冬場の低い球のすゝめ

寒くなるほど空気密度が濃くなるので、ショットしたボールは空気抵抗を強く受けます。

 

フェアウェイの芝生はボールが転がりやすくなります。

 

この中でドライバーの飛距離を伸ばすためには、夏場よりも弾道をやや低くスピン量を少なくすると寒いなりに飛距離が出せます。

 

 

ボールが空中を飛んでいる間に球が曲がると着弾するまで曲がり続けてしまいますが、低い弾道のボールは早く着弾するので着弾後はボールが曲がらないために方向性もよくなります。

 

こうしたことから冬場は低いボールを打つことにメリットが大きくなります。

 

2打目以降も芝生に浮いてないボールを打つためには低い弾道になるようなインパクトをする方がボールをミートしやすくなります。

 

グリーン周りでも低く打つ方が安全になります。

 

ということで冬場は低い弾道のボールを打つ練習の時期だと思って積極的に低いボールを打つようにすると技術の幅も拡がりますしスコアメイクにもつながります。

 

寒い間は、低いボールをコントロールするのを楽しむようにプレーしてみてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

赤杭が邪魔な時は杭を抜いてしまえ?

ラウンド中、打ったボールが池の付近に飛んで行きました。

 

行ってみると赤杭にくっついて止まっていました。

どのような処置をすればいいでしょう?

 

 

この場合は杭を抜いて打つことが出来ます。

 

もしこれがOB杭ならそのままの状態でプレーしなければなりません。

 

ルールを正しく理解してプレーを楽しんでください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

ゴルフのどんなところが難しいと思いますか?

ゴルフは難しいとよくいわれますが、実際のところ何が難しいのでしょうか?

 

まず道具、シャフトの延長線上にクラブの重心がない作りになっているのでバットや竹刀と比べると複雑に動く道具であること。

 

 

そういうクラブを使って遠くに飛ばそうとするとフェースが元に戻らず曲がってしまい、方向を出そうとすると遠くに飛ばなくなります。

 

もちろん正しく振れればある程度両立できるのですが、そうなるまでが難しいのだと思います。

 

また、力ずくの作業が得意な人は繊細な細かい作業が難しく、細かい作業が得意なら力ずくな作業が難しいのが普通だと思います。

 

この両方を両立出来るようになれば良いスコアが出せるようになるのでしょうが、どうしても苦手な種目が出てきてしまい難しいと感じます。

 

それから、ゴルフは敵が一切邪魔をしてきませんし、ボールも止まっていますので簡単だろうと思うことが普通だと思います。

 

この簡単に感じるも変な道具を振ることで思ったことが起きずミスショットが発生するので簡単に感じることとのギャップの大きさも難しいと感じさせます。

 

そして最も難しくさせるのが上手くなりたい、ナイスショットを打ちたい、良いスコアを出したいという気持ちです。

 

ただ適当にボールを打って18ホールをプレーするだけならかなり簡単なことなのですが、上手くプレーしたいと思うほどドキドキして体が思うように動かせなくなる中でゴルフ場設計家の仕掛けた罠も追い打ちをかけてきます。

 

そうした中で経験を重ねるうちに上達していくのですが、その途中には多くのミスショットを重ねます。

 

この記憶が蓄積するほど怖さが増幅します。

 

ですから、ゴルフの上手い人は自分に都合の悪いことは覚えていられないという一面があると思います。

 

人としてはどうなの?とも思いますがゴルフが上手くなるためには大変都合のいい性格です。

 

プロやトップアマのベテランは技術的には若いころよりも上手くなっていてもこの怖さに負けて成績が出せなくなる人が出てきます。

 

これらを総合して考えると、ゴルフが上手くなるためには、ゴルフを始めてからできるだけ早い段階で、クラブと自分の体にとって自然で合理的なスイングを身に付けて生涯に打つミスショットの数とその記憶を少なくすることが理想の上達パターンになるだろうと思います。

 

ゴルファーには、良いスイングを身に付けて、ミスしたことは記憶から消し去るようにして順調に上達していって欲しいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

接待ゴルフを成功させたい時は?

景気の低迷のせいか最近は日本のゴルフ場のキャディさんがチップをもらうことが無くなってきました。

 

キャディさんの方も今日はチップをもらえるか?という期待もしなくなっているでしょう。

 

こんな時代だからこそチップに効き目があります。

いわゆる接待ゴルフを絶対に成功させたい、コンペを成功させたいという時にはキャディ付きにしてキャディさんにチップを渡してあげればキャディさんが大きな味方になってくれると思います。

 

コンペなら会費から、接待なら経費から、それが出来なければ自腹を切ってスタート前に渡しましょう。

 

渡し方は大抵ポチ袋に1000円札1枚というのが相場なのでここは奮発して2000円行っちゃいましょう。

 

キャディが受け取った瞬間、ん?1枚ではない?と思わせるのが狙い。

 

これで、日常業務のモチベーションが、チップをもらったという感謝の業務になりかなりのモチベーションアップになるでしょう。

 

そしてどの人を面倒見て欲しいか?等こうして欲しいを伝えておきましょう。

 

仕事上のゴルフを成功させたい時は是非試してみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

インパクトの手は構えた位置に戻すようにしましょう

ゴルフスイングで勘違いしやすいことの1つに手とヘッドの区別があります。

 

アドレス時の手は体の近くにあり、ボールは体から遠い位置にあります。

 

スイングの概念としてはこの手とヘッドがインパクト時にそれぞれ元の位置に戻るようにスイングしようということなのですが、つい手をボールに向けて戻しがちになります。

 

冷静に考えれば手がボールに近づき続ければ元の位置に戻れないのでミスになる事は分かると思いますが本能的に手をボールに向けて動かしてしまう方が多いように思います。

 

もちろんヘッドの動きが重要なのですが、そのために手がどのような軌道で動くべきかも同時に考え合わせるようにする習慣をつけておくといいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

パットが調子悪い時に考えること

パッティングでボールをカップインさせるためには、傾斜を見極めてカップに入るボールの軌跡とスピードを打つ前にイメージするライン読みボールの打出し方向と速度をコントロールできる必要があります。

 

パッティングが悪い状態は、ボールの打ち出しのどちらか、もしくは両方が狂っているということになります。

 

そんな時はカップに対して距離を合わせることだけに集中しましょう。

 

カップの近くまで寄せればカップインさせることが出来ますので3パットだけは防げます。

 

これが出来なければお手上げです。

 

3パット4パットを覚悟して良い結果を期待せずに取り組むくらいしかできることがありません。

 

距離が合わせられればそのうちにラインが見えたり打出し方向も合うようになっていく可能性があります。

 

ラインが読み切れない時はラインに対し半信半疑のまま打ってしまうのが最悪のケースです。

 

その時にはどの方向にどのくらいの強さで打つかを決めて決め打ちをしましょう。

 

迷いながら打つよりははるかにカップに寄せることが出来ます。

 

ということで調子が悪い時は結果を忘れて距離感で毛に集中した決め打ちをして2パットで凌ぐことに全力を注ぐようにしてみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら 

 

 

 

 

ウェッジの選び方

ウェッジはフルスイングをすることが少ないクラブになります。

 

フルスイングの距離よりも近い所でスピードをセーブして使うことが多いので、アイアンと同じか重いシャフトが装着されたものがいいと思います。

 

ウェッジでもフルスイングをすることが多い人はアイアンよりも少し重いもの、フルスイングをすることが少ない人はハッキリと重いものがいいでしょう。

 

サンドウェッジをバンカーでしか使わないという人はライ角を少しアップライトにしておくとフェースを開いた時に使いやすくなります。

 

手首を軟らかく使う人はバウンス角が小さいもの、強く打ち込む人はバウンス角が大きいものがいいでしょう。

 

カーボンシャフトのアイアンセットのウェッジは軽いのでバンカーの砂やラフの抵抗に負けやすいので、重いシャフトに交換するか、単品ウェッジで適切な重さのものを入れるといいでしょう。

 

重さの目安はアイアンのシャフトよりも10~20gくらい重いものがいいでしょう。

 

あまり重すぎると振りにくくなってしまいますが軽すぎるよりはいいと思います。

 

 

GSIゴルフジムは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

アイアン購入に失敗しないためには?

アイアンを購入の際はロフトをよく確かめてからご購入下さい。

 

というのも、プロモデル、易しいモデルのロフト設定の違いが大きいのでユーティリティやフェアウェイウッドとの飛距離差が大きくなり過ぎたり、重なってしまったり、ウェッジとの飛距離差が大きくなり過ぎたりすることがよくあるからです。

 

なので、一番長いアイアンとその上のクラブのロフト差が2~4°に、単品売りのウェッジをお持ちなら一番短い番手とウェッジとのロフト差が4~6°の幅に収まるように注意しましょう。

 

ロフトだけで飛距離が決まるわけではありませんがかなり参考になると思います。

 

5   6  7   8  9   P  A   G   S

ロフト角(°) 21.0 24.0 27.0 31.5 36.0 41.0 46.0 51.0 56.0

3    4   5  6   7   8   9   P

ロフト角(°) 20.5 23.0 26.0 30.0 34.0 38.0 42.0 47.0

上記の表、上がキャロウェイのローグスターというモデル、下がAPEXのMBというモデルです。

 

ローグスターを買うときに5~Pの6本、ウェッジは現在使用中の52°、58°と組み合わせるとPと52°のロフト差が11°となって間が開き過ぎてしまいます。

 

ロフトを確かめておけばAをもう1本足しておけばいいということが判ります。

 

クラブを買うときはパター以外の13本の飛距離差が出来るだけ均等になるようにするのが基本です。

 

そのために番手毎のロフトが参考になりますのでよく確かめてから購入するようにして下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

 

ワニの近くにいったボールは救済を受けられる?

ルールについてのクイズです。

 

QUESTION

ワニやマムシなどの危険な生物の近くに自分の球が行ってしまったとしたら救済は受けられるでしょうか?

 

ANSWER

救済を受けることが出来ます。

 

ただし、これを救済できるルールがありません。

 

動物の死骸であればルースインペディメントの救済が適用出来て取り除くことが出来ますが、この質問の場合は生きている危険な生物なので適用できませんが適用できるルールがない場合は公正の理念にしたがって裁定するべきであるとルールブックにあります。

 

公正の理念にしたがって危険がないと思われる地点で球が止まっていた位置からホールに近づかない最も近い地点にドロップが出来ます。

 

競技であれば競技委員に裁定を求めるといいでしょう。

 

プライベートなゴルフであれば仲間内で公正の理念に従った裁定をしてプレーをするといいと思います。

 

ルールをよく理解してゴルフのプレーを楽しんでください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら