・カイマー +5 CUT 83 75 158
136T +18 △12 G・ランク +5 CUT 83 75 158
136T +18 △12 T・ワイズマン +5 CUT 83 75 158
136T +18 △7 フランクリン・フアン +6 CUT 82 76 158
136T +18 △7 R・ルムスデン +6 CUT 82 76 158
136T +18 ▼2 小平智 +7 CUT 81 77 158
136T +18 ▼2 ジェームス・モリソン +7 CUT 81 77 158
136T +18 ▼2 クリストフェル・ライタン +7 CUT 81 77 158
136T +18 ▼22 星野陸也 +9 CUT 79 79 158
136T +18 ▼22 ケニー・ペリー +9 CUT 79 79 158
136T +18 ▼35 D・フリッテリ +10 CUT 78 80 158
148T +19 ▼5 秋吉翔太 +7 CUT 82 77 159
148T +19 ▼5 S・ラザ +7 CUT 82 77 159
148T +19 ▼14 シンタロウ・バン +8 CUT 81 78 159
148T +19 ▼14 N・グッドウィン +8 CUT 81 78 159
148T +19 ▼20 H・エリス +9 CUT 80 79 159
153 +20 △2 M・ヘバート +3 CUT 87 73 160
154 +21 ▼11 P・バーバリー +9 CUT 82 79 161
155 +23 ▼1 M・ブロック +8 CUT 85 78 163
156 +27 S・グレゴリー +5 CUT 92 75 167

全米オープンは波乱の初日でした

いやー、初日を終えて世界ランク上位の選手が下位に甘んじています。

 

難しいコースと強風で世界のトップの選手でもアンダーパーが4人だけという展開になりました。

 

優勝は4アンダーくらいかなと思っていましたが、パープレー前後の優勝ということになりそうな初日でした。

 

リンクスコースは運に大きく左右されますので世界ランクの低いプレーヤーにもチャンスが来ます。

 

午前、午後スタートでは午後の方が風が強いので明日の松山選手は正念場で、上位争いの面子が揃うので優勝者、上位者が絞られます。

 

ダスティンジョンソンは明日午前スタートなので独走状態になる可能性があります。

 

下はALBAの全米オープンの成績表です。

 

上位選手のTOTALスコアを世界ランクに書き換えてみました。

 

順位 SCORE PLAYER TODAY HOLE 1R 2R 3R 4R TOTAL
1T -1 R・ヘンリー -1 F 69 58位
1T -1 D・ジョンソン -1 F 69 1位
1T -1 S・ピアシー -1 F 69 181位
1T -1 I・ポールター -1 F 69 27位
5 0 J・ダフナー 0 F 70 53位
6T +1 A・ビョンハン +1 F 71 57位
6T +1 S・バーンズ +1 F 71 171位
6T +1 C・ホフマン +1 F 71 36位
6T +1 C・ハウエルIII +1 F 71 59位
6T +1 マシュー・パボン +1 F 71 213位

6T +1 J・ローズ +1 F 71 3位
6T +1 H・ステンソン +1 F 71 17位
13T +2 M・デモート +2 F 72 72
13T +2 A・ノレン +2 F 72 72
13T +2 P・ロジャース +2 F 72 72
13T +2 X・シャウフェレ +2 F 72 72
13T +2 B・スネデカー +2 F 72 72
13T +2 B・スティール +2 F 72 72
19T +3 エリック・アックスレイ +3 F 73 73
19T +3 R・カブレラ・ベロ +3 F 73 73
19T +3 P・ケーシー +3 F 73 73
19T +3 M・フィッツパトリック +3 F 73 73
19T +3 R・ファウラー +3 F 73 73
19T +3 R・フォックス +3 F 73 73
19T +3 ジム・フューリク +3 F 73 73
19T +3 L・ギャグニー +3 F 73 73
19T +3 B・ゲイ +3 F 73 73
19T +3 W・グリマー +3 F 73 73
19T +3 Z・ジョンソン +3 F 73 73
19T +3 A・ジョンストン +3 F 73 73
19T +3 K・シウー +3 F 73 73
19T +3 R・ノックス +3 F 73 73
19T +3 C・ナーゲル +3 F 73 73
19T +3 P・ペレス +3 F 73 73
19T +3 P・リード +3 F 73 73
19T +3 S・ストリッカー +3 F 73 73
37T +4 アーロン・バデリー +4 F 74 74
37T +4 B・ハーマン +4 F 74 74
37T +4 M・クーチャー +4 F 74 74
37T +4 M・リーシュマン +4 F 74 74

37T +4 L・ウーストハウゼン +4 F 74 74
37T +4 マット・パジアレ +4 F 74 74
37T +4 S・シャルマ +4 F 74 74
37T +4 B・スチュアード +4 F 74 74
37T +4 J・トーマス +4 F 74 74
46T +5 D・バーメスター +5 F 75 75
46T +5 P・キャントレー +5 F 75 75
46T +5 R・カストロ +5 F 75 75
46T +5 K・チャペル +5 F 75 75
46T +5 T・フィナウ +5 F 75 75
46T +5 T・フリートウッド +5 F 75 75
46T +5 S・ガルシア +5 F 75 75
46T +5 T・ハットン +5 F 75 75
46T +5 C・ヒル +5 F 75 75
46T +5 B・ケプカ +5 F 75 75
46T +5 L・リスト +5 F 75 75
46T +5 S・ローリー +5 F 75 75
46T +5 松山英樹 +5 F 75 75
46T +5 F・モリナリ +5 F 75 75
46T +5 C・リアビ +5 F 75 75
46T +5 K・スタンレー +5 F 75 75
46T +5 P・ユーライン +5 F 75 75
46T +5 J・ウォーカー +5 F 75 75
46T +5 D・ウィレット +5 F 75 75
46T +5 キャメロン・ウィルソン +5 F 75 75
66T +6 K・アフィバーンラト +6 F 76 76
66T +6 D・バーガー +6 F 76 76
66T +6 B・デシャンボー +6 F 76 76
66T +6 ロス・フィッシャー +6 F 76 76
66T +6 David Gazzolo +6 F 76 76
66T +6 B・グレイス +6 F 76 76
66T +6 L・グリフィン +6 F 76 76
66T +6 E・グリジョ +6 F 76 76
66T +6 ビル・ハース +6 F 76 76
66T +6 C・ハドリー +6 F 76 76
66T +6 M・ヒューズ +6 F 76 76
66T +6 イム・ソンジェ +6 F 76 76
66T +6 M・ジョーンズ +6 F 76 76
66T +6 T・オルセン +6 F 76 76
66T +6 T・ポッターJr. +6 F 76 76
66T +6 O・シュナイダーヤンズ +6 F 76 76
66T +6 W・シンプソン +6 F 76 76
66T +6 ブラッデン・ソーンベリー +6 F 76 76
66T +6 J・ベガス +6 F 76 76
66T +6 R・ワレンスキー +6 F 76 76
66T +6 T・ウィルキンソン +6 F 76 76
66T +6 Y・チュンアン +6 F 76 76
88T +7 T・ダンカン +7 F 77 77
88T +7 L・グローバー +7 F 77 77
88T +7 K・キスナー +7 F 77 77
88T +7 A・レヴィ +7 F 77 77
88T +7 D・メイヤー +7 F 77 77
88T +7 P・ミケルソン +7 F 77 77
88T +7 マイク・ミラー +7 F 77 77
88T +7 リッチー・ラムゼイ +7 F 77 77
88T +7 M・サウスゲート +7 F 77 77
88T +7 S・バスケス +7 F 77 77
88T +7 M・ウォレス +7 F 77 77
88T +7 B・ワトソン +7 F 77 77
88T +7 A・ワイズ +7 F 77 77
101T +8 Chris Babcock +8 F 78 78
101T +8 アーニー・エルス +8 F 78 78
101T +8 R・エバンス +8 F 78 78
101T +8 D・フリッテリ +8 F 78 78
101T +8 Cole Miller +8 F 78 78
101T +8 M・パットナム +8 F 78 78
101T +8 J・ラーム +8 F 78 78
101T +8 A・スコット +8 F 78 78
101T +8 ジェイソン・シュライブナー +8 F 78 78
101T +8 J・スピース +8 F 78 78
101T +8 タイ・ストラファシ +8 F 78 78
101T +8 P・ウォーリン +8 F 78 78
101T +8 T・ウッズ +8 F 78 78
114T +9 デビッド・ブランドン +9 F 79 79
114T +9 J・デイ +9 F 79 79
114T +9 D・ギム +9 F 79 79
114T +9 Rikuya Hoshino +9 F 79 79
114T +9 T・ルイス +9 F 79 79
114T +9 L・ハオトン +9 F 79 79
114T +9 リャン・ウェンチョン +9 F 79 79
114T +9 G・マクドウェル +9 F 79 79
114T +9 T・マリナクス +9 F 79 79
114T +9 ケニー・ペリー +9 F 79 79
114T +9 C・シュワーツェル +9 F 79 79
114T +9 C・スミス +9 F 79 79
114T +9 H・バーナーIII +9 F 79 79
114T +9 G・ウッドランド +9 F 79 79
128T +10 H・エリス +10 F 80 80
128T +10 R・マキロイ +10 F 80 80
128T +10 S・ムニョス +10 F 80 80
128T +10 R・ラスムセン +10 F 80 80
128T +10 スコット・スターリングス +10 F 80 80
128T +10 W・ザラトリス +10 F 80 80
134T +11 S・バン +11 F 81 81
134T +11 Jacob Bergeron +11 F 81 81
134T +11 K・ブラッドリー +11 F 81 81
134T +11 N・グッドウィン +11 F 81 81
134T +11 スチュワート・ヘッジスタッド +11 F 81 81
134T +11 小平智 +11 F 81 81
134T +11 ジェームス・モリソン +11 F 81 81
134T +11 S・J・パク +11 F 81 81
134T +11 K・レイタン +11 F 81 81
143T +12 Shota Akiyoshi +12 F 82 82
143T +12 P・バーバリー +12 F 82 82
143T +12 Franklin Huang +12 F 82 82
143T +12 ライアン・ラムスデン +12 F 82 82
143T +12 S・ラザ +12 F 82 82
148T +13 A・ハドウィン +13 F 83 83
148T +13 L・ハーバート +13 F 83 83
148T +13 M・カイマー +13 F 83 83
148T +13 G・ランク +13 F 83 83
148T +13 T・ワイズマン +13 F 83 83
153 +14 T・ハンフリー +14 F 84 84
154 +15 M・ブロック +15 F 85 85
155 +17 M・ヘバート +17 F 87 87
156 +22 S・グレゴリー +22 F 92 92

全米オープンゴルフ2018の放送時間

 
下は今晩からの全米オープンゴルフのTV放送の予定表です。

前日の練習中、松山選手のエースドライバーが割れてしまったそうですが、代わりの1本はまだ決まっていない模様です。

↑これが割れたみたいです

 

最近のドライバーは強度がギリギリで出来てますので、芯をよく外す人と、松山選手のようなハードヒッターは割れてしまうことがよく起こります。

 
しかし・・メジャー前日にエースドライバーが折れるとはついていませんね。
これが、怪我の功名になるといいなと思います。

 
TV見過ぎて仕事等への影響がないよう、ご観戦は計画的にお願いします。

 

日程 放送時間 チャンネル 放送予定内容
2018/06/14(木) 21:30-8:30 ゴルフネットワーク 全米オープン初日
2018/06/15(金) 2:26-4:55 テレビ朝日 全米オープン初日
2018/06/15(金) 22:00-8:30 ゴルフネットワーク 全米オープン2日目
2018/06/16(土) 2:25-8:00 テレビ朝日 全米オープン2日目
2018/06/16(土) 23:00-8:30 ゴルフネットワーク 全米オープン3日目
2018/06/17(日) 2:35-8:30 テレビ朝日 全米オープン3日目
2018/06/17(日) 22:00-8:00 ゴルフネットワーク 全米オープン最終日
2018/06/18(月) 2:20-7:30 テレビ朝日 全米オープン最終日

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 
you tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら

 

今週は!全米オープンゴルフ2018

いよいよ男子メジャー第2戦全米オープンウィークとなりました。

 

下はブックメーカーピナクルの2018US.Open Golfの人気上位選手のオッズです。

 

Name                 Odds    世界ランク

Dustin Jonson         11.290      1

Rory Mcliroy          12.760      6

Jordan Spieth         14.410      4

Justin Thomas         15.400      2

Justin Rose           16.410      3

Jason Day             17.980      8

Rickie Fouler         18.650      7

Tiger Woods           20.390      80

Jon Rahm              20.530      5

Brooks Koepka         24.100      9

Phil Mickelson        25.660      20

Hideki Matsuyama      27.600      10

 

こうして見るとタイガーウッズの人に期待させる力はやはりすごいです。

 
タイガーは大会期間中、自信が所有するヨットに滞在するそうですが、陸に上がった時に体が揺れている感覚になったりしないのでしょうか?

 
ミケルソン、マキロイは世界ランクよりも高い評価になっています。

 
ショットメーカーの松山選手にもチャンスがありますが、卓越したショートゲームの技術を持ったスピースのような選手が今回の会場となるコースに適性がありそうです。

 

スポーツ界の問題

ここ数年では、プロ野球選手の野球賭博関与、大相撲関取の賭博関与、他スポーツの選手や元選手でも恐喝、窃盗、殺人未遂などの事件が起きてきました、

 

最近ではアメフト危険タックル問題、数日前にゴルフのプロアマ戦での不適切行為問題がありました。

 

一部男子プロゴルファーのプロアマ戦でのゲストへの非礼な行為については以前から問題視されていました。

 

トーナメントのプロアマ戦は、スポンサーへの選手からの感謝の気持ちで応えるもてなしの場となっていて、試合前日の選手のコース視察や調整の場という2面性を持っています。

 

 

一部の選手の中に、スポンサーへの感謝の気持ちより、翌日の本番への気持ちが勝りしょうがなくプロアマ戦に参加しているということは以前から問題視されていたのですが、今回は度が過ぎたということだったのでしょうか?

 

ゴルフは技術が高いほどコースをよく知っていることが有利に働きます。

 

その意味では選手は翌日の試合のために少しでも多くの情報を得たいので、そのために時間を費やしたい、技術的な調整を施す時間も得たい中でのプロアマ戦への参加となります。

 

そこで、予選落ちしたプレーヤー参加のプロアマ戦の土曜日開催などの案も出ていますが、これだと今度は人気選手の参加が見込めないのでゲストが満足できません。

 

では月曜日にとなると選手の負担が大きくなってしまいます。

 

となると、前日水曜日に人気選手がプロアマ戦に参加するという現在の形になるので、選手にはプロアマ戦に集中した上で時間を見つけ、情報収集、技術の調整を行えるという資質も実力のうちといえるかと思います。

 

また、スポーツ選手の中にはその競技に没頭してきた人と、いろいろなことにチャレンジした上でその競技を選んだという人がいます。

 

前者の方が視野は狭いといえるかもしれません。

 

また、小さい時からゴルフをしていて実力があると、大人にちやほやされた結果、大人をバカにする子供になりやすく、そのまま大人になると今回のような問題にもつながってきてしまいます。

 

ゴルフを通じた教育のレベルアップに力を入れるべきよい機会となったのではないかと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら

 

素振りも以外に難しい?

ゴルフの上達のための1つの方法としては「素振り」があります。

 

この素振りを毎日行いシングルになったという人もいれば、一向に上達しないという人もいます。

 

素振りをする場合の注意点をご紹介します。

 

・練習用のアイアンマットなどを置いてその上でスイングをする。

 

舗装された道路や駐車場などのスペースで素振りをすると、地面を打たないようにスイングをしがちで、ボールを打つときにはトップすることが多くなってしまったり、インパクトでグリップがアドレス時よりも高くなり過ぎてしまうスイングを身に付けてしまいます。

 

これを避けるためには、普段よりもアドレスの前傾角を少し起こして高くティアップしたボールを想像してそのボールを打ったり、アイアンマットを敷いてマットを叩いたり、ゴムティ―を叩いたりすると変な癖がつきにくくなるでしょう。

 

・数球でもいいので、ドライビングレンジで素振り通りにスイングしたらどのようなショットになるか確認をする。

 

実際にボールを打ってみて改善が感じられなかったり、結果が悪くなったりしたら直ちに素振りのチェックポイント、やり方を変更しましょう。

 

結果が良ければよい素振りができているはずですから、もっと素振りの量を増やして一気に体に覚えさせましょう。

 

このように定期的にボールを打っておけば、悪いスイングを覚えてしまうことが防げるのですが、悪いスイングを良いと信じて繰り返すとどんどん下手になってしまいますので気をつけて欲しいと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら

 

 

 

 

ミート率の意味を勘違いされている方が多いようです

ミート率という言葉は定番化してきましたが、まだ一部のアマチュアの方の中に勘違いして理解してしまっている人がいるようです。

 

ミート率は、ボール初速÷ヘッドスピード=ミート率で算出されます。

 

ヘッドスピードに対してどのくらい速くボールが飛び出したか?というのがミート率です。

例えば、上の画像の場合だと、63.9÷43.2=1.479166・・・・となって、この測定器の場合は小数点3桁以下は切り捨てて1.47と表示されています。

 

ということなのですが、インパクトでスイートスポットに当たる割合がミート率と勘違いされている方が多いようです。

 

ちなみにミート率に強く影響するのは、ギアでいえばフェースとボールの反発係数、打点、へッド重量、インパクトロフト、軌道に対してフェースが直角に当たったかなどで、スイングではどのくらい体重がクラブに乗せられたか?などが考えられます。

 

飛ばす能力が高いはずの男性アマチュアよりも女子プロの方が飛距離が出せるのはこのミート率が女子プロの方が高いことが一因です。

 

簡易測定器でも十分ですので、ミート率を上げるためにどのようにボールに当てればいいか?そのためにはどのようにクラブを振ればいいかを考えていくと良いスイングが身について行くと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら

バンカー専用ウェッジってどうなの?

 
バンカーが苦手で悩んでいる方が多いんですね。

バンカーから脱出できるクラブがあるなら何でもいい。

 
と、考える人が多いのでしょう。バンカー専用のサンドウェッジが数多く流通しています。

 
大きく分けると下の3種類に大別できます。

 

デュアルソール型

 


櫛型


ワイドソール型、卵型

 

デュアルソール型、ワイドソール型は昔からお馴染みですが、櫛型というのは新しいんでしょうか?

櫛型はフェアウェイからのアプローチでは使えそうもないので、本当にバンカー専用ウェッジとなりそうですが、ヘッドの抜けはよさそうだなと思いました。

 

一回打ってみたいと思います。

 
ただ、バンカー専用サンドウェッジは、基本的なバンカーショットをマスターすると、むしろ打ちにくいクラブになりますが、打ち方によってはこれらの専用のウェッジを使うとバンカーから脱出できることがあると思います。

 
そんなに値段が張らないので、本当にバンカーが苦手な方は試してみてもいいのかもしれません。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら

 

 

グリップはバックラインなしの物を使える方が有利です。

可変式ドライバーを使っている場合、最初のうちはどのポジションに合わせればいいか、あーでもない、こーでもない、とカチャカチャするかもしれませんが、長く使っていると、あるポジションで落ち着き、その後はほとんどカチャカチャしなくなることが多いのではないかと思います。

 
シャフトを変える時もどこかのポジションで落ち着いてくことが多いと思います。

 
雨の日はロフトを寝かせたり、風の強い日はロフトを立てたり、調子によってカチャカチャを活用してポジションを変更する人もいるでしょう。

 

ポジションを変更するとグリップの向きが変わってしまいますから、バックラインの入っていないグリップを使っても何の問題もない人は有利ですね。

 

 

個人的にはバックラインの無いものは上手く打てなくなってしまうので、ポジションが決まったらバックライン入りのグリップに交換します。

 
一度、首を痛めたときにラウンドをしなければならないことがありました。
ロフトを増やしたかったのですが、バックラインの位置が変わってしまうので、やむを得ず普段通りの状態でプレーしました。

その結果、球がつかまらずに右へのミスショットが多かったので、やはりこういう日は、ロフトを増やしてプレーするか、軟らかめのシャフトを装着すればよかったと思いました。

 
バックラインがなくても気にならない人は、できるだけバックラインのないグリップを使用することをおススメします。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら