今年の全米オープンの隠れた名シーン

今年の全米オープンの最終日でS・ガルシアは15番の500ヤードパー4でティショットを教会の椅子といわれるバンカーに打ち込んでしまいました。

 

運悪く協会の椅子の手前のあごに打球が突き刺さりボールの頭がわずかに見える程度まで深く突き刺さってしまいました。

 

打てる状況ではなかったので、アンプレヤブルの処置を選択してバンカー内にドロップをしたようでした。

 

この後のプレーは中継されなかったのですが、その後そのホールを「5」でホールアウトしました。

 

残念ながらそのアンプレヤブルの1打で優勝の望みが断たれたといっていいと思います。

 

ドロップした球は軽く沈んだ状態になったでしょうから、その3打目の状況を考えるとこの難ホールを「5」で上がったのはとても素晴らしいプレーだったと思います。

 

もし、トップに並んでるくらいのポジションでこのプレーがあったら歴史的な1プレーになっていたのかな?などと考えつつTV観戦をしていました。