クラブマニアと職人さんの苦悩

自粛期間中、工房をやっているゴルフショップもクローズになっているところが多いようです。

 

工房の常連さんはマニアが多く、結構な金額をクラブの購入やチューニングに費やします。

 

そういった人達が工房のある量販店に修理やチューニングを持ち込むことになってきていて、職人さんはとても忙しくしています。

 

通常マニアの人達は決まった工房の職人さんにチューニングを依頼して、職人さんはグリップの入れ方、好みのバランスやシャフトの系統、スイングの特徴などをよく知った上でチューニングを施します。

かかりつけの医者と患者の関係とよく似ています。

 

マニアの方も自分の体のことを知らないお医者さんに初診で診てもらうので、チューニングを事細かに依頼できない人は思ったような仕上がりにならず苦労している人も多いようです。

 

職人さんもマニアの方の好みを手探りで理解しながらになるので、たいへん気を使います。

 
そんな仕事を数多くこなすのはとてもたいへんです。

 

自粛で仕事ができない職人さんと、仕事が集まってきてたいへんな職人さん、どちらも苦労されています。

 

ゴルフクラブの物流も停滞気味で、なかにはラウンド数が増えている人も多いですが、収入やラウンド数が減っている人はゴルフショップからも足が遠のき、ゴルフ量販店の店内は空いているのに、工房の職人さんだけが忙しくなっているという特殊な状況となっています。

 
早く終息して元の活気を取り戻して欲しいものです。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。