グリップ掃除のすゝめ

梅雨前線が近くをうろうろする季節になってきました。

 

そんな時のゴルフは雨に濡れがちです。

 

グリップをどれだけ整備しているかで10打くらい違ってしまう事もあるかもしれません。

 

雨に濡れたグリップはゴムの中の油分が浮きだしてきてぬるぬるしてとても滑りやすくなってしまう事があります。

 

また、ゴム製のグリップは長く使っていなかったりすると表面だけ酸化して硬くなってしまいます。こんなグリップも濡れた状態でスイングするとつるっと手からクラブがすっぽ抜けてしまう事もあります。

 

こんなことにならないように、グリップをこまめに濡れタオルなどでゴシゴシとこすっておいてください。たまに油を溶かす作用のある洗剤でよく洗いましょう。

 

滅多にグリップ掃除をしない方でも雨の中でラウンドしなければならない時は事前にグリップの硬さと油分の除去をして下さい。

 

グリップによっては晴れた時と変わらないくらいに滑らなくなります。

 

グリップを整備して雨の中のプレーも快適に楽しんでください。