季節に対応したプレーをしましょう

暖かくなってきてグリーンの芝生にとっては快適な環境になっています

 

冬場と比べるとグリーン芝生は旺盛に伸びますので、ラウンド後半は少し重くなっていきます。

 

最終ホールのパットでこれを入れれば目標スコア達成というような状況でグリーンが遅くなった分だけショートして入らないよいうようなことにならないよう注意してください。

 

グリーンの硬さも芝生の保水力が高まる分止まりやすくなります。

 

また、芝生の上にボールが浮く状態になるとミスの許容範囲が広がる一方で、靴の裏よりボールが高い位置に来る分アイアンが左に飛びやすくなります。

 

 

そういったことに気づいて対応策を考えるのも楽しいと思います。

 

日本でのゴルフは気候の変化にそれぞれの季節で上手に対応することができるかどうかでスコアも変わってきます。

 

上手く対応することができると良いスコアが出せたときなどは狙って出せた感が感じられ、達成感が高まるでしょう。

 

こうしたこともゴルフの楽しみの一つとなってくると、一層ゴルフを楽しむことができるようになると思います。

 

季節によって変わるのは芝生のコンディションによりボールのライが変わり、

 

気温によって空気密度が変わり飛距離が変わります。

 

天候によっても球の飛び方が影響を受けます。

 

ボールを上手く打てるようになってきたという人は是非こうした状況の違いへの対応を勉強してほしいと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。