いつも通り

アマチュアの方のゴルフの大半は、知り合い、ゴルフ仲間とのラウンドですごい緊張感は無いラウンドが多いと思います。

 

初心者の方ならコンペ、クラブ競技に参加している方はクラブ選手権や理事長杯、本格派の方なら関東アマや日本アマなどの公式競技。という普段のゴルフよりも自分がいいスコアを出したいと思う普段より緊張しそうなステージでのスタート前の過ごし方についてのお話です。

 

コンペにしても、公式戦にしても普段のゴルフよりも多くの人に自分のスコアが知られることとなります。そんな中なら恥ずかしく無いスコアを出したいとか、いいところを見せたい、自分より上手い人にくらいついていきたい、など様々な思いがプレーの邪魔をしてきます。

 

一番の大敵は自分の平均点よりもいいスコアを出す事を狙ってしまいがちなところです。

 

その為にスタート前にいつもより念入りに準備運動をしたり、滅多に行かない練習場に行ったり、いつもよりパッティンググリーンで時間をかけたりしたくなる人も多いと思います。

 

スタート前の過ごし方は人それぞれですが、大事なゴルフでもいつも通りに過ごしてスタートティに向かう方が結果もついてきやすくなります。

 

もし、この大事なゴルフの時にスタート前に練習しないと不安を感じるようなら、普段のラウンドも練習場でボールを打つようにした方がいいと思います。

 

トーナメントで真剣勝負のプロゴルファーはスタートから数ホールをウォーミングアップにあてる人は少なく、心技体が仕上がった状態でスタートティに上がります。なので、普段のラウンドでも状況が許す限り同じ準備をしてスタートして行きます。

 

また、前日に普段あまり練習しない人が急に猛練習したりすることもあまりいい結果を生みません。数日前からいつものように過ごしていつも通りに本番に臨むようにした方が自分の実力が出せるコンディションになるでしょう。