ウォーターハザードに架かる橋の上から打つときにソールはできるか?

ウォーターハザード内でも、ボールが打てる状態にあればその球をプレーすることが出来ますが、ソールをしてしまうと2打罰を受けます。

 

ウォーターハザード内の土の上にボールがあり、ボールの周囲に草が生えている時に草に触れる事は認められていますが、地面に触れてしまったら、ソールをしたとされ、2打罰を受けます。

 

橋は障害物という扱いで、この上のボールを打つ場合は、ハザード内の障害物も草と同じ扱いなので、ソールをしてボールを打っても罰はありません。

 

コースによってはブッシュの周りに赤杭を立ててハザード扱いとしているコースもあります。

 

昔、ゴルフ場の研修生の試合をプレーしていた時に、同伴競技者がハザード扱いのブッシュに打ち込み、80センチくらいの高さの草に触れないようにボールを打とうとして空振りをした人を見たことがあります。

 

草に触れてしまうとソールをしたことになってしまうと勘違いしていたためにこうなってしまったそうです。

 

ルールを正しく理解して楽しくゴルフをプレーして下さい。