ゴルフでもウォーターローディングを

本格的な暑さが続いています。

 

こんな時期のゴルフはプレー中の脱水には十分に気をつけたいところです。

 

プレー中の水分補給はもちろんですが、事前に体内に十分な水分を蓄えておくとプレー中の補給量を少なくすることができます。

 

イメージとしては事前にガソリンタンクを満タンにしておいて、減った分だけ小まめに補給するというイメージです。

 

前日に深酒をして脱水気味の状態でスタートすると水分補給が間に合わず当日に水分をとっても間に合わず熱中症の症状が出やすくなってしまいます。

 

プレーの数日前から普段よりも多く水分を補給して自分のウォータータンクを満タンにしておくと、当日に大量に水分を摂取するよりも内臓にかかる負担を軽減できます。

 

できればミネラルも一緒に摂取しておくと万全です。

 

これはプレー中に十分に水分を補給できない競技では昔から行われている手法でウォーターローディングといわれています。

 

 

当日はあまり水分を取りたくないと感じるくらい水分を補給するとプレーのパフォーマンスの低下が防げます。

 

ゴルフはプレー中でも自由に補給ができますが、それでも事前に水分を十分に摂取しておくと他のプレーヤーよりも高いパフォーマンスが出せるでしょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします