ダフリの原因を考えてみます

ダフる、というミスショットの原因について考えてみます。

 

一口にダフリといっても、ヘッド軌道で考えると、2通りのダフリが考えられます。

 

① クラブヘッドの最下点が自分から見て右になるダフリ

 

② 最下点がボールより下の地面の中になる場合

 

クラブヘッド軌道は円ではありませんが、簡単に考えるために上の図をスイングに見立てて考えます。

 

図の右に向かってショットをする場合の円の中心Oが首の付け根、接点Oがボール、接線が地面だとします。

 

ストレートボールのナイスショットは、接点Aが最下点になり、ボールの位置と最下点が一致しているスイングです。

 

①のダフリは首の付け根がスイング中、図の左にずれたダフリになり、ボールの手前の地面を叩いた後、ヘッドが上昇しながらトップするミスショットになります。

 

この原因で多いのが俗にいう明治の大砲で体重が右に残るようなスイングをした場合や、インサイドアウト軌道になった場合が主なケースです。

 

②のダフリはOが図の下に下がり、円の一部が接線の下まで下がるか、半径が長くなり円の一部が接線の下まで下がる、いわゆるザックリといわれる飛距離が大きく落ちるミスショットです。

 

Oが下に下がるのは、体の沈み込み、半径が長くなるのはインパクト前後で手首が縦にほどけることが、よくあるケースです。

 

これらのスイングになっているとダフリが主なミスショットになるのですが、上記の原因を取り除くのではなく、

 

例えば手首が縦にほどけて半径が長くなりダフるのと、Oを身体を伸び上がらせて上に持ち上げて相殺して上手く打っている人も多く、手首が伸びる人は身体が伸び上がらせて上に持ち上げてトップする要素と相殺してナイスショットを打っている人も多くいます。

 

また、手首が伸びる分肘を曲げて半径の長さを保ち上手く当てている人も多くいます。

 

このように上手く相殺できればナイスショットが打てることもありますが、ダフったりトップしたりすることがあるでしょう。

 

上手く相殺してダフらなくするのではなく、原因を見極めてその原因を排除することが上達の近道になると思います。

 

 

 

 

ティアップの高さは30~40mmがいい?

 
ティの長さは4インチ(10.16cm)までと決められています。

ティアップの高さは、それ以内の高さなら自由に設定することができるのですが、ドライバーの場合のティーアップの高さはどれくらいにすればいいのでしょうか?

 

ドライバーのティアップの高さは、ティアップしたボールに対してドライバーをソールして、ボールが半分上にはみ出る程度が標準といわれています。

 


(左)高め (右)低め

https://lesson.golfdigest.co.jp

ドライバーのフェースの高さ(フェース厚)は、50~60mmのものがほとんどですので、これよりボールの半径分差し引くと29~39mmの高さにティ―を刺すと標準的なティアップの高さになります。

 
これに、ボールを置く台の深さを考慮して30~40mmが適正な高さだと考えられます。

 
これを基準にして、自分のスイング軌道がアウトサイドインなら上の数字から5~10mmほど低く、インサイドアウトなら5~10mmほど高くすると自分のスイングに合った高さに近づきます。

 
あとは、打ちながらお好みで微調整を加えて決めましょう。

 
ティアップの高さにより無意識のうちにスイングにも影響が出ることもありますので、自分のオリジナルの高さを実験を重ねて決めていってください。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

新ルールの意図をくみ取り上手く活用しましょう

 
来年から施行の新ルールでは、パッティング時にホールに立っている旗竿にパットした球が当たっても罰はないというルールになります。

旗竿に当たっても罰がないので、1m以内の下りのパットで旗竿を立てれば易しくパットすることができます。

 


https://www.mamejiten.com
こんなケースも出てきますかね?
 

が、規則の目的という項目の中に、他のプレーヤーたちより潜在的な利益を得ることがないように自身で罰を適用する責任があります。

 

また、プレーヤーの行動基準という項目の中には、他の人への思いやりを示すこと、例えば、速やかなペースでプレーする、他の人の安全に気を配る、別のプレーヤーの気を散らさないこと。

 
という一文があります。
 

上記の旗竿を挿して下りのショートパット時に旗竿を挿してからプレーすることは、プレー時間短縮のためにはなりませんし、もし、セカンド地点から旗竿の先だけ見えるようなホールでは、打ち込まれる危険性もあります。

 

みんなが打つ前に下りの1メートルをピンが立っているうちに打ったとしたら、プレーの短縮のためといえるかもしれませんが、潜在的な利益を受けてはいます・・・ペナルティの対象になるのかどうか難しいところです。

 
2人目のパットのときは、速やかに旗竿を抜いて、全員のプレーが終わったら挿して速やかに次のホールへ向かうようにするといいのではないかと思います。

 
潜在的な利益を得るために旗竿を利用するような人が多ければ、再度旗竿に当たったらペナルティを課すルールに戻ってしまうかもしれません。

 
昨年のミケルソンのパッティングで打ったボールを打ち返してしまった事件は、行動基準により制限がかけられ、個人個人の良識に任されます。
 
ルールは悪用せず上手に活用して、気持ちよくプレーしましょう。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

厚着でのスイングも練習すれば慣れて打てるようになります

 
寒い日のゴルフは、厚着と身体の冷えにより、トップが浅くなり、十分に筋力が発揮しきれなくなります。

これと空気密度の上昇によるボールへの空気抵抗の増加により暖かいときよりも飛距離がダウンします。

 


https://style.golfdigest.co.jp

 

プレーの際はこの飛距離ダウンを計算に入れてマネジメントしましょう。

 
ドライビングレンジでは、体が温まると薄着で打ちたくなりますが、出来るだけ厚着をした状態でスイングを繰り返して寒い中でのプレーを想定して慣れておきましょう。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

冬のゴルフは、影とロストボールに注意

 
冬場のゴルフの特徴は、低温に関連して空気は密度が高く抵抗が大きい、落ち葉が多く、球がなくなりやすい、芝の成長が止まっている、地面が凍る。

 
陽が低いことに関連して、影が長くなる、逆光は球を見失いやすい。

この逆光は結構厄介ですし、他のプレーヤーのプレーに自分の影が邪魔になることがないよう気をつけなければなりません。

 

逆光や落ち葉で球を見失いやすいので、打ったボールが止まるまで目でボールを追い続けましょう。

 
アマチュアの方のプレーで時折見かけるのが、ミスショットをして悔しいリアクションをとり、球を見ていないことがあります。

 
これが原因で球の捜索時間が必要になったり、ロストボールになることもあります。

 

球をよく見ていたら防げることなので、自分を含め、同伴者のボールの行方を確認することはマナーの1つともいえるかと思います。

 

ということで、来年からのルールでは、球の捜索時間は3分、これまでよりも2分短縮されますので、ますますボールの行方を最後まで追うことは重要になります。

 

球を最後まで見るクセをつけるようにしてもらいたいと思います。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

冬のスタート前は練習グリーンの外からも打っておきましょう

 
冬場のグリーン周りでのアプローチは、転がし用のアイアンやパターの登場回数が多くなるかと思います。

グリーンの外からのパターを使ったアプローチでは、グリーンまでの芝生の状態を把握できれば、距離感が出せます。

 

そのためには、スタート前の練習グリーンでグリーンの外からパターで練習しておきましょう。

 

https://ameblo.jp

 

グリーンエッジから離れたところからも転がしておければ、より本番に生きると思います。

 
練習している人たちの邪魔にならないよう留意しましょう。

 
エッジから2メートルくらいのところに止める感じでいいと思います。

 

打ち方は、グリーン上のときと同じでいいのですが、少しボールを左に置いて高めに打出す。
強く打たなければならないときは、チップショットの打ち方と同じように打ってみる。
など、自分なりのアレンジをしてみるのもいいと思います。

 
打つこと自体は難しくないので、回数をこなして距離感が出せるように慣れて行きましょう。

 
パッティング・冬ゴルフの関連記事です↓
◆パッティングのラインによる違い
◆冬場のアイアンショットは大きめの番手選びが有効です
◆手の防寒対策どうしたものか?
 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

手の防寒対策どうしたものか?

 
寒い中のプレーで困ることの1つが指先の冷えです。

指先が冷えると感覚も鈍りプレーに悪影響が出やすくなります。

 
手の、良い防寒対策はないものでしょうか?

 

 https://www.pargolf.co.jp

これが定番でしょうか?手の感触は損なわず手の甲を温めようという。昔ながらのゴルフ独特の手袋?です。

 

 http://kakaku.com

 

普段は片手グローブでも、寒いから両方はめてしまえ。

 

という考えで、手の感覚はさておき寒いよりはいいということで、ゴルフ用防寒使用のグローブです。

 

 https://www.jypers.com

 

ウェストポーチのように腰に巻き、筒状になった部分に左右から手を挿し入れて温めます。

 

カイロでも入れておけばかなり温かくなります。

 

打つときは背中側に回しておけば邪魔にはなりません。

 

https://www.biccamera.com

 

移動中にはめて、打つときに外し、打ったらまたはめる。

打つときは少し寒いですが、いつも通りの感覚でプレーができます。

 

ということで、ゴルフ用の防寒グッズも年々進化続けています。

 
使うか使わないかはあなた次第です。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

中級者のコースマネジメント第一歩

 
プロゴルファーは、ショットの弾道をイメージするとそのためのスイングが思い浮かび、スイングをイメージするとその弾道が思い浮かぶようになっています。

一流の選手は、弾道をイメージするだけで体が勝手に動いてその通りの弾道のショットを放ちます。

 

このように、スイングと弾道が頭の中で結びつき、イメージと実際の動きが結びついた状態がショットの完成形といえます。

 

初心者の領域を抜けて、ショット時にフェースでボールを捉えられるようになったら、コースで必要なショットを覚えていく必要があります。

 

例えば、左右のトラブルを回避するショットです。

これは、弾道というよりは右に行く打ち方と左に行く打ち方を自分なりに出来るようにすることです。

 

アドレスでフェースを目標に向けて構え、インパクト時にアドレス時よりもフェースが必ず右、必ず左に向けて当てることができるようにすることです。

 

障害物が特にない状況では、自分の最も確率の良いスイングをして、そのときに右にミスすることが多いならば、右に障害物がある状況で必ず左に飛ぶ打ち方をできれば、必ず障害物を避けることができます。

 

左に障害物があるときでも油断をせず必ず右に飛ぶ打ち方でその状況を乗り切りましょう。

 

このときの打ち方で綺麗な弾道にならなくてもいいですし、決めた方向にばらつくならそれでも構いません。

 

このようなインテンショナルショットとは少し違います

 

もっとショットが上達していけば弾道や精度は上がっていくでしょう。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

ショートアプローチで飛距離アップ

 
もっと飛距離を伸ばしたい、というのは誰しもが思うことだろうと思います。

 
ショートアプローチの中にも飛距離を出す秘訣が含まれています。

例えば10ヤードのキャリーを出すために、ヘッドが腰の高さから腰の高さまで動かしてゆっくり柔らかい動きで上手に打つこともできれば、50cmくらいのバックスイングで打つこともできます。

 
後者の小さい振り幅でできるだけ飛ばす振り方にヘッドスピードをアップする、あるいはミート率を上げる要素が多く含まれます。

 

小さな振り幅で遠くに飛ばすためには、小さい動きながらも全身の、特に大きな筋肉筋肉の力を発揮して、自分が絞り出すエネルギーの総量を大きくし、その力をスピードに変換するという技術が必要になります。

 

しかし、実際にコースでそのように打つかどうかとは別問題です。

 

よくいわれる、ゆるみのないスイングとは、小さな運動量でも飛距離が出るスイングです。

 

このできるだけ小さいバックスイングでできるだけ飛ばすスイングを実際に練習場などで試してみてください。
このとき、スマホなどで動画撮影することをお忘れなく。

 

やってみると解りますが、おお、これは結構飛ばせたなと思って動画を見てみたらただバックスイングが大きいだけだったりします。

 

例えば、このくらいのトップからどこまで飛ばせるか?

 
小さく振るつもりだけでなく、実際に小さなトップになっているか確認しながら行ってください。
 
繰り返していくうちに効率のいい力の入れ方や、体の使い方、シャフトのしならせ方、クラブの動かし方が発見できるはずです。

 

この練習は次のラウンドまで時間があるときに行ってください。

上手くいかないうちは、変に力んだスイングになってしまうことがあるからです。

 
また、この練習はパッティングでも有効ですが、ラウンド中は適正な振り幅でストロークしてください。
 

是非一度お試しあれ。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

今週末がラストチャンス?

 
夏日になったかと思ったら、そろそろ平年並みの気温になっていきそうです。

予報では12月10日の最高気温は9℃、最低気温が1℃の見込みになっています。

 

今週末を過ぎると、寒くなく、快適にプレーできるチャンスは少なくなりそうです。
 

 

今週末は是非ゴルフ場に足をお運びください。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。